魂の再生と原点回帰に繋がる祈りの旅!熊野信仰とは?

熊野信仰の中心となる熊野大社
熊野信仰の中心となる熊野大社
パワースポット

熊野は黄泉の国へ入る道?

2004年に世界遺産に登録された和歌山県の熊野は、その自然の豊かさから古くから神道や仏教における修行の地として活用されてきた歴史があります。また、熊野三社(熊野本宮大社・熊野那智大社・熊野速玉大社)がある土地としても有名で、今日も多くの人が参詣に訪れる場所です。

これほどまでに長い歴史を持ち、多くの人々がお参りに訪れる熊野ですが、なぜこれほど人々の信仰心をかきたててる土地となっているのでしょうか。それを知るカギとなるのが熊野の神様や仏様への信仰である「熊野信仰」です。今回は、熊野信仰について詳しく見ていきましょう。

熊野信仰とは

古くから修行の地とされてきた熊野の地

古くから修行の地とされてきた熊野の地

最初に熊野信仰がどのようなものであるのかについて見ていきましょう。熊野信仰とは、熊野三社に祀られている神仏などへの信仰のことです。仏教と神道とが融合した形をとっており、その中で熊野三社に祀られていた神様も仏様と同じ性質を持つという考え方によって信仰が形成されました。

古くから熊野は自然が豊かで人里から離れていることや古くから神社があったことから、多くの人々が修行の場所として活用しました。加えて、平安時代に起こった浄土信仰で熊野が極楽浄土と考えられるようになったことから、多くの人々が熊野にお参りするようになります。

その中で熊野への参詣で、自分自身が死後に黄泉の国(極楽浄土)に生まれ変わることができるという信仰が生まれ、それが元からあった熊野の神々への信仰と合わさって、今日の熊野信仰という形になりました。そして、熊野は極楽浄土へとつながる入口として魂の再生と、それを通じた原点回帰のための場所とみなされてきました。

だからこそ、現在でも熊野へのお参りを通じて日常生活の中で魂を整え、新たに一歩踏み出すための場として活用されています。

先達マップにある沖縄

先達マップにはなぜか熊野よりはるかに離れた沖縄が

先達マップにはなぜか熊野よりはるかに離れた沖縄が

現在でも参詣する方が多い熊野ですが、その際に配られる先達マップには熊野からはるか南にある沖縄が載っています。なぜ、熊野とあまり関係なさそうな沖縄が載っているのでしょうか?

その理由として、沖縄でも熊野信仰が非常に盛んというものがあるためです。そして、その背景には16世紀に活躍した日秀という僧侶の故事が大きく関係しています。彼は若い頃、高野山で修行していましたが、ある日のこと修行の総仕上げとして舟に乗って風任せに沖合に出る形の修行を行うべく那智から漕ぎ出ました。実はこの修行は舟の難破で溺死することで極楽浄土に生まれ変わるという目的がありました。

さて、彼の乗った舟はあっさり難破しますが、溺死することはなくはるか南の琉球(沖縄)に漂着します。そして、そこに観音寺を建てて熊野信仰を広めたというのが先達マップに沖縄が載っている事情です。

熊野で行う先祖供養

先祖供養が盛んな熊野

先祖供養が盛んな熊野

熊野は先祖供養も盛んに行う場所で有名です。古くから極楽浄土への入口とされている熊野であるからこそ、そこにお参りしてご先祖様のために供養を行うことで、ご先祖様の成仏や極楽浄土での生まれ変わりを願うという目的があります。

同時に先祖供養は参詣した側が幸せになるためという目的もあります。供養を通じて自分自身を見つめ直し、幸せになるために新たな一歩を踏み出すという意味です。

魂の再生につながる熊野信仰

日常生活に疲れていたらぜひとも熊野に

日常生活に疲れていたらぜひとも熊野に

熊野信仰について見てきました。熊野は黄泉の国につながる場とされてきたことから、多くの人々が浄土での生まれ変わりや、自身の魂の再生と原点回帰を願って参詣してきた長い歴史を持っています。現在でもツアーが組まれており、自らの魂の救いと再生のために参加する人が多いです。

何かと疲れやすい現代だからこそ、参詣を通じて自身の日常を振り返り新たな一歩を踏み出すために熊野に行ってみてはどうでしょうか。

当たりすぎると評判の電話占い