初夢で見る一富士二鷹三茄子について意味や由来を解説!一富士二鷹三茄子の続きも紹介!

一富士、二鷹、三茄子の意味
一富士、二鷹、三茄子の意味
正月

正月に見る初夢とは?

初夢とは

初夢とは

初夢の意味には諸説あるようですが、一般的には1日か2日に初めて見る夢を初夢と呼ぶ事が多いです。

ただ、1日の夜は大晦日を寝ずに過ごすご家庭が多く、そもそも夢を見ることが少ないので、初夢は2日に見るという説もあります。

初夢と言うのは、新しい年を迎えてから初めて見る夢なので、1日はまだ年を迎えていないとカウントされることもあるんですね。

とはいえ、年が明けてから初めての夢であれば、1日の夜でも2日の夜でも同じように初夢と言われることもあります。

初夢には縁起の良い夢もありますが、昔から伝わる風習でもあり、初夢によって一年の運勢を占うなど、こちらも古くから伝わっています。

一富士二鷹三茄子の意味とは

一富士、二鷹、三茄子の意味

一富士、二鷹、三茄子の意味

初夢で縁起の良い夢の代表格に「一富士、二鷹、三茄子」がありますよね?

一見無節操な夢にも見えますが、何故こちらの三つを夢に見ると縁起が良いのでしょうか?

これにも諸説ありますが、一般的に「富士は無事を表す」「鷹は高く飛ぶ」「茄子は仕事などを成す」という意味があり、だからこそ縁起が良いとされています。

諸説の中には、徳川家康が好きだったものを並べただけという説もありますが、基本的にこれらの三つは語呂合わせによって縁起が良いとされています。

江戸時代の人は語呂合わせが好きだったようですから、その名残が初夢にもあるのかも知れないですね。

一富士、二鷹、三茄子の続きにあるもの

一富士、二鷹、三茄子の続き

一富士、二鷹、三茄子の続き

「一富士、二鷹、三茄子」には、実は続きがあるってご存知でしたか?

意外と知られていないのですが、三茄子の次には同じく数字が並び「四扇五煙草六座頭」というのがあるんです。

●四の扇の意味→形が末広がりで縁起が良い

●五の煙草の意味→祭りに欠かせなく、煙が上に上ることから運気も上がると言われる

●六の座頭の意味→坊主頭の法師を指し「毛が無い」が「怪我無い」に転じた

などの意味があります。

どちらにしても、語呂合わせに近い、一種の風習でもあり江戸自体の人の粋な遊びの意味もあるかもしれませんね。

初夢には無意識が関わっていた?

初夢には無意識が関わっていた

初夢には無意識が関わっていた

無意識(集合的無意識)の意味は、どんな人もが持っている無意識に感じる層を指します。

夢を見る時には、潜在意識で感じたことが、集合的無意識を通ることで夢にと変換されるんですね。

リアルな夢を見る人もいれば、ストーリーがはちゃめちゃな夢を見る人もいます。

何故夢を見るかと言えば、日中に活動して得た情報を脳が整理しているからなんです。

自分が気づかない無意識下で見る夢は、脳の活動が盛んな証拠でもあり、だからこそ夢が「無意識からのメッセージ」なんて呼ばれることもあります。

悪夢ははっきりと覚えているのに、良い夢はすぐに忘れてしまうのは、無意識下で強烈な体験をしているかどうかでもあるんですね。

私が知っている作家さんは、夢を「神のお告げ」とも言っています。

無意識下で何を感じているかを知りたい場合は、忘れないうちにメモを取ると良いですね。

初夢からメッセージを受け取ろう

初夢からメッセージを受け取ろう

初夢からメッセージを受け取ろう

人間はイメージがはっきりしている時に感じる意識と、自分の自覚のない無意識の両方を持っています。

無意識の世界ではっきりとしたイメージを覚えることが出来れば、それを日常生活に活かすことも可能です。

数多くの天才と呼ばれる人物達も、実は夢を実現していた可能性もあります。

また、無意識下で感じている恐怖などを知ることによって、心に眠る病を見つけ出すことも出来るようになるかも知れません。

初夢を見たと言うことは、無意識からのメッセージでもあり、今年をどう過ごせば良いのかの指標にもなります。

初夢がもし悪夢だとしても、プラスに捉えることが出来れば「今年はここを直そう」と思えますし、良い夢なら何とか実現しようと努力することが必要です。

夢は夢で現実ではないかもしれませんが、脳からの無意識のメッセージをぜひ受け取ってみて下さい。

明晰夢を見るための5つの方法 思い通りの夢で人生を楽しむ!

2018.05.08

【夢占い】歯が抜ける夢の意味とは?抜け方で異なる夢の意味や金運との関係を解説!

2018.03.17