LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

ケツァルコアトルとは?アステカ神話の文化神について知ろう

ケツァルコアトルとは?アステカ神話の文化神について知ろう

「ケツァルコアトル」は古代アステカ神話の文化神です。マヤ文明においても、「ククルカン」などと呼ばれ、様々な側面をもつ神として信仰されていました。逸話も残されており、多くの人々に信仰された「ケツァルコアトル」について詳しく解説します。

記事の目次

  1. 1.ケツァルコアトルとは?アステカ神話の文化神
  2. 2.マヤ神話でのケツァルコアトル
  3. 3.ケツァルコアトルの逸話
  4. 4.ケツァルコアトルの使者ケツァール
  5. 5.ケツァルコアトルのまとめ

ケツァルコアトルとは?アステカ神話の文化神

ケツァルコアトルとは?古代アステカの文化神

ケツァルコアトルとは、主に中米アステカ文明で崇拝された文化神、農耕神です。

アステカ文明は1428年頃から1521年まで北米のメキシコ中心部で栄えた文明であり、ケツァルコアトルをモチーフとする像や彫刻が、メキシコ各所のピラミッドや神殿に数多く残されています。

ケツァルコアトルは遠い昔に天から下りてきて、人類にトウモロコシなどの農耕を教え、すべての文化、知識を与えたと考えられています。

さらにアステカ文明では、宇宙生成にも携わったとされています。

ケツァルコアトルの姿

ケツァルコアトルは変幻自在の神とされており、その中でも二つの姿が言い伝えられています。

一つは「羽毛の生えた白い蛇」です。ケツァルコアトルの、そもそもの名前の意味が「鳥(ケツァル)蛇(コアトル)」であり、ウロボロスという古代を象徴するへびの化身ともいわれています。

そしてもう一つが「白い肌の人間」です。人間の姿では白い肌の端正な美男とされています。ケツァルコアトルは羽毛の神として描かれることが多いですが、絵文書などでは、人間の姿で描かれることもあるのです。

マヤ神話でのケツァルコアトル

マヤ文明におけるケツァルコアトル

同じ中米の文化のひとつに「マヤ文明」があります。

マヤ文明は、紀元前3000年から16世紀頃まで、メキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズなど、いわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明です。2012年12月21日人類滅亡説を予言したことで有名となりました。

そのマヤ文明においても、ケツァルコアトルはククルカンまたは「クグマッツ」という名で呼ばれ、信仰されていました。ユカタン半島北部の「チチェン・イツァー遺跡」には有名なククルカンの神殿が残されています。

ケツァルコアトルの逸話

ケツァルコアトルの逸話
Photo byaustinstar

ケツァルコアトルには様々な逸話が残されています。「五つの太陽の神話」の中では太陽神としての逸話も残されているといいます。

どのような逸話が残されているのか詳しく見ていきましょう。

心優しいケツァルコアトル

人心犠牲をやめさせた逸話
Photo byGDJ

ケツァルコアトルは、岩を持ち上げ、さらには岩に手を当てて、破壊する程の怪力を誇り、力強さを持つ一方で、心やさしく平和を愛する神として親しまれていました。

そんな心優しいケツァルコアトルは人身供犠をやめさせた逸話があります。

次へ

関連記事

人気の記事