生まれ持っての性格を教えてくれる月星座!太陽星座と月星座の違いとは

生まれ持っている月星座と太陽星座の違いとは
生まれ持っている月星座と太陽星座の違いとは
スピリチュアル
月星座と太陽星座とは

月星座と太陽星座とは

生まれ持った星座は、誰もがみな持っていることでしょう。太陽星座と月星座があるのをご存知ですか?

この二つの占いを一緒に行うことで、深層心理の奥深くにある自分のことを知ることができる星座です。

この二つの関係性とはどのようなものなのか、紐解いていきましょう。

月星座とは

月星座って何?

月星座って何?

月星座とは自分が生まれた時点で、月が位置している星座のことを言います。

星座は2,3日で動き、約28日で一周する計算になります。

あなたが生まれたとき月はどこにいたのかで、あなたの月星座が分かります。

月星座は12個の星座で、春分がある4月のおひつじ座から始まり、おうし座、ふたご座と続いていきます。

 

太陽星座とは

太陽星座とは

太陽星座とは

太陽星座とは自分が生まれたときに位置していた、「太陽」がどこにいたのかが鍵になります。よく星占いで使われる星座が太陽星座です。おひつじ座やおうし座など12個の星座が存在します。

テレビなどで占いは、今日のラッキーアイテムやこんな行動に気をつけるなど、外交的なことに関することが多いですよね。

このような占いは太陽星座を使っているので、性格など内面を重視していないということがいえますね。

 

月星座と太陽星座の違い

星占いに興味がない方でも太陽星座くらいは知っているという方も多いのでは。では月星座を詳しく知っている方は少ないでしょう。

二つの星座の違いは、「陰と陽」がポイントです。

月星座と太陽星座を「陰と陽」で表現するなら月星座「陰」となり、月星座は生まれ持った内面的な部分を、性格や内面的に秘めている素質や欲求などを表していることがわかる星座です。

反対に太陽星座は「陽」を示す星座となり、思考や行動力、社会の関わり方や日常での生活のなかでの傾向など外に発信する部分を表しています。

月星座と太陽星座の相反するバランスは、内面と外面をお互いを補いあって性格や性質、人格を作り上げていることがいえます。

一心同体の月星座と太陽星座

月星座と太陽星座が必要不可欠なのです。

月星座と太陽星座は「陰と陽」、それは月(陰)があって太陽(陽)がある、内向的(陰)だが行動派(陽)、インドア派(陰)だが好奇心旺盛(陽)など、どちらかがパワーが強すぎると人としてバランスが保てなくなります。

パワーを同等に保つためには、月星座と太陽星座「陰と陽」のバランスを平行にすることで、人生における目的にたどりつけるための力になります。

太陽星座だけでは深い中身までは知ることができないですが、月星座が加わることで太陽星座だけでは見つからない深層心理を読むことができるでしょう。

 

月星座と太陽星座で本当の自分を知ろう

月星座と太陽星座で自分を知る

月星座と太陽星座で自分を知る

 

太陽星座は月ごとに区切られているので分かりやすいですが、月星座は事情が違います。

月星座は2,3日で移動するため、生まれた時間が必要になります。

2,3日の間で生まれたのであればいいのですが、日にちの境界線で生まれた場合、占った内容にズレが生じることがあります。

詳細を調べるには出生時間を知っておくといいでしょう。

太陽星座では納得いかない内容が、太陽星座と月星座の両方を使って占うことでしっくりくることがあります。

月星座を調べられるサイトを使って、本来の自分はどのような人なのか調べてみてください。

まとめ生まれ持っての性格を教えてくれる月星座と太陽星座とは

自分の性格は、自分が思っているのと違うことがよくあります。

客観的に見ることができるのが、月星座、太陽星座のメリットです。

占いは何かに躓いた時、背中を押してくれるものだけでなく、今の自分を知る手段でもあります。

自分の本来の力をみつけるためにぜひ月星座、太陽星座を調べてみてください。

当たりすぎると評判の電話占い