1ページ 2ページ

八咫烏(ヤタガラス)とは?伝説で天皇を案内した導きの神について知ろう

八咫烏,導きの神,伝説
八咫烏は三本足の烏
日本神道

八咫烏(ヤタガラス)とは?伝説で道案内をした烏

八咫烏,とは,伝説,天皇

天皇を道案内した八咫烏

八咫烏とは、日本神話「神武東征」にも登場する三本足の烏の事です。

日本神話では、神武天皇が大和朝廷を征服するため、現在の宮崎県から大阪府へ攻め入る際、要衝であった生駒山周辺を通ったために兄の五瀬命(イツセ)を失い、一度は退却をせねばなりませんでした。

しかし、神聖な力によって遣わされた八咫烏の導きによって、紀伊半島にある熊野から奈良県を通って大阪に入る安全な迂回路を使うことができたお話は有名ですね。

古事記によると、神武天皇がまだ神倭伊波礼毘古命(カムヤマトイハレビコノミコト)と呼ばれていた頃、兄の五瀬命(イツセノミコト)と共に、日向の国(現在の宮崎県)を治めていたそうです。
ある時、二人の間にもっと東のほうへ行ってみたらどうだろうと言う相談が持ち上がったそうです。

そこでさっそく二人は東の方へ向かい、日向の国を出発します。
道中で知り合った者を一行に加えながら、二人はどんどん東へ進んで行ったそうです。

道中、奇襲に合い、兄の五瀬命(イツセノミコト)を喪ってしまうと言う悲しい出来事もありながら、一行は何とか進み、やがて熊野の村へとたどり着きます。

その時、熊野山に住む熊の姿をした荒々しい神が現れ、その毒気に触れた神武天皇一行は、皆正気を失ってしまい死んだように寝込んでしまったそうです。

どうする事も出来ないように思われましたが、その際、熊野の高倉下(タカクラジ)と言う名の者が一振りの剣を持って神武天皇の前に現れたそうです。
そしてその剣の霊力により、神武天皇一行は正気にかえり、高倉字(タカクラジ)にその剣の事を尋ねたそうです。

すると高倉字(タカクラジ)は、自分の夢の中に天照大御神が現れ、建御雷神(タケミカヅチノカミ)に神武天皇を助けてあげなさいと言っていたそうです。
建御雷神(タケミカヅチノカミ)は、「自分が降って行かなくとも、私の代わりにこの剣を降ろしましょう」と答えていたそうで、朝になり目を覚ました高倉字(タカクラジ)が倉を見に行くと、夢の中に出てきた剣があったそうです。

そこでさっそく、剣を神武天皇に献上しに参った次第との事でした。

更に、神武天皇自身も不思議な夢を見たそうです。

夢の中に高木神(タカギノカミ)が現れ、「この土地より奥の方へ深入りしてはいけません。この奥には荒々しい神々が多数いることだ。天から、八咫烏(ヤタガラス)を送り届けてやろう。この八咫烏が道案内をするので、それに従って進んで行けば良い」と、このような事を言っていたそうです。
そこで神武天皇は夢の中で教えられた通りに従って、八咫烏(ヤタガラス)の後を追って旅を続けたそうです。

八咫烏(ヤタガラス)は導きの神で太陽の化身

太陽,化身,八咫烏

太陽神は天照大神、太陽の化身は八咫烏

八咫烏(ヤタガラス)は、神武天皇を大和の橿原(かしわら:現在の奈良県)まで先導した云われにより、導きの神とされています。

八咫烏(ヤタガラス)の「八咫」とは、「大きく広い」と言う意味があるそうです。

伝説では足が三本あるとされており、その三本の足はそれぞれ「天」「地」「人」を表すとされています。

「天」とはすなわち神の事を指し、「地」は大地の事、つまり自然環境の事を表します。

つまり、3本目の足は太陽の下に神と自然と人とが血を分けた兄弟であるという事を示しているのです。

何故八咫烏(ヤタガラス)が太陽の化身とされているのかについては、諸説あるようですが、古来より太陽を表す数が「三」とされてきた事に由来する説があるそうです。

八咫烏(ヤタガラス)の足は三本あると言われています。

その足の本数にちなんで、太陽を連想させた事が考えられます。

日本神話における八咫烏(ヤタガラス)

日本神話,書物,八咫烏

日本神話とは「日本書紀」や「古事記」に記された神々の物語

日本神話では、神武天皇の先導を務めた事が有名ですが、日本の歴史における八咫烏(ヤタガラス)の登場は、意外にも古いものでした。

奈良県にあるキトラ塚古墳(7世紀末~8世紀)の壁画にも太陽と共に、三本足の烏が描かれています。

日本神話に登場する神は、男神女神の区別こそあれ、身体的な特徴を表すような描写はあまり見かけません。

そんな中で、なぜ八咫烏(ヤタガラス)は、「三本足の烏」であると、はっきり「姿」が分かっているのでしょうか。

実は、日本書紀や古事記と言った日本神話の中にはどこにも、八咫烏(ヤタガラス)が三本足の烏であるとは書かれていないのです。

八咫烏(ヤタガラス)が三本足の烏であると記述されている最古の文献は、「倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」です。

平安時代中期の辞書とされ、この文献の中に三本足の烏の記述が残っているそうです。

この文献が作られた頃には、中国や朝鮮の伝説の鳥「三足烏(さんそくう:太陽と同じ「陽」に分類された烏)」と八咫烏(ヤタガラス)が同一視され、三本足の烏の姿になったとされています。

つまり、日本神話には記されていない姿、三本足の烏と言う姿は後付けだったわけです。

当たりすぎると評判の電話占い