1ページ 2ページ

サイコパスとは?専門家が見る20の特徴や顔つき・見分け方を解説

サイコパス、顔つき、特徴、見分け方、性格、原因
サイコパスの持つ20の特徴
心理学

サイコパスとは?反社会人的人格を持つ人のこと

サイコパスとは反社会的人格を持つ人

サイコパスとは反社会的人格を持つ人

最近、メデイアなどで耳にすることの多くなってきたサイコパスという人物。

では、サイコパスというと、どのような人物像を想像しますか?多くの人が、残虐で冷酷な殺人犯や凶悪犯を想像するのではないでしょうか?

しかし、実際サイコパスの中でそのような凶悪な犯罪者はごくまれで、多くのサイコパスは普通に社会生活を営んでいます。

サイコパスは、他者への共存や良心の呵責といった感情を持ち合わせず、自己中心的という特徴があります。そのためコミュニケーション能力が大変低く、対人関係を上手く構築できません。

その一方で、人を引き付ける魅力があり社交的で仕事ができるタイプの人も多く、そのような人達は、社会的に高い地位についており、また、普通に家庭を築き子供を持つ人もいます。

サイコパスとは、一般に考えられているような犯罪者ばかりでなく、私たちの生活空間の中に普通に存在しているのです。

実際のところ、アメリカでは25人に1人、日本でも200人に1人はサイコパスであるといわれています。

サイコパスを見分けるチェックリスト「PCL-R」

サイコパス診断リスト

サイコパス診断リスト

しかし、一見してこの人がサイコパスだとはなかなかわかりづらいものです。

そこで、サイコパスと判断する基準として、アメリカやイギリス、フランスをはじめとする各国で「PCL-R」というサイコパスチェックリストが使用されています。

PCL-Rは20項目からなるチェックリストで、それぞれに、あてはまらない=0点・ややあてはまる=1点・あてはまる=2点の3択で答え、合計が30点以上だと極めてサイコパスの可能性が高いと判断されます。

以下が、PCL-Rサイコパスチェックリストです。

サイコパスチェックリスト PCL-R

  1. 口達者/表面的
  2. 自己中心的/誇大価値観
  3. 退屈しやすく刺激を求める
  4. 病的な虚言癖
  5. 人を騙すことに抵抗がなく人を操ろうとする
  6. 良心の呵責/罪悪感の欠如
  7. 浅薄な感情
  8. 冷淡で共感性の欠如
  9. 寄生的生活
  10. 衝動的で行動をコントロールできない
  11. 放逸な性行動
  12. 幼いころの問題行動
  13. 長期的な目標の欠如
  14. 衝動的
  15. 無責任
  16. 自分の行動に対して責任が取れない
  17. 数多くの婚姻関係
  18. 少年非行
  19. 仮釈放の取り消し
  20. 成人してからの反社会的行動

引用元:ヒロ辞典 mark-t3963.com/psychopass-3

しかし、人それぞれ本来の性格などもあるため、これらの質問に一致する人全てがサイコパスであるとは限りません。

PCL-Rはあくまでもサイコパスを見極めるための1つの手段として使われていて、他にも脳の検査などさまざまな方面からの診断がなされます。

サイコパスの顔つき

サイコパスは目が笑っていない

サイコパスは目が笑っていない

メデイアなどで、サイコパスは殺人事件や凶悪犯罪の犯人として取り上げられることが多いため、サイコパス=犯罪者と捉えがちですが、サイコパスの全てが犯罪者というわけではなく、大半は普通に社会生活を送っています。

そのため、一見しただけではその人がサイコパスかどうかわかりません。しかし、サイコパスには顔つきにいくつかの特徴があるため、よく観察すると気が付くかもしれません。

では、サイコパスの顔つきの特徴を見ていきましょう。

目に感情が表れる

サイコパスは、良心の呵責や他者との共存・恐怖や痛みといった感情が極めて低いもしくは全く持ち合わせていません。そのため、心から笑顔になったり悲しんだりすることがありません。

そこで、笑顔であっても目が笑っていない、悲しんでいる風に振舞っていても目が笑っているといったように、目に本当の感情が表れます。

例えば、サイコパスは自分の立場が危うくなったりした時には嘘の泣きまねをして同情を買おうとします。しかし、目を見ると目だけが笑っていたりするのです。

目がトロンとしてうつろ

サイコパスにもさまざまな人がいますが、危険なサイコパスほどトロンとしたうつろな目をしているといわれています。

まるで心ここにあらずといったような、遠くを見ているような目つきをしています。

1度殺人などの凶悪犯罪を起こした人は、このような目つきになるといわれています。

トロンとしていると言ってもボーっとしているのではなく、高揚や達成感に包まれた夢見心地な目つきといっていいでしょう。

顔の横幅が広い

サイコパスの顔つき

サイコパスの顔つき

サイコパスの顔つきの特徴として、顔の横幅が広いというのも挙げられます。

顔の横幅の広さは、男性ホルモン・テストステロンが関係しているといわれています。

そして、男性ホルモン・テストステロンは、脳の扁桃体や大脳辺縁系といった人の社会性を担う部分に影響を与えるため、偏桃体や大脳辺縁系の機能が低下しているサイコパスの顔つきには、横幅が広いという特徴が表れます。

テストステロンの分泌量が多い人ほど、サイコパスである可能性が高いとされています。

女性であってもサイコパスの人はテストステロンが多く、男性っぽいごつい顔つきをしています。

目の瞳孔がいつも開いている

人は興奮状態の時、瞳孔が開きます。攻撃性の強いサイコパスは常に興奮状態にあるため、いつも瞳孔が開き血走った眼をしています。

サイコパスの顔つきの特徴

  • 目に感情が現れやすい
  • 目がトロンとしている
  • 顔の横幅が広い
  • 目の瞳孔が開いている

サイコパスの原因はなに?

サイコパスになりうる3つの要因

サイコパスになりうる3つの要因

ここまで、顔つきや性質などサイコパスの特徴についてお話ししてきました。では、サイコパスになりうる原因とは何なのでしょうか。

次は、サイコパスの原因についてお話していきましょう。

当たりすぎると評判の電話占い