1ページ 2ページ

弥勒菩薩とは?代表的な半跏思惟像も画像付きで解説!

弥勒菩薩,半跏思惟像,画像付き,解説
弥勒菩薩とは?代表的な半跏思惟像も画像付きで解説!
仏教

弥勒菩薩とは?仏教の未来仏

弥勒菩薩とは?仏教の未来仏

弥勒菩薩とは?仏教の未来仏

仏教の中でも、特に有名なのがお釈迦さまと弥勒菩薩です。お釈迦様は仏教を開いた人として有名ですから、知っている人も多いかと思います。

しかし、弥勒菩薩については今一つピンとこない人も多いのではないでしょうか。

弥勒菩薩とは、お釈迦さまに続いて、仏となることが決まっている人のことです。

そのような人を未来仏と言います。現在、菩薩として修行を重ねている弥勒菩薩は未来仏なのです。

菩薩とは、仏を目指して修行を重ねている人のことを言います。なので、悟りを開く前は釈迦も菩薩だったのです。

そんな弥勒菩薩は、仏となって人々を救うために兜率天(とそつてん)という場所で修業をしています。

この兜率天とは、複数ある天界のうちの一つで、現在も弥勒菩薩が日々修行を行っている場所です。

はたして弥勒菩薩はいつ、修行を終えて仏になるのでしょうか。

それは、56億7千万年後であると言われています。気が遠くなるほど、はてしなく遠い未来ですね。

ちなみに、このおよそ56億年後というのは、偶然にも太陽系が消滅するとされている年に、非常に近い年数です。

太陽系の寿命はおよそ100億年なのですが、太陽系はもう生まれてから45億年は経っているので、残りの寿命はおよそ55億年であると計算されているのです。

つまり、太陽が死に至り、世界が一つ消えるころに、弥勒菩薩はこの世に降りて、新しい世界を作るのかもしれません。

兜率天とは

ここで、少し兜率天(とそつてん)についてご紹介していきます。

天界の一つである兜率天には、金や銀、瑠璃、珊瑚など、七種類のきらびやかな宝石で作られた豪華な宮殿があります。

その宮殿の中は、弥勒菩薩が修行を行っている内院と、外院に分かれています。外院は帝釈天や持国天など、神々が遊びに興じるための場所となっています。

修行の場所と、娯楽のための場所が同じところに存在するというのがおもしろいですね。

弥勒菩薩信仰

弥勒菩薩信仰

弥勒菩薩信仰

そんな弥勒菩薩は、人々の救世主として信仰を集めています。

この世界で苦しんでいる人々を救い、理想の世界を作ってくれるだろうと期待されているのです。

過去においても弥勒菩薩信仰は、時代の変わり目など、社会が不安定なときにたびたび人々から関心をあつめその信仰心を集めました。

弥勒菩薩信仰には大まかに言って、二種類存在します。

この二つは流行した時代や地域にも違いがありますが、それ以上に考え方が大きく異なります。

具体的に、二つの信仰はどのようなものなのでしょうか?

弥勒菩薩の上生信仰とは

まず一つ目の上生信仰では、自分自身が兜率天へと行くことを目的とします。

死んだあとに兜率天へ行き、弥勒菩薩と共に修行して、56億年後の世界に降り立ちたいと願うのです。

上生信仰は日本や中国、朝鮮で広まり、日本では特に奈良時代と平安時代に流行しました。

しかし、この信仰は兜率天へと向かうために厳しい修行が必要となるため、しばらくして違う形の信仰も生まれました。

弥勒菩薩の下生信仰とは

最後の一つは、上生信仰が厳しすぎるとして新たに生まれたのが、下生信仰です。

下生信仰はつらい修行を必要としません。なぜなら、弥勒菩薩による救いを待つだけというシンプルな信仰だからです。

しかし、弥勒菩薩がこの世に降り立つのは56億7千万年後と言われています。下生信仰を信じていた人々は56億年も待ち続けるつもりだったのでしょうか?

そんなことはありません。

弥勒如来は明日にでもこの世へ降り立つだろうと考えられていたのです。

弥勒菩薩はきっと、予定よりも早く修行を終わらせて、今すぐにでもこの世を救ってくれるであろう。だから私たちはその日に備えて、日ごろから良い行いを心掛けていなければならない、という考え方なのです。

明日、弥勒菩薩が仏となるのに、自分は信仰心が薄いから救われなかった、なんてことを避けるためです。

この下生信仰は日本では、戦国時代に流行しました。

世の中が不安定な状態だったので、人々の間に救世主を求める気持ちが強くあったからです。

しかし、念仏を唱えるだけで救われるという信仰が広まってからは、弥勒菩薩を信仰する人々はだんだんと減っていきました

編集部
関連記事では菩薩の一尊「普賢菩薩」をご紹介!菩薩という存在そのものに興味をお持ちの読者の方におすすめです!

普賢菩薩とは?全国で本尊として祀られる菩薩の一尊!真言やご利益を知ろう

2018.08.18

当たりすぎると評判の電話占い