>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ツインフレームの特徴とその恋愛、出会いと別れについて解説!ツインレイとの違いは?

ツインフレームの特徴とその恋愛、出会いと別れについて解説!ツインレイとの違いは?

スピリチュアルでよく登場するツインフレーム。ツインレイと混同されることも多いツインフレームですが、明確な違いがあります。ここでは、ツインフレームについて、その特徴や出会い方、更には恋愛や別れも交えてご説明して参ります。ツインレイとの違いもあわせてご紹介してい参りますので、参考にしてみてくださいね。

    ツインフレームとは

    ツインフレームとは?

    ツインフレームとは?

    ツインフレームとは、同じ一つの魂から生まれた人たちのことです。『人たち』というのは、ツインフレームと呼ばれる人は、1人ではないからです。ツインフレームは少なくとも3人、多い時は7人存在すると言われています。この3~7人を一つのグループとし、何度も生まれ変わる中で、同じグループに属するツインフレームの関わりは、入れ代わり立ち代わり変わっていきます。

    1回の生で同じグループに属するツインフレームとの関わりは、自分を含めて3~4人です。3~4人はその生が終わるまで、ずっと一緒にいます。時には離れる場合もありますが、それは物質的な距離であって、常に連絡を取り合ったり、ふとした時に思い出すことが多かったりし、魂としての繋がりは、その生が終わるまで続きます。

    ソウルメイトには7段階ありますが、ツインフレームはその6段階目になります。ソウルメイトの中では、大変近い存在となります。ソウルメイトの中で、魂のレベルで大変近い存在になると、大きな試練が伴います。ですが、ツインフレームは一種のグループになる為、その試練も一緒に乗り越えていくことになり、大変な存在になることはありません。むしろ、一緒にいて居心地が良い、と感じる存在になります。

    ツインフレームとツインレイの違い

    ツインフレームとツインレイの違い

    ツインフレームとツインレイの違い

    ツインフレームは、同じ一つの魂から生まれた人たちのことで、言い換えるなら、同じグループに属する人たちということになります。一つの魂が複数に分かれた存在ですから、ツインフレームと呼ばれる人は複数存在します。その人数は先ほどもご説明したように、少なくとも3人、多い時では7人存在しています。そのグループで、試練も一緒に乗り越えていくことになる為、絆は大変強い存在ですが、仲間意識が強くて、楽しい存在になります。

    このツインフレームと良く混同されるのが、ツインレイです。ツインレイは一つの魂が2つに、それも男女に分かれた存在です。ツインレイが存在すると、その二人の地球での役目は最後、ということになります。ツインレイは地球で使命を果たす中での究極の存在であり、地球で『愛』というものを学ぶ上での最終形態なのです。ソウルメイトの中では一番魂レベルで近い存在となる為、試練もたくさんあり、それを乗り越えていくには、大変骨が折れるでしょう。

    ツインフレームが持つ特徴

    ツインフレームが持つ特徴

    ツインフレームが持つ特徴

    ツインフレームが持つ特徴は、いくつか挙げることができます。あなたのそばにも必ずツインフレームは存在します。これからツインフレームが持ついくつかの特徴についてご説明して参ります。あてはまるものがないか、チェックしてみてください。

    1. 気楽に付き合える
      ツインフレームは、あなたにとって空気のような存在です。気兼ねすることもなく、遠慮することもありません。一緒にいて「なんだかとっても楽」と思えるような存在です。肩の荷が下りて、ありのままの自分でいられる人が、あなたにとってのツインフレームです。
    2. 似たような使命を持っている
      ツインフレームは、あなたと似たような使命を持っています。その使命とは、大きなくくりで『地球の為に何かをする人』です。自然保護活動に参加している人や、地球の環境破壊に対して何らかの行動を起こしている人もいるでしょう。また、カウンセラーやセラピストも、『地球の為に何かをする人』に含まれます。人が発しているエネルギーは地球に良くも悪くも大きな影響を及ぼしているからです。人を癒すことで、結果的に地球に良い影響を及ぼしていることになります。
    3. 教師と生徒の関係
      ツインフレームは、片方が教師で、片方が生徒の関係になります。これは一方が多くの経験を積み、導く役目を担っているからです。ただし、人を導く為には、導き方を学ぶ必要があります。その役目を担っているのが、生徒役のツインフレームです。生徒役のツインフレームは教師役のツインフレームが、多くの人たちを導くことができるよう、練習台の役目を担っています。また、教師役の人の練習台になることで、いずれ自分にも回ってくる教師役としての勉強も同時に行なっているのです。
    4. バランスを取り合っている
      ツインフレームは、お互いのバランスを取り合う存在です。例えば、一方が何かに大変腹を立て、怒り狂っている場合、もう一方がその怒りを鎮め、癒してあげる存在になります。このような立場はその時々で入れ替わり、この繰り返しで精神面でのバランスを保つことを学んでいます。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    人気の記事

    記事はありません。