1ページ 2ページ

茨木童子とは?平安京を荒らした鬼の一人について解説

茨木童子,平安京,鬼
茨木童子とは?平安京を荒らした鬼の一人について解説
妖怪

茨木童子とは?平安時代に京都を荒らした鬼

京都,平安時代,鬼,茨木童子

京都を荒らし回ったと謂われる「鬼」の一人、それが茨木童子

茨木童子とは、現在の京都府丹後半島に位置する大江山(おおえやま)を住処にし、平安時代の京都を荒らし回ったと謂われる「鬼」の一人です。

その名が後世まで語り継がれているほどですから、相当な傍若無人振りだったのでしょう。

平安時代の都(政治の中心地)は現在の京都にあり、この時代は妖怪も鬼も人々の生活に馴染みの深いもので、夜になれば百鬼夜行に遭遇する事もあったようです。

現在でも茨木童子の伝説は数多く残されており、舞台の演目や書籍は根強い人気を保っています。

茨木童子と酒呑童子と仲間たちが大江山を住処としていた頃、京都に住む貴族の子女を誘拐するなど乱暴狼藉を働いていましたが、帝の命を受けた源頼光と4人の武将と家臣たちによる「だまし討ち」によって滅ぼされたとされています。

ですが、その際、茨木童子だけは難を逃れ、生き延びたとされています。

しかし、その後の消息の記録は残っていません。

摂津に伝わる民話では、実家に戻るも追い返された話があるそうですが、確かな事は分かっていません。

仲間もいなくなり、一人ひっそりと山にでも隠れていたのでしょうか。

茨木童子と酒呑童子との関係

茨木童子,酒呑童子

茨木童子と同様に現在も語り継がれている有名な「鬼」、それが酒呑童子

ところで「酒呑童子(しゅてんどうじ)」と言う名を耳にした事はありませんか。

酒呑童子とは、茨木童子と同様に現在も語り継がれている有名な「鬼」で、酒呑童子の家来の中で別格に扱われていたのが茨木童子であったそうです。

二人の出会い方は諸説あり、父親に捨てられた茨木童子を酒呑童子が拾い養ったとされる説や、出身地が同じだったとされる説など様々ですが、兎にも角にも二人は出会い意気投合し、悪行の限りを尽くす事になったそうです。

諸説ある中で面白い一説があります。

「男の鬼」だと思われていた茨木童子が実は「女の鬼」という説です。

更に、酒呑童子の恋人」説もあるそうです。

茨木童子と渡辺綱の戦い

腕を切り落とされる,茨木童子,羅城門

羅城門で腕を切り落とされる茨木童子

茨木童子が腕を切り落とされる戦いを取り上げた物語は、「御伽草子」や「戻橋」などの書物や歌舞伎の演目として人気があり、現在も語り継がれています。

共通する内容は「源頼光の4人の武将の一人「渡辺綱」が「茨木童子」の腕を切り落として持ちかえった後、腕を奪還しに茨木童子が来るというものです。

語り継がれているうちの一つ、「羅城門」の詳細を見ていきましょう。

源頼光と4人の武将たちが集まった酒の宴の席で、「近頃、羅城門に鬼が出る」という話になったそうです。

酒でまわって話が盛り上がると、全員で度胸試しに出かけ、順々に門に入ります。

4人の武将の一人、渡辺綱が門に入ると鬼が現れ格闘、渡辺綱がその鬼の腕を斬り落とします。

鬼を退治し、そのまま帰ろうとしましたが、「鬼の生き残りがいるかも知れない」と、もう一度、羅城門に引き返したところ、美しい女性に遭遇します。

しかし、人間の女性ではなく鬼の茨木童子だと分かり、激しい格闘となります。

そしてまたしても、渡辺綱が鬼の茨木童子の腕を斬り落とし決着が付きます

腕を斬り落とされた茨木童子はそのまま逃げましたが、後日、別な姿に化けて渡辺綱の屋敷まで腕を取り返しに来るのです

腕を切り落とされ、後日取り戻しに来るエピソードは変わりませんが、戦う場所が「羅城門」の他に「一条戻橋」や、茨木童子が変化する美しい女性の描写が異なって語り継がれているのです。

茨木童子と安倍晴明のエピソード

晴明神社,一条戻橋,茨木童子

安倍晴明と茨木童子と一条戻橋

安倍晴明とは平安時代に活躍した陰陽師で、今も尚様々な逸話が語り継がれています。

母親が妖狐であったとか、一条戻橋の下に鬼(式神)を飼っていたなど不思議な話が数多く残る人物です。

そんな、有名な陰陽師の安倍晴明と鬼の茨木童子の関わった話が残っています。

京都にある一条戻橋の上を渡辺綱が通りかかったところ、美女が道に困っていたそうです。

そこで、渡辺綱がその美女を自分の馬に乗せてやったところ、美女は突然、姿を鬼に変え、渡辺綱の髪の毛を引っ掴み、そのまま愛宕山(あたごやま:現在の京都市右京区のある山)へ連れ去ろうとします

しかし渡辺綱は冷静に、名刀「髭切」で鬼と化した美女の腕を斬って難を逃れたとされています。

一条戻橋と言えば、安倍晴明が橋の下に鬼を飼っていた、という話が有名です。

その話を知っていたかは定かではありませんが、渡辺綱は戦いの末切り落とした鬼の腕を安倍晴明に見せ、相談をしたそうです。

すると、「鬼は腕を取り返しに必ず戻るので、七日間家に閉じこもり、その間、家の中に誰も入れないようにして物忌みをして下さい」と晴明に言われ、渡辺綱はその通りにしたそうです。

安倍晴明の言った通り、腕を取り戻しに茨木童子が現れ、あらゆる手を使って中に入ろうとしますが、安倍晴明の貼っていった護符の力により、屋敷に侵入する事が出来ません

七日目の晩、渡辺綱が最後の物忌みを続けていると、摂津の国(現際の大阪府の一部兵庫県の一部に跨って存在した律令国)から渡辺綱の伯母が屋敷にやってきたそうです。

しかし渡辺綱は、物忌みを続けている事情を説明して訪ねてきた伯母を屋敷に入れなかったところ、気を悪くした伯母が「幼い頃大切に育てた報いがこんな仕打ちなのか」と嘆き悲しんだので、仕方なく言いつけを破って屋敷に入れてしまいました

そして伯母が、鬼の腕を見せてほしいと言ってきたので、渡辺綱が鬼の腕を渡すと突然伯母は鬼の姿に変わり、斬り落とされた腕を持つと飛び上がり、破風板(はふいた:屋根の端で交差する板)を突き破って空に消えていったと言います。

つまり、茨木童子が叔母の姿に化けていたという事です。

安倍晴明と直接対峙した訳ではありませんが、安倍晴明の助言と護符によって守られた渡辺綱から、栃木童子は戦わずして腕を取り戻せない状況に追いやられていたのです。

当たりすぎると評判の電話占い