1ページ 2ページ

カタカムナとは?古代文明が遺した謎の多い文献について解説

カタカムナとは?
カタカムナとは?
カタカムナ

カタカムナとは? 謎の多い古代の文献

カタカムナとは? 謎の多い古代の文献

カタカムナとは? 謎の多い古代の文献

みなさんはカタカムナという存在を知っているでしょうか?  カタカムナとは今から約1万2千年以上前、つまり縄文時代よりも前の時代に、日本で栄えていた文明の名前です。

カタカムナ文明は、現代科学とも通ずるような考えを生み出した、高度な文明であったとされていますが、その全容についてはいまだ謎に満ちています。

そこでここでは、謎に覆われたカタカムナ文明とカタカムナ文字について詳しくご紹介していきます。

カタカムナはカタカムナ文字で記されている


カタカムナ文明を証明する一冊の古文書には、不可思議な形をした古代文字が記されています。

カタカムナ文字は直線と曲線そして点で構成された文字で、記号のように独特な形をしています。

古文書には、そのような幾何学的な模様をしたカタカムナ文字がらせん状に配置されて記されています。

カタカムナ文字

カタカムナ文字

しかし、このカタカムナ文字は長期間にわたって謎のままでした。

この不思議な幾何学模様が文字であると気づき、解読しようと試みた人は存在したかもしれませんが、解読まで至った人はなかなか現れなかったのです。

はるか古代に失われた文明を記したこの古い巻物は、兵庫県の保久良神社というところで代々保管されて続けていました。

しかし、それが発見され注目をあびるようになったのは、楢崎皐月という人物に見つけられたことがきっかけです。

ポイント

  • カタカムナは縄文以前の日本の古代文明
  • カタカムナ文字を記した巻物は保久良神社に保管されていた
  • 楢崎皐月の発表によってカタカムナは脚光を浴びた

カタカムナは楢崎皐月という人物によって発見された

カタカムナは楢崎皐月という人物によって発見された

カタカムナは楢崎皐月という人物によって発見された

カタカムナは楢崎皐月によって読み解かれました。

彼は、非常に才能がある物理学者かつ、電気技術者であり、生涯をかけてさまざまな研究をおこなってきたと言われています。

楢崎は多種多様な研究を行いましたが、その中でも特別熱心だったのがカタカムナについての研究です。

彼は、カタカムナの古文書を発見したことがきっかけとなり、カタカムナ研究に情熱をささげ続けたのです。

彼は兵庫県にある金鳥山で、研究のために大地の電位測定をしていたそうです。

しかし、そのときに、平十字と名乗る猟師から電位測定をやめてほしいと頼まれました。電位測定は動物が使う水飲み場を、使えなくしてしまっていたからです。

楢崎はすぐに測定をやめたため、平十字は感謝のしるしに先祖代々受け継がれてきた貴重な古文書を見せてくれたそうです。

その古文書には不思議な模様が、非常に神秘的な姿で書かれていました。

楢崎はたちまち、その不思議な幾何学模様に心を奪われてしまいました。そして、その模様を写し書いて研究を始めたのです。

彼は、模様を見た時とっさに、これは八鏡文字なのではないかと予想したのです。

八鏡文字とは、幻の古代文字のことで、東洋思想の礎にもなったと言われているほどの文字なのです。

彼は満州にいた頃に、この八鏡文字の存在を聞いてそれ以来ずっと興味を持ち続けていたのです。

楢崎は、この古文書が未だ明かされていない失われた古代の文明を明らかにする、重要な文献であると考えました。

そして、古事記や日本書紀など古代の文献を手がかかりとして、研究に研究を重ねた楢崎は、古文書の謎の模様は文字であるとつきとめ、古文書の解読に成功しました。

そして、カタカムナ文明という失われた文明が日本に存在していたということを明らかにしたのです。

当たりすぎると評判の電話占い