1ページ 2ページ

永代供養の意味とは?墓じまいや浄土真宗の永代経との違いも解説

永代供養,墓じまい,浄土真宗,永代経
永代供養の意味とは?墓じまいや浄土真宗の永代経との違いも解説
ライフスタイル

永代供養とは?死者を長期間供養すること

永代供養,管理者,供養の形

永代供養は管理者に遺骨の管理や供養を任せることができる供養の形である

誰もがいつかは最期を迎えますが、亡くなった後は先祖代々のお墓や自分自身で新しく建てたお墓に入りたいと考える方は多いでしょう。しかし、近年では少子高齢化に伴う若年人口の減少や都市部への人口流出などの影響で、将来的にお墓を継いでくれる方がいないという悩みを抱えるご家庭も少なくありません。

お墓を継ぐ方がいないということは、ご自身が亡くなった後にお墓の掃除をしたり、管理費を出したり、はたまたお参りをしたりしてくれる方がいないことを意味します。そのような場合、せっかくのお墓が将来的に朽ち果てるだけではなく、管理費を滞納しているという理由で撤去されて、中に眠っている方も無縁仏として扱われるリスクもあるでしょう。

そこで最近、急速に利用者が増えている供養のあり方が永代供養です。永代供養とは「えいたいくよう」という読み方で、墓地や霊園が建てた専用の合祀墓(永代供養墓)に納骨された後、ご遺骨の管理や供養の一切を管理者にお任せするという供養のあり方を指します。ほかにも、お墓が個人墓ではあるものの、中のご遺骨の管理や供養については管理者に任せる場合も多いです。

さらには、最近ではコインロッカー型や仏壇型、全自動型といったさまざまなタイプの集団墓による永代供養も広く行われています。基本的に屋内に設置されているため、お墓参りの上でも便利です。

永代供養のサービスを運営している墓地や霊園の管理者は、地方自治体(公営霊園の場合)や経営基盤のしっかりしている宗教法人などであるため、めったなことでは潰れません。このため、墓地や霊園はよほどのことがない限り半永久的に運営が続いていくことから、永代供養を利用することでお墓の継承者がいなくとも安心できるといえます。

永代供養は”永遠”ではない

永代供養,永遠の供養を意味するわけではない,合祀

永代供養は永遠の供養を意味するわけではなく、いずれ合祀される

ところで、「永代供養」という言葉の文字を見てみますと、永代つまり将来的に永遠に供養してもらえるというイメージを誰もが抱くでしょう。しかし、実際のところ、永代供養つきの個人墓や集団墓を利用する場合については「永代=永遠」とはいえません。

永代供養つきの個人墓や集団墓を契約する場合、一般的に一定の納骨期間が設けられています。納骨期間は最も長くてお墓の中に納骨した故人の三十三回忌五十回忌までというパターンが多く、墓地や霊園によってはより短く納骨期間(十七回忌までなど)を設けている場合も多いです。

このため、購入した永代供養つきの個人墓や集団墓がどのくらいの期間利用できるのかについては、契約する際にきちんと確認しておくことが必要といえます。実は契約期間をきちんと確認しなかったために、後になってから管理者側とのトラブルに発展する場合も少なくありません。

それでは、もし納骨期間の期限を迎えた場合はどうなるのでしょうか?この場合、あらためて永代使用の許可を取るか、または同じ管理者が所有する永代供養墓に合祀するかを選択することになります。ただ、一般的には永代供養墓に合祀される場合が多いため、永代供養を利用するとなればどこかの段階で将来的には合祀されることがほとんどと考えた方が良いでしょう。

永代供養と永代使用は似て非なるもの

永代使用権,墓の区画,利用,権利

永代使用権とはいわばお墓の区画を利用できる権利のこと

先ほど出てきた「永代使用」という言葉ですが、一見すると「永代供養」と非常によく似ています。が、実際のところは永代供養と永代使用は全く意味の異なった言葉といって良いでしょう。お墓関係でこの2つの言葉を混同して理解する方も多いですので、ここでは「永代使用」の意味も見ていきましょう。

「永代使用」とは文字通り、「未来永劫にわたって使用すること」で、お墓業界では永代使用料」や「永代使用権という言葉として耳にすることが非常に多いです。永代使用料とは、お墓を建てる際に墓地や霊園の管理者側に支払う、お墓の区画の土地代を指します。

基本的には永代使用料を支払うことで、墓地や霊園の区画にお墓を建てることのできる権利である永代使用権を得られる仕組みです。しかし、永代使用権を得たからといって、無条件にその区画を永久的に所有していられるわけではありません。

というのは、区画を購入した後は管理費と呼ばれる毎年の利用料を支払う必要があるためです。そして、仮に管理費の滞納が続くと永代使用権は没収され、その区画も使うことができなくなります。

永代使用については賃貸住宅にたとえると非常に理解がしやすいです。つまり、永代使用権が賃貸住宅の使用権、永代使用料が敷金や礼金などの入居時の初期費用、毎年の管理費が家賃と考えると良いでしょう。

なお、永代使用権や永代使用料については下記の書籍にも詳しく説明されており、参考になります。

永代供養における合祀とは?

永代供養,主要な合祀,複数のお骨,供養,お墓

永代供養で主要な合祀は複数のお骨を一緒に供養するためのお墓

永代供養の話の中で、必ずといって良いほど聞かれるのが「合祀(ごうし)」という言葉です。「合祀」とは、複数の方のご遺体を同じお墓に納骨して、供養していくことを指します。そして、永代供養では永代供養墓と呼ばれる合祀墓への納骨も主要な選択肢の1つです。

永代供養墓への合祀を行った場合、納骨後のご遺骨の管理や供養についてすべて墓地や霊園の管理者におまかせできます。このため、頻繁にお墓参りに出かけることができないような事情(跡継ぎがいない場合や、心身面で負担が大きい場合など)があっても安心できます。

また、永代供養で合祀する場合は費用面でも非常に助かることが一般的です。永代供養墓そのものが複数のご遺体を納骨する場であることから、永代使用料も普通の個人墓に比べて比較的安く設定されています。そのうえ、普通のお墓を使う場合は必要となる年間管理料などの維持費も必要ないという点もメリットです。

なお、永代供養墓を利用するうえでの一般的な相場は10万円から30万円となっており、これは普通にお墓を建てる場合で200万円から300万円ほど必要であることを考えると、非常に費用面の負担が軽くなるといえます。

このように、永代供養における合祀はメリットが多いように見えますが、一方でデメリットがないわけではありません。他のご遺体と一緒に納骨することから、後になってご遺骨の取り出しをすることが不可能になるという点です。より正確には、骨壷からご遺骨を取り出した形で一緒に納骨するため、お墓の中でさまざまなご遺骨が混ざった状態となり判別が不可能になります。

永代供養墓の特徴やメリットデメリットについては、下記の各書籍にも詳しいですので、ぜひとも参考にしてみると良いでしょう。