1ページ 2ページ

ハイヌウェレとは?インドネシアの死体化生神話の女神について知ろう

イェンゼン,ハイヌウェレ型神話,イモ類,主食,儀礼
イェンゼンはハイヌウェレ型神話がイモ類を主食とする人々の儀礼に関係していることを突き止めた
スピリチュアル

ハイヌウェレとは?インドネシアの神話の女神

ハイヌウェレ イラスト

ハイヌウェレ イラスト

世界にはさまざまなタイプの神話が存在します。ある神話は世界や国の創造に関するものだったり、またあるものは英雄の活躍にまつわるものだったりと、内容によってさまざまです。

そして、中には変わり種のものとして、死体化生神話と呼ばれる「神の死体から食物が生まれた」というあらすじの神話も存在します。その典型例といえるのが、インドネシア東部モルッカ諸島にあるセラム島に住むヴェマーレ人に古くから伝わるハイヌウェレという女神にまつわる神話です。

驚くべきことにハイヌウェレの神話と似た内容の話が日本の神話にも見られます。そこで今回は、日本の神話にも似たような話が伝えられているハイヌウェレの神話について見ていきましょう。

ハイヌウェレが登場するヴェマーレ人の神話

ハイヌウェレ女神はインドネシアのある島に伝わる神話である

ハイヌウェレ女神はインドネシアのある島に伝わる神話である

ヴェマーレ人の間に伝わる女神ハイヌウェレの神話は、おおよそ以下のようなあらすじです。

昔、アメタという男がいて、ある日外から持ち帰ったココヤシの種を夢のお告げに従って育てたところ、その花から1人の少女が生まれました。そこでアメタは少女にハイヌウェレと名付けて、自分の娘として育てることにしました。

彼女の成長は速く、3日ほどで年頃の娘になりました。その折に彼女が用を足したところ、その時に出した便が何と島ではとても手に入らない宝物(中国製の陶器など)になったため、アメタはそれを売ることで裕福になりました。

それからしばらくして、村で毎年恒例のマロ祭りが行われ、この年はすでに村中で超自然的な力を使って宝物を出すと噂の的になっていたハイヌウェレを主役として九日九夜踊り明かすことになりました。祭りの間中、ハイヌウェレはずっと用を足すことで宝物を出し続けました。

しかし、祭りの日程が過ぎていくうちに村人たちはハイヌウェレのことを不気味に感じるようになり、ついには彼女を殺すことに決めました。

そして、祭りの最終日である9日目の夜、いつものようにハイヌウェレを真ん中にして踊る中、村人たちはあらかじめ掘っておいた穴にハイヌウェレをつき落し、土をかけて彼女を生き埋めにして命を奪ってしまいます。

彼女の死を彼女が帰ってこないことと占いを通じて知ったアメタは彼女の遺体を掘り起こすと、遺体をいくつにも分けて祭りの広場のあちこちに埋めました。すると、それまでなかったタロイモやヤムイモなどさまざまなイモ類(太平洋の島々では主食)が生えて来ました。それ以来、人々はイモ類を主食として生きるようになりました。

このように、神話の中ではハイヌウェレの遺体から現地の人々の主食であるイモ類が発生したため、ハイヌウェレは「遺体を通じて食物をもたらした女神」とみなされています。

民族学者が”ハイヌウェレ型神話”と命名

イェンゼンはハイヌウェレ型神話がイモ類を主食とする人々の儀礼に関係していることを突き止めた

イェンゼンはハイヌウェレ型神話がイモ類を主食とする人々の儀礼に関係していることを突き止めた

以上がヴェマーレ族に古くから伝わるハイヌウェレ女神の神話のあらすじです。実はハイヌウェレ女神の神話のような、「自らの遺体が元になって食べ物が生み出された」という内容の話は、インドネシアのほかにもアメリカ大陸やメラネシア(オーストラリアの北から北東にかけての島々がある地域)にも存在します。

さらに、ハイヌウェレ神話のような内容の話がある地域は、セラム島と同じようにイモを主食とする地域の分布とも重なることが明らかとされています。

ハイヌウェレ女神の物語のような内容の神話がイモ類の主食地域と重なって存在する点に注目して、農作物の起源にまつわる神話の研究に取り組んだのがドイツの民族学者・神話研究者であったアードルフ・イェンゼンでした。イェンゼンはハイヌウェレ女神の物語のような内容を持つ神話体系を「ハイヌウェレ型神話」と名付けたうえで、この種の神話を持つイモ類を主食とする人々を「初期栽培民(古栽培民)」と分類しました。

そのうえでイェンゼンは、ハイヌウェレ型神話を持つ栽培民族が行う儀礼にも注目しています。イェンゼンが研究を進めていくと、彼らが儀礼を行う際に生贄とした人や動物の肉の一部を共同体の人々全員で食した後、食べなかった部分はイモ類の豊作を願って畑にまくという習慣があるということに気づきました。

上記のような習慣はまさしく、ハイヌウェレ神話の中で育ての父であるアメタが祭りを行った広場のあちこちにハイヌウェレ女神の遺体の一部を埋めたところ、多くの種類のイモが生えてきたくだりがそのまま儀礼という形で反映されているものです。以上の研究結果を通じて、イェンゼンは、文化の中において神話と儀礼とが密接に結びついているという理論を打ち立てるに至りました。