>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

天下五剣とはー日本の名刀5振を画像付きで解説!

天下五剣とはー日本の名刀5振を画像付きで解説!

数多存在する日本刀の中で、特に名刀と謳われた「天下五剣」鬼丸、三日月、童子切、大典太、数珠丸、それぞれに逸話があり、天下五剣と謳われるまでに成った理由があります。この五振りの刀の歴史や逸話を、画像と共にご紹介致します。

    天下五剣とは?

    天下五剣,名刀,室町時代

    武将の影

    天下五剣とは、数多の日本刀の中でも室町時代頃より特に名刀と謳われた五振の刀の事です。

    しかし、天下五剣と言う名称は、明治時代頃より自然発生したものと考えられており、明治時代以前の刀剣古書類籍においてこの名称が用いられた事実はないそうです。

    明治~昭和に活躍した刀剣研究家が「天下五剣」の名称をその著書に記載した事から、その名が広まったとされています。

     

    天下五剣はいずれも曰く付きの名刀揃い

    その五振の刀は、刀としての美しさは勿論の事、由緒伝来というようなことから天下五剣に数え上げられたものであろう、とされています。

    姿の美しさや切れ味の良さだけでは、ただ単に名刀とされるだけで終わりです。

    天下五剣はその刀を所持していた人物や、その刀に付随する伝承が重視され、それが選定理由として大きかったと言われています。

     

    天下五剣①鬼丸国綱

    鬼丸国綱,天下五剣

    鬼丸国綱

    鎌倉時代初期、山城国の京粟田口派の刀工で、粟田口六兄弟の末弟である国綱の作です。

    その事から、鬼丸国綱の「国綱」の部分は命名由来が容易に想像出来ますが、「鬼丸」の部分には曰くがあります。

    その昔、この刀の持ち主であった北条時頼が、毎夜夢の中に現れる小鬼に苦しめられていたそうです。

    ある夜、夢の中に老翁が現れ、「自分は太刀国綱である。汚れた人の手に握られたために錆びて鞘から抜け出せないので、早く妖怪を退治したければ、自分の錆を拭い去ってくれと言ったそうです。

    時頼は夢から覚めると、早速国綱を手入れし、部屋に立てかけておいたそうです。

    すると、国綱が倒れ掛かって、火鉢の台に施されていた細工の首を切り落としたそうです。

    その火鉢の足は銀で作られた鬼の形であったそう、それ以来、時頼の夢に小鬼が現れる事は無くなったそうです。

    この事により、この太刀を「鬼丸」と命名したと言われています。

    それ以来、北条家の重宝であった鬼丸国綱ですが、北条高時の自害の後、新田義貞・足利尊氏・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康と、数々の名だたる武将の手に渡りました。

    その後、後水尾天皇に皇太子が誕生した際御所に献上されましたが、皇太子が死亡したため不吉な刀とされ、京都の本阿弥家に戻され、明治時代頃まで本阿弥家に保管されてきました。

    そして、明治天皇の元に取りよせられてから現在までは、御物として皇室の所蔵となっています。

    天下五剣の内、この鬼丸国綱だけは御物であるため、国宝や重要文化財としての文化財指定を受けていません。

    御物ですので、一般に公開される事も少なく、1986年・1997年・2002年に博物館、美術館などで展示されてきました。

    2018年8月時点では、次回の展示がいつになるのかは分かっていません。

     

    天下五剣②三日月宗近

    三日月宗近,天下五剣

    三日月宗近

    平安時代の刀工、三条宗近の作で、刀身に鎬と反りのある日本刀としては最も古いものの一つです。

    この画像では鎬は確認しづらいですが、反っているのが分かると思います。

    三日月宗近は天下五剣の中で、最も美しいと評されています。

    他の刀のような伝来が少ないにも関わらず、天下五剣の内の一つに数えられているのは、ひとえにその刀身の美しさによるものなのかも知れません。

    「三日月」の由来は、刀身に三日月形の打除けが数多く見られることによるものとされています。

    三日月宗近の伝来については諸説ありますが、高台院から徳川秀忠に送られる以前の伝来については確かな史料が少なく、確定していません。

    豊臣秀吉の正室高台院が所持し、その後寛永元年に遺品として徳川秀忠に贈られて以来、徳川将軍家の所蔵となりました。

    太平洋戦争後に、徳川家から金貸しを経て、他の個人所蔵家に渡り、平成4年に当時の所蔵者から東京国立博物館に寄贈されました。

    1951年6月9日付で文化財保護法に基づく国宝に指定されています。

     

    天下五剣③童子切安綱

    童子切安綱,天下五剣

    童子切安綱

    平安時代の伯耆国の大原の刀工、安綱の作です。

    大包平と共に「日本刀の東西の両横綱」と称される最も優れた名刀とされています。

    源頼光が丹波国大江山に住み着いた鬼、酒呑童子の首をこの太刀で切り落としたという伝承から、「童子切」の名が付きました。

    足利義昭から豊臣秀吉に贈られ、さらに徳川家康とその子である徳川秀忠へと受け継がれました。

    慶長16年には勝姫が越前国福井藩主である松平忠直へと嫁ぐ際の引き出物であったといい、忠直から

    松平光長を経て、津山藩の松平家に継承されたとされています。

    光長が子供のころ、夜泣きが収まらないのでこの刀を枕元に置いたところ、たちどころに夜泣きが止んだ話や、刀の錆を落とすために、本阿弥家の屋敷に持ち込んだところ、近隣の狐が次々と本阿弥家の屋敷の周囲に集まってきた、等の様々な逸話が伝わっています。

    江戸時代には、試し斬りの達人が6人の罪人の死体を積み重ねて、童子切安綱を振り下ろしたところ、6つの死体を切断しただけではなく、刃が土台まで達していた、と言う逸話が伝わっています。

    明治時代に入った後も津山松平家の家宝として継承され、昭和8年1月23日、子爵松平康春の所有名義で国宝保存法に基づく国宝に指定されています。

    太平洋戦争終戦後は津山松平家から手放され、個人所蔵家の所有となり、昭和37年に文化財保護委員会によって買い上げられ、現在は東京国立博物館に所蔵されています。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計2人評価)

    関連記事