だいだらぼっちとは?謎の巨人にまつわる伝説5選!

謎の巨人 だいだらぼっち
謎の巨人 だいだらぼっち
妖怪

だいだらぼっち とは

だいだらぼっちとは

だいだらぼっちとは

だいだらぼっちとは、全国各地で伝わっている巨人のことを指しています。

日本には、神様に対する信仰から生まれた伝承や言い伝えが数多くありますが、だいだらぼっちの伝承も、国づくりの神に対する巨人信仰から生まれたと言われています。

巨人と神様は、別の存在のように感じる人も多いかと思いますが、だいだらぼっちは、山や湖を作るという伝承があることから、山の神様に分類されています。

また、秋田県では、干拓工事の際に、だいだらぼっちが現れて、水をかき、泥をすくったて工事を助けてくれたという話もあることから、人間を助けてくれるという話もあります。

ただ、だいだらぼっちが人間を助けてくれるという伝説については、それほど多くありませんので、どちらかというと、自然を創造する神に分類されることが多いようです。

だいだらぼっちという名前の由来には様々な説がありますが、大人(おおひと)を意味する「大太郎」に法師を付け加えて、「大太郎法師(だいだらぼっち)」とされている説が有力となっています。

その他、「だいだらぼう」や「でいらんぼう」など、各地域によって呼び名が違い、呼び名は数十種類あるそうです。

呼び名の多くは、だいだらぼっちに類似するものが多くなりますが、九州では、「大人弥五郎(おおひとやごろう)」とも呼ばれているそうですよ。

ちなみに、だいだらぼっちが登場する有名な文献には、「常陸国風土記」や「播磨国風土記」があります。

各地に残るだいだらぼっちの伝説

だいだらぼっちの伝説とは

だいだらぼっちの伝説とは

だいだらぼっちに由来する伝説は、全国各地に存在しています。

特に、「山を作った」や「山を運んだ」という伝説が多いので、山の神様に数えられているのではないかと思います。

また、だいだらぼっちの足跡に関する伝説も多くあります。

だいだらぼっちは巨人ですので、足跡は非常に大きなものになります。

だいだらぼっちが残した足跡が「湖や沼になった」という伝説もありますので、日本の山や湖・沼がある地域では、だいだらぼっちの伝説を聞く機会が多いかもしれません。

だいだらぼっちが富士山を作った?

富士山を作ったという伝説も

富士山を作ったという伝説も

だいだらぼっちの伝説には、山を作った・運んだというものが多くなりますが、数多くある伝説の中でも有名なのが、富士山にまつわる伝説です。

だいだらぼっちと富士山の伝説には、下記のようなものがあります。

  • 富士山を作るために甲州の土を取って土盛りした
  • 富士山を作るために近江(滋賀県)の土を掘った
  • だいだらぼっち同士の競争で、富士山と榛名富士ができた

この他、富士山と滋賀県の間にある山は、だいだらぼっちが富士山を作るために、近江から掘った土を運ぶ際にこぼれてできたという伝説もあります。

富士山は霊峰としても有名ですが、富士山が霊峰と呼ばれるのも、だいだらぼっちが作ったとされる伝説から影響を受けているのかもしれませんね。

だいだらぼっちと琵琶湖

だいだらぼっちが作ったと言われる琵琶湖

だいだらぼっちが作ったと言われる琵琶湖

だいだらぼっちは、富士山だけでなく、琵琶湖も作ったとされる伝説があります。

だいだらぼっちと琵琶湖の伝説に関しては、だいだらぼっちが富士山を作る伝説と大きく関係しています。

だいだらぼっちと富士山の伝説のひとつに、「富士山を作るために近江(滋賀県)の土を掘った」というものがあります。

琵琶湖は、だいだらぼっちが富士山を作るために掘った「近江の跡地」が大きなくぼみとなり、湖となったと言われているそうです。

また、だいだらぼっちの伝説が縁となり、滋賀県近江八幡市と静岡県富士宮市では、昭和32年から「お水取り」と「お水返し」という2つの行事が行われているそうです。

紹介した行事は、市や県が行っている行事ではなく市民が行っている行事ですが、伝説が縁となって2つの地域が交流を持つというのは、心温まる素敵な話ですよね。

当たりすぎると評判の電話占い