>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

サイコメトリーとは?残留思念を読み解く能力とその訓練法について解説!

サイコメトリーとは?残留思念を読み解く能力とその訓練法について解説!

世の中にある超能力の中で意外と知られていないのが、サイコメトリーです。写真や故人の遺品からでも使っていた人の思いを読み取ることのできるサイコメトリーですが、実は私たちでも訓練によって使いこなすことができます。サイコメトリーそのものについて詳しい解説と訓練方法をご紹介します!

    サイコメトリーとは?残留思念を読み解く能力とその訓練法について解説!

    サイコメトリー

    超能力の1つであるサイコメトリー

    科学万能とされる現代の世の中ですが、そういう社会にあってもこの世界には不思議な現象や能力というものが存在します。特に能力に関しては、一般の私たちにはとても使うことのできない能力(いわゆる超能力)も実際に見られ、時にメディアなどで話題になることも少なくありません。

    超能力の代表的な存在としては、テレパシーやヒーリング、透視(クレアボヤンス)、念写などが挙げられます。これらはいずれも超能力の中でも知名度の高い種類といえるものですが、当然ながらあまり知られていないものがあります。

    そのうちの1つがサイコメトリーと呼ばれる能力です。皆さんの中にも聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は、サイコメトリーについて見ていきましょう。

    サイコメトリーとは

    はたしてサイコメトリーとは…?

    いきなり、「サイコメトリー」といわれても、字面だけを見ると「サイコパスみたいなものなのか」とさえ思ってしまう方もいるでしょう。まずは、サイコメトリーについて知り、理解するところから始めましょう。

    サイコメトリーは残留思念を読み解く能力

    サイコメトリーとは、その場に置かれていたり残されていたりするものから、それらのものの持ち主や使用者の思い(残留思念)を読み取って理解することのできる能力を指します。

    たとえば、勤め先の会社に先日退社した方が置いていったノートパソコンがあるとしましょう。そこで、サイコメトリーを使うことのできる人(サイコメトラー)がそのパソコンに触れると、かつてそのパソコンを使って仕事をしていた方がどういう思いで仕事をしていたのかなどを読み取ることができるというものです。

    より分かりやすく、サイコメトリーに近い例を挙げるのであれば、映画『リング』で主人公たちが山村貞子の死体が眠っている井戸に手を掛けた途端、貞子が殺される瞬間の描写を読み取るシーンがありましたが、それに近いものというイメージを持っていただければご理解いただけるでしょう。

    残留思念とは

    残留思念

    ものに宿る残留思念

    先ほどから出てくる「残留思念」という言葉について、もう少し詳しく見ていきましょう。

    残留思念というのは、ある人の何らかの強い思い(願望や恨みなど)が記憶という形でその場に残っているもののことです。例えば、ある時計を長い間ずっと大切に使い続けていた人の思いが、その人に使われなくなった後もなお宿り続けているものを指します。

    残留思念は、特に川や湖、海辺など液体が溜まっているところほど残りやすいといわれており、ある人が水辺で強い思いを抱いた場合にはなおさら残りやすい傾向にあります。このため、サイコメトリーの能力を持った人が水辺に残っていたものに触れると、そのものに残された人の思いを読み取りやすくなりがちです。

    また、いわくつきとされる物品がオークションなどに出されるなどした際、その購入者が持ち帰った後になんらかの不幸にあったというケースが聞かれることがあります。具体的には、購入後に不慮の事故に遭ったり、うめき声を聞いたりしたといったケースですが、そこにかつての持ち主の深い悲しみや怒りが残留思念という形で残っており、購入者の肉体に何らかの影響を残したと考えられるものです。

    全く感じない人もいる

    わからない人もいる

    わからない人もいる

    残留思念については、わからないという人も中にはいます。むしろ、サイコメトリーは多くの人にとっては関係のない能力とか使うことのできない能力とみなされている以上、残留思念の存在すらわからないというのは仕方のないことといえるでしょう。

    近い例で言えば、心霊スポットに出かけた際に感じる霊感が挙げられます。霊感とは文字通り「その場にいる霊の存在感」というものですが、霊感の強さは人によりけりです。霊感が強い場合はその場にいる例の存在を感じることができますが、全く霊感のない人には感じられません。

    同じように、そこに残されているものに宿った残留思念を感じ取れるかどうかは、サイコメトリーの能力の強さ次第といえるでしょう。

    似た境遇の人が影響を受けやすい

    残留思念を残した人と似たような境遇にある人は何らかの影響を受けることも

    その場に居合わせた人が残留思念を残した人と境遇の面で似通っている場合、影響を受けやすいといわれています。これは、その場に残っている残留思念と、同じような境遇を持った人の気持ちが共鳴しやすい性質を持っているためです。

    たとえ、今までに霊体験の全くない人でも、初めて心霊スポットなどに行った際にそこに残っている残留思念を感じることによって、何らかの体験(体に不調を覚えるなど)をすることがあります。また、たとえ残留思念を残した人とは程遠い境遇にあるとしても、あまりそういう場に近づくことはお勧めできません。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事