>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「無縁仏」とは?無縁仏に手を合わせてはいけない?

「無縁仏」とは?無縁仏に手を合わせてはいけない?

あなたは亡くなった後は残されるご家族に供養してもらうことを思い描いているでしょう。しかし、世の中には誰にも供養してもらえない無縁仏もおり、最近の少子高齢化で無縁仏になるリスクも高まっています。今回は無縁仏について知り、無縁仏になるリスクを避ける方法について見ていきましょう。

    無縁仏はお墓が撤去された場合も

    加えて、ほかにもお墓のある墓地や霊園の管理者に払うべき管理料を滞納し続けた結果、お墓が撤去されて中に眠っている方のご遺骨を無縁仏とする場合もあります。このような場合は、墓地や霊園の中に建てられている無縁仏の供養塔に改葬するため、無縁仏とされた方は引き続き管理者側で供養してもらうことが可能です。

    その意味では、供養してくれる方が誰もいないという状況よりははるかにましといえるでしょう。ただし、一度無縁仏供養塔に納骨された方のご遺骨は、仮に後で縁者が申し出てももう取り出すことはできません。無縁仏供養塔には他にも無縁仏とされた方のご遺骨が一緒に混ざっている形で納骨されているため、誰のものであるのかを特定しての取り出しは非常に困難であるからです。

    無縁仏と永代供養の違い

    近年増えてきた永代供養墓は有効な無縁仏対策といえる

    近年増えてきた永代供養墓は有効な無縁仏対策といえる

    最近では永代供養と呼ばれる供養の形をとるという方も増えてきています。永代供養とは、故人のご遺骨を納めるために新規でお墓を建てるのではなく、墓地や霊園などで用意した共同のお墓に納骨して、管理者側にご遺骨の管理や供養を一切やってもらうというものです。

    お墓を1つ建てるだけでも莫大な資金(200万円から300万円ほど)が必要であるうえ、建てた後は管理費を払ったり定期的な供養が必要だったりと手間がかかります。その点では、永代供養はお墓を建てたり供養したりする際の心身面や金銭面の負担を大幅に減らすことができる方法です。

    また、無縁仏の場合と異なり、縁者の方が好きなタイミングや都合の良い日時にお墓参りに来ることができるのもメリットの1つといえるでしょう。仮に故人の縁者が誰もいなくなっても、墓地や霊園の管理者の方で引き続き半永久的に供養や管理をしてもらえるので、この世をずっとさまよう救われない霊の状態にならずに済みます。

    無縁仏の供養の仕方

    無縁仏にはどうお参りすれば良いのか?

    無縁仏にはどう供養すれば良いのか?

    それでは具体的な無縁仏の供養の方法について見ていきましょう。

    最も手っ取り早い方法は、お墓参りに出かけた際に無縁仏とされているお墓にお花やお線香をお供えして手を合わせるという方法です。もし、急場でお供えするものを持ち合わせていない場合は手を合わせるだけでも供養することになります。ただし、後で見るように墓地や霊園によってはお供えできない場合もあるので注意しましょう。

    また、先ほども見たような永代供養に近い方法ではありますが、無縁仏のお墓がある墓地や霊園の管理者を経由してお寺の住職の方に供養をお願いするというやり方も1つのやり方です。この場合は、住職の方への感謝の気持ちであるお布施を用意しましょう。

    無縁仏に手を合わせてはいけない?

    無縁仏には手は合わせてはいけないのか?

    無縁仏には手は合わせてはいけないのか?

    無縁仏を供養してあげようというあなた、その優しい気持ちは本当に素晴らしいものです。しかし、一方で「無縁仏にお参りをしたり手を合わせたりすると、ろくなことがない」という噂もあります。

    はたしてこの噂は本当なのでしょうか?

    無縁仏のお参り方法

    無縁仏は普通に供養すれば大丈夫

    無縁仏は普通に供養すれば大丈夫

    まず、ここでは無縁仏をお参りするための一般的な方法をご紹介しておきます。

    一番無難なのは無縁仏のお墓の前で手を合わせるというものです。そのまま手のひらを合わせるだけという形でも構いませんが、もしできれば数珠を持参すると良いでしょう。あとはもちろんのことですが、無縁仏となっている方の冥福や安らかな眠りを心の底から祈る気持ちも大切です。

    無縁仏のお墓といえば、誰も供養する方がいないためにお墓がひどく荒れ放題になっていることも非常に多く見られます。そのさまを見て忍びないという方の中には、ぜひとも無縁仏のお墓をきれいに掃除したり、お花やお線香をお供えしたいという方もいるでしょう。その気持ちは素晴らしいですが、墓地や霊園によっては無断で無縁仏のお墓を掃除したりお供えをしたりすることに難色を示すこともありますので、事前の確認は欠かせないでしょう。

    無縁仏にお参りしてはいけないは噂

    はたして無縁仏の噂は本当なのか?

    はたして無縁仏の噂は本当なのか?

    無縁仏についてはお参りをしてはいけないという噂もあります。具体的には、「無縁仏は供養してくれる人が誰もいなくて寂しい気持ちになっているから、熱心にお参りに来る人を逃がさないようにあの世に一緒に連れて行く」というものです。たしかに、無縁仏のお墓がひどく荒れているさまを見るとそのような噂が立つのも無理からぬように見えます。

    しかし、無縁仏の側からすれば、誰もが供養しに来ない中で熱心に供養してくれる方には感謝の気持ちを持つものです。そのため、供養してくれている方を無縁仏の側が呪ったり道連れにしたりするということはありません。

    だからこそ、「無縁仏にお参りして手を合わせるのは縁起でもないこと」というのは、無縁仏に対する恐怖心が生み出した根も葉もない噂に過ぎないといえるでしょう。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事