>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「無縁仏」とは?無縁仏に手を合わせてはいけない?

「無縁仏」とは?無縁仏に手を合わせてはいけない?

あなたは亡くなった後は残されるご家族に供養してもらうことを思い描いているでしょう。しかし、世の中には誰にも供養してもらえない無縁仏もおり、最近の少子高齢化で無縁仏になるリスクも高まっています。今回は無縁仏について知り、無縁仏になるリスクを避ける方法について見ていきましょう。

    無縁仏になるのを避けるために

    終活を通じてお墓対策をしておくのも無縁仏対策の1つ

    終活を通じてお墓対策をしておくのも無縁仏対策の1つ

    とはいえ、一番の理想としては無縁仏にならないように対策を打っておくことといえます。それでは、無縁仏になるのを避けるにはどのような対策法が考えられるのでしょうか?

    最近では年配の方を中心に終活が流行っていますが、終活とは亡くなった場合に備えて事前にお墓や葬儀、遺産相続などの準備をしておくことを指します。その中で無縁仏対策となりそうなものとしては、早い段階で永代供養の申し込みをしておくことや先祖代々のお墓の墓じまいをやっておくことが挙げられます。どちらも、亡くなった後にお墓の面倒を見てくれる人がいない場合に有効な方法で、お墓の管理についても心配することはありません。

    また、お墓が必要ないという場合はご遺骨を散骨してもらうという方法もあります。縁者ではなくとも信頼の置ける人や葬儀社に依頼しておけばやってもらうことも可能です。散骨の場合はお墓を建てることなく自然の中にご遺骨を撒くというやり方のため、無縁仏になる心配すらありません。

    ただし、どちらも伝統的なお墓を建てて子孫の人に守ってもらうという方法とはかけ離れたやり方であるため、いくら無縁仏になるのを避けるためとはいっても、事前にご家族などの理解を得ておく必要があります。

    まとめ

    無縁仏対策はきちんとしておくに越したことはない

    無縁仏対策はきちんとしておくに越したことはない

    ここまで、無縁仏とはどのような存在であり、無縁仏のお参りや無縁仏になるのを避けるための方法についていろいろと見てきました。

    無縁仏とは、死後に誰にも供養されなくなった人のことで仏様に救われることも、また生まれ変わり先が決まることさえもないためこの世をさまよっている存在とされています。そのため、怨念を持ちがちで不用意な関わり方をするとたたられる場合もあり注意が必要です。

    縁者がいない場合以外でも、例えばお墓の管理がきちんとなされていない場合などによっても無縁仏扱いされることもあります。だからこそ、無縁仏になるのを避けるためにも事前に永代供養や散骨などを検討して備えると良いでしょう。

    もし、無縁仏のお墓を見かけたら、手を合わせるなどして供養してあげてください。決して噂にあるように無縁仏にたたられることはありませんし、むしろ無縁仏側からも非常に感謝されます。

    無縁仏は他人事ではないかも

    とはいえ、現代の日本では無縁仏になるリスクも決して低くはありません。最初に触れたように、現代では少子高齢化が進み若い方の人口はどんどん少なくなってきています。そのため、将来的にお墓を守ってくれるような方がいないということで困っているご家庭も多いです。

    お墓を守ってくれる方がいないということは供養してくれる方もいないことを意味するため、その分無縁仏になるリスクは高くなってしまいます。また、供養してくれそうな方がいたとしても、その方がお墓参りに行けずにお墓が荒れ放題になれば、やはり無縁仏になるリスクがあるでしょう。

    このように、普段私たちが考えている以上に無縁仏になってしまうリスクは高いといえます。だからこそ、万が一お墓の供養や管理がされなくなって無縁仏になった時のことを考えて対策を練っておくことが大切です。

    オンラインサロン

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事