>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ファティマの予言とは?ファティマの第3・第4の予言と日本との関係について解説!

ファティマの予言とは?ファティマの第3・第4の予言と日本との関係について解説!

今からおよそ100年前、ポルトガルのある村の子供たちの前に聖母マリアが現れ、3つの予言を残して行きました。「ファティマの予言」と呼ばれるこれらの予言は、3つのうち2つまでが的中しています。はたしてファティマの予言とはどのような内容なのでしょうか?公開されていない第3の予言の謎とともに見ていきましょう。

    ファティマの予言とは?

    奇跡や予言とは宗教的な神話の中だけで見られることにすぎないと考える方は非常に多いです。そのため、現実に奇跡や予言というものは存在しないと考えている方もまた多いのではないでしょうか?しかし、あながち奇跡や予言は存在しないとは言い切れない出来事が20世紀に起こっています。

    今からおよそ100年前の1917年5月13日、ポルトガルのある小さな村に聖母マリアが現れて、村の3人の子供にお告げ(予言)を託したうえで決められた時期に公開するように言い残しました。この予言は「ファティマの予言」と呼ばれ、全部で3つの予言が残されたといわれています。聖母マリアは合計で6回出現しましたが、回数を重ねるにつれて非常に多くの人々がさまざまな奇跡を目の当たりにしたことから、ローマ教皇庁も公認したものです。

    聖母マリアが20世紀に出現したことも奇跡といえるものでしたが、予言の内容は今後起こる災厄にまつわるものであったうえ、3つのうち今までに公開された2つが現実のものになったことで注目の的になりました。そして、3つ目の予言については私たち日本人にとっても、決して他人ごとではない内容となっています。

    しかし、第3の予言については聖母マリアが指定した時期になっても公開がされず現在に至っていることから、予言が当たっていることと合わせて多くの人々の好奇心を引き立てています。そこで今回は、私たち日本人とも決して無関係とはいえないファティマの予言について見ていきましょう。

     

    ▼ファティマの聖母の予言の概要は以下の通り

    1. 第一次世界大戦の終焉

    2. 第二次世界大戦の勃発とその終焉

    3. (非公開)

    ファティマの第一の予言

    ファティマの第1の予言では第一次大戦の終結のことが言われていた

    ファティマの第1の予言では第一次大戦の終結のことが言われていた

    ファティマの予言は全部で3つのものの存在が確認されています。そのうち第一の予言は、第一次世界大戦の終結(1914~18)にまつわる内容でした。ファティマの予言がもたらされた1917年も大戦の戦時下でしたが、ファティマの第一の予言は「来年の終わりまでには平和が回復される」という旨の内容でした。

    実際に第一次世界大戦は、翌1918年11月11日に休戦協定が成立したことで終結し、このことから第一の予言が現実になったことを示していました。

    ポイント

    ファティマの第二の予言

    広島の原爆のこともファティマの予言でいわれていた

    広島の原爆のこともファティマの予言でいわれていた

    ファティマの第二の予言もまた、第一の予言と同じく世界大戦にまつわるものでしたが、同時に第一の予言以上に恐ろしい内容でした。つまり、ローマ教皇ピオ(ピウス)11世の時代に再び世界大戦が勃発し、多くの人が戦火の中で不幸な目に遭い地獄に落ちるというものです。

    第二次世界大戦が勃発したのは1939年9月1日、ナチスドイツによるポーランド侵攻によってのことですが、その当時のローマ教皇がピウス11世でした。しかも予言の中には、世界大戦の前に「ヨーロッパに不気味な光が見える」というものも含まれており、この点も前年の1月下旬にヨーロッパ中でオーロラ現象が見られたことで現実のものとなっています。

    さらに第二の予言の中には核兵器について触れたものもあり、こちらも1945年8月の広島と長崎への原子爆弾の投下という形で成就したと解釈されるものです。

    編集部

    編集部

    日本の日月神事でも似たような予言が確認されていますね。

    ファティマの第三の予言

    第3の予言はあまりにも衝撃的な内容であったため未公開の状態が続いた

    第三の予言はあまりにも衝撃的な内容であったため未公開の状態に

    ファティマの予言にまつわる話の中で最も話題になるのが、第三の予言についてです。実はファティマに出現した聖母マリアは1960年になったら第三の予言も公開するように言い残したうえ、前2つの予言が的中したこともあって多くの人々が公開を望みました。しかし、どういうわけかローマ教皇庁はすぐに予言の内容を公開しませんでした

    その理由として、予言の原文を預かる側だったローマ教皇が解読したところ、その内容が非常に衝撃的(中には卒倒した教皇もいる)で混乱を避けるために公開を避けたというものがあります。それほどのリアクションが伝えられたことから、第三の予言の内容は第三次世界大戦による人類滅亡なのではないかと考える人も少なくありません。

    それを裏付けるものとして、ファティマで聖母マリアに会ったという子供の1人ルシアさんが生前に残した証言があります。その内容は、「闇の勢力によって戦争が起こるが、人間と宇宙の力により悪は滅ぼされる」というものです。

    第三の予言については公開を求める声が大きくなったためについに2000年に公開されましたが、その内容は「兵士たちによって大勢のカトリック聖職者が殺される」というものでした。加えて、1981年の教皇ヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件を予言したものという解釈がなされたものの、あまりにも事件の内容と予言が異なっていたことから、抗議の声が殺到して再び封印されるに至りました。

    ファティマ第三の予言は「神=宇宙人」説!?

    ファティマの予言,神,宇宙人

    神=宇宙人!?

    上記でも少し触れましたが、ファティマ第三の予言について、根強く支持されているのが「神=宇宙人」説です。

    実際、聖母マリアは1917年の5月から10月にかけて、7度出現していますが、最後に人々の前に現れた際、10万人の人々の眼前で、光り輝く物体を出現させたという奇蹟を起こしています。

    この物体は「光り輝く白銀色の物体が飛んでいた」という人々の証言により、UFO説が濃厚とされています。

    そのため、聖母マリアも宇宙人だった、と考えられています。この説に従えば、そもそも聖母マリアが語ったのは、予言ではなく、宇宙人が創った人類有史の秘密に関することだというのです。

    神の似姿としての人類、というのが聖書で示されるヴィジョンですが、もし神が宇宙人だとすれば、キリスト教の教えは根底から覆されてしまいます。ローマ教皇が卒倒するのも無理からぬことです。

    ポイント

    ファティマの第三の予言は嘘?

    はたして第三の予言は嘘なのか?

    はたして第三の予言は嘘なのか?

    以上の経緯から、ファティマの第三の予言は嘘なのではないかという憶測もされています。実際のところファティマの第三の予言の公開をめぐって、1981年にアイルランド航空のハイジャック事件も発生しており、その際の犯行動機が第三の予言の開示を求めるものだったほどです。そこで、第三の予言の公開をめぐって対応を迫られた教皇庁側が、これ以上の混乱を避けるためにあえて大したことのない内容として公開したとも考えられています。

    中には、ファティマの第三の予言は存在すらしていないのではと考える人々もいますが、いずれにしても現在もなお正確な情報が公開されていない以上、何ともいえないのが現状です。

    ファティマ第三の予言は存在しないという説の根拠は?

    ファティマの予言,本当,嘘

    ファティマの予言は本当なのか?

    ここで「ファティマ第三の予言 」は、そもそも存在しないという説の根拠が気になります。「ファティマ第三の予言 」の存在否定派は、聖書「ヨハネへの啓示」の

    「わたしは(略)3つの汚れた霊感の表現が龍の口から、野獣の口から偽預言者の口から出るのを見た

    という一節を援用し、この「偽預言者」こそが、1917年の聖母マリアであると断じています。

    したがって、ファティマの予言は偽預言者の予言なのだから、その存在を認めることは出来ない、という訳です

    宗教の解釈にかかわることだけに、これをたんに教条主義者の言い掛りとして捨て置く訳にもいかず、厄介な問題となっています。

    ポイント

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事