>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

菊理姫(くくりひめ)とは?日本書紀にたった一度だけ記される縁結びの神について解説

菊理姫(くくりひめ)とは?日本書紀にたった一度だけ記される縁結びの神について解説

皆さんは、菊理姫(くくりひめ)という神様をご存知でしょうか。日本の神話ではたった一回しか登場しない女神様であるにもかかわらず、信仰している人は意外と多かったりします。そんな菊理姫について日本書紀を交えながらご紹介します。

    菊理姫(くくりひめ)とは? 日本書紀に一度だけ現れる神

    菊理姫(くくりひめ)とは? 日本書紀に一度だけ現れる神

    菊理姫(くくりひめ・キクリヒメノカミ)とは、「日本書紀」にたった一度だけ登場する日本の神様のことです。

    菊理姫が登場する日本書紀の一文

    菊理姫の名前が唯一登場する日本書紀の一文です。

    【原文】

    及其与妹相闘於泉平坂也、伊奘諾尊曰、始為族悲、及思哀者、是吾之怯矣。

    時泉守道者白云、有言矣。曰、吾与汝已生国矣。奈何更求生乎。吾則当留此国、不可共去。

    是時、菊理媛神亦有白事。伊奘諾尊聞而善之。乃散去矣。

    この一文しか名前が登場しません。

    以下、解釈文です。


    日本の神様で伊弉冉(いざなみ)と伊弉諾(いざなぎ)の二人の神様の夫婦がいました。

    この夫婦は大変仲が良く、伊弉冉は多くの神様を産みました。

    しかし、ある日火の神を産んだことから伊弉冉は黄泉の国へ旅立ってしまいます。

    一人になった伊弉諾は寂しさのあまり、伊弉冉に会いに黄泉の国を訪れます。伊弉諾は黄泉の国の扉越しに、伊弉冉に「どうか戻ってきて欲しい」と懇願します。

    伊弉冉は「それでは何とか戻れないか、相談してみましょう。私が良いというまで覗かないでください」と伝え、黄泉の扉を閉めてしまいます。

    しかし、伊弉諾は伊弉冉との約束を破り、黄泉の扉を開けてしまいます。その扉の向こうには変わり果てた姿の伊弉冉が。

    驚いた伊弉諾は、恐怖のあまりその場から逃げ出します。変わり果てた姿を見られたくなかった伊弉冉は、約束を破った伊弉諾を追いかけます。伊弉諾は命からがら逃げますが、途中の黄泉平坂で追いつかれてしまいます。

    黄泉平坂で激しく口論をする伊弉冉と伊弉諾。そこへ泉守道者(よもつちもりびと・黄泉平坂の番人)が現れ、「伊弉冉が現世に戻ることはできない」と伊弉諾に伝え、口論している二人を取りなします。

    その最中、そこへ今度は菊理姫がやってきて、伊弉諾に何かを伝えます。伊弉諾は菊理姫の言葉を聞くと、急に機嫌が良くなり、泉守道者と菊理姫の二人をたいそう褒め称えて帰っていきました。


    解釈文にもある通り、菊理姫がどんな言葉を伊弉諾に伝えたのか、また、どうして伊弉冉と伊弉諾の言い争いを泉守道者が取りなしている最中に現れたのか、といった詳細については何も触れられておらず、謎の多い神様として知られています。

    菊理姫は白山比咩神と同一視される存在

    菊理媛神は白山比咩神と同一神とされる存在

    菊理姫は、日本三代霊山のと呼ばれる、富士山、立山に並ぶ白山に祀られる白山比咩神(しらやまひめのかみ)と同一神とされています。

    今現在も石川県にそびえる白山の女神様として祀られていますが、どうして白山比咩神と菊理姫が同一視されるようになったのかは定かではありません。

    しかし一説には、平安後期に実在したとされている儒学者の大江匡房(おおえのまさふさ)が、「扶桑明月集」の中で菊理姫と白山比咩神を同一視する記述をしたことが最初だといわれています。

    菊理姫は「秀真伝(ホツマツタヱ)」に登場する

    菊理姫は「秀真伝(ホツマツタヱ)」に登場する

    菊理姫は、神代文字という独特の文字で書かれている秀真伝(ホツマツタヱ)」にも登場するといわれています。

    「秀真伝」の菊理姫は、天照大御神の叔母であり、養育係の役目を担っていたとされています。

    ただし、神代文字は大変難解な暗号文のような文字であり、また「秀真伝」自体が偽書であるとする学者もいることから、この説が信憑性の高いものであるとはいえません。

    菊理姫(くくりひめ)のご利益は?

    菊理姫(くくりひめ)のご利益は?

    菊理姫(くくりひめ)のご利益で最も有名なものは縁結びですが、それ以外にも菊理姫のご利益があります。

    ここからは、菊理姫のご利益についてご紹介します。

    菊理姫は縁結びの神

    菊理姫は縁結びの神

    菊理姫は縁結びの神様として有名です。

    これは、伊弉冉と伊弉諾の仲を修復させたことに由来しています。人間でいうところの、離婚寸前だった夫婦の仲を取り持ったことで、縁結びの神様として信仰されるようになりました。

    また、菊理姫は「ククリ」という読み方から転じて「括り」という意味を持ちます。菊理姫の「括り」には、「魂と魂を括り付ける」という意味があるため、子宝に恵まれたり人脈を広げたりといったことにもご利益があるとされています。

    縁切りの神様でもある菊理姫

    縁切りの神様でもある菊理姫

    菊理姫は縁切りの神様でもあります。

    あまり知られてませんが、別れた方が互いにより良い縁との出会いがあると判断された場合、二人の縁を切ってくれます。

    また、悪縁を絶ち切るご利益もあるので、必ずしも縁切りは悪いことではないと言えます。

    菊理姫は名づけの神様

    菊理媛神は名づけの神様

    菊理姫は名づけの神様としても知られており、そのことがわかる記述が「秀真伝(ホツマツタヱ)」の中にあります。

    また、叔母のシラヤマヒメがコヱネクニで御衣を織って献上する際、御子(アマテル)の泣き声が聞こえた

    その声を聞きとれば「あなうれし」という、それにより諸人が御子の名を請うた

    代表してシラヤマヒメが御子に直接名を問うと「ウヒルキ」と答えたため、御子の幼名はウヒルキという

    ウヒルキの"ウ"は"大い"、"ヒ"は"日輪"、"ル"は"陽の精霊"、"キ"は"熟(キネ)"を指す

    故に"ウヒルキ(太陽霊貴)"の尊であり、"キネ"は男の君を指す

    二尊は御子の幼名を聞き出したシラヤマヒメの功を讃えてキクキリヒメの名を与えた

    この話が元になり、子供の名づけに迷った時には菊理姫が祀られている神社をお参りし、どんな名前にして欲しいかを赤ん坊に直接聞いてもらうという信仰が広まりました。

    菊理姫のその他のご利益

    菊理姫のその他のご利益

    菊理姫には、その他にもまだまだご利益があります。

    その他の菊理姫のご利益

    • 農業の神様・・・五穀豊穣や牛馬安産といったご利益がある。
    • 入試合格の神様・・・縁を結ぶということから、受験する人と学校との縁を結んでくれる。
    • 家内安全・・・災厄の縁を絶ち切り、福の神との縁を結び付けてくれる。
    • 除災・・・災いの縁を絶ち切り、福の神との縁を結び付けてくれる。

    玉置神社に祀られる菊理姫

    玉置神社のも祀られる菊理姫

    菊理姫は、神様に呼ばれないとたどり着けないといわれている奈良県の玉置神社にも祀られています

    その様子を映した2分間の動画がありますので、是非ご覧になってください。

    菊理姫(くくりひめ)は龍神とも仲がいい?

    菊理姫(くくりひめ)は龍神とも仲がいい?

    菊理姫(くくりひめ)は龍神と相性が良いといわれています。

    詳しい理由は不明ですが、龍神の背中に乗って菊理姫がやってくるという伝説や、菊理姫自身が白龍の化身であるとの説があります。

    菊理姫を祀る白山は大きな龍脈が通った霊山であり、富士山や箱根方面と繋がっていることと関係があるともいわれています。

    また、菊理姫が大祓詞(おおはらえのことば)という神道の祝詞に登場する、瀬織津姫(せおりつひめ)と同一神ではないかという説もあります。

    瀬織津姫は龍神だとする伝説があり、ここでも龍神が関連付けられています。神道の重要な祝詞に名前が出てくるにもかかわらず、神話で語られることのない瀬織津姫は、菊理姫同様謎に包まれた神様として知られています。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.9 / 5(合計5人評価)

    関連記事

    人気の記事