>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

天啓の意味とは?超越的存在から与えられるお告げについて解説

天啓の意味とは?超越的存在から与えられるお告げについて解説

神様など超越的な存在が与えるメッセージのことを典型といい、実は世界的に有名な宗教の中にも天啓がきっかけで始まったものが多いです。一方で私たちのような一般的な人間でも生活習慣を改めれば天啓を得ることができるようになります。今回は天啓がどのようなものかについて見てみましょう。

    天啓の意味とは?超越的存在から与えられたお告げ

    天啓, 意味, メッセージ

    天啓とは超越的存在からのメッセージ

    キリスト教やイスラム教、仏教といった宗教の開祖は多くの場合、神様などといった高い次元の存在から何らかのメッセージを受け取ったことによって、自らの使命に気づいたり悟りを開いたりしています。そして、このようなメッセージは多くの場合、何の前触れもなく突然伝えられるものです。

    このような神様などの超越的な存在が人にもたらす超自然的なメッセージ(お告げ)「天啓」といい、宗教によっては、「啓示」という呼ばれ方もします。

    ただし、天啓は何も宗教の開祖が得たような大々的な行動のきっかけになるものばかりとは限りません。また、特定の徳の高い人物のみが得られるものではなく、実は誰もが得られる可能性があります。

    例えば、何らかの問題の解決法を考えているときに、突然超自然的なひらめきが頭にわいてきたというパターンも天啓というべきものです。また、絶体絶命のピンチの時に超自然的な存在の導きによって救われたというパターンも天啓に含まれます。

    このように、天啓を得ることは特定の誰かに許されたことに限らず、神様など超越的な存在によって愛されている人であれば誰にでもあり得ることといって良いでしょう。

    天啓は中国の元号になったこともある

    天啓, 中国, 明, 元号

    「天啓」は中国でも元号として使われていた

    なお、「天啓」というのは昔の中国でも元号として採用されていた時代がありました。今でこそ中国には元号が存在しませんが、皇帝を頂点とする王朝が存在した頃にはごく当たり前のことでした。

    「天啓」が元号として使われていたのは、明王朝(1368~1644)末期の1621年から27年にかけての時期です。当時の皇帝は第16代熹宗(きそう)ですが、当時は皇帝1代につき1つの元号を使うという、現代の日本と同じやり方でした。このため、熹宗皇帝の崩御とともに天啓年間は終わり、彼には「天啓帝」の諡(死後の皇帝などに贈られる名前のこと)が送られました。

    天啓から始まった宗教

    天啓, 宗教, 始まり, キリスト教, イスラム教

    キリスト教も開祖であるイエスに天啓が下ったことから始まった

    世界の歴史を見ていくと、多くの宗教が天啓を授かったことで始まっています。

    例えば、キリスト教はイエス・キリストによって始められた宗教ですが、イエスは宣教を開始するまでは大工として生計を立てていた人物でした。しかし、30歳になったころに神の啓示に従ってヨハネ(バプテスマのヨハネ)から洗礼を受け、40日ほど荒野で試練を受けたのちに「神の子」としての使命を確信し、宣教活動に乗り出しています。

    また、7世紀に成立したイスラム教も天啓で始まったといえる宗教です。開祖であるムハンマドは40歳になった610年ごろ、メッカ(ムハンマドが生まれ育った都市)の郊外の山にある洞窟で瞑想をしていたところ、アラーの使者としてやってきた大天使ガブリエルから啓示を授かったことでイスラム教が起こりました。

    このように、開祖が神から天啓を受けたことで起こった宗教は歴史上多く、その意味では天啓が歴史の中に持っている存在意義は非常に大きいものといえるでしょう。

    天啓を得るための習慣

    天啓, 習慣, 受け取る

    天啓を得るにはどのような習慣を心がけるべきか?

    ここまで見てきたように、世界的に有名な宗教は開祖とされる人物に天啓が与えられたことで、その活動の歴史が始まりました。天啓を受けた宗教の開祖は徳が高い聖者というイメージが強いことから、天啓は神などに注目された特定の人物にしか与えられないようにも見えます。

    しかし、実は最初にも書いたように天啓は私たちのような一般の人間でも得ることができるものです。そして、天啓を得るには、日ごろから天啓を得やすいような習慣を心がける必要があります。

    以下の各項目では、天啓を得ることのできるような習慣をご紹介いたしましょう。

    天啓を得るための習慣その1:瞑想などを通じて雑念を払う時間を作る

    天啓, 習慣, 瞑想

    天啓を得られるようになるには瞑想も効果的

    最初に挙げられる習慣として、「瞑想などによって雑念を払うための時間を作る」というものが挙げられます。近年では、マインドフルネスといった心の雑念を払うようなテクニックが流行していますが、その背景には社会全体で情報技術が高度の発達したことや、日常的にストレスにさらされやすくなったことがあるといえるでしょう。

    だからこそ、現代人は多くの情報や知識に追われるあまり、心が非常に疲れやすい状態になっています。ここで重要となるのが、天啓を得るには心にある程度の余裕があるという点です。心の余裕があることによって超越的な存在が発信する天啓に気づきやすくなることによります。

    このため、短い時間でも良いですので、毎日のように仕事などから離れて静かに瞑想などを通じて雑念を払う時間を持つようにしましょう。

    編集部

    編集部

    マインドフルネスのやり方を知るにはこちらの記事がおすすめです

    天啓を得るための習慣その2:今この瞬間を大事に過ごす

    天啓, 習慣, 瞬間, 今

    天啓を得るには今に集中すること

    次にあげられる大切な習慣として、「今この瞬間を大事に過ごす」というものが挙げられます。

    私たちの多くは過去のことを悔やんだり、逆に未来のことに不安になったりしがちです。特に近年ではかつて考えられないほどのテンポで社会や価値観が変化してきています。特に将来について考えると、先が見えない時代に突入していることから、なおさら未来に対してネガティブな気持ちになる場合も少なくありません。

    後悔や不安はいずれも心に強いストレスを与えることにつながります。そのために、心の中もネガティブな気持ちでいっぱいになり、余裕というものが失われがちな分、天啓を受け取りにくくなります。

    そこで過去や未来への後悔や不安はいったん置いて、今この瞬間を大事にして過ごしてみましょう。今この瞬間に集中してできることをこなすことで、過去や未来へのネガティブな思いから解放される分、心が天啓を受け取る余裕を持つことができるようになります。

    天啓を得るための習慣その3:言葉遣いに注意する

    天啓, 習慣, 言葉遣い, ポジティブ

    天啓を得やすくなるにはポジティブな言葉遣いも重要

    あなたは日ごろからどのような言葉遣いをしていますか?もし、愚痴や不満、過去への後悔といったネガティブな内容が目立つのであれば、今すぐに改めるようにしましょう。というのも、天啓というのはポジティブな言動によって引き寄せられるためです。

    具体的にポジティブな言葉遣いというのは、自分や周りの人を元気づけて、雰囲気を明るくするような、楽しく感謝にあふれる内容のものです。そしてポジティブな言葉遣いを心がけることで、日常的に良いものを引き寄せるようになります。いわゆる引き寄せの法則です。

    だからこそ、毎日のように希望に満ちた前向きな言葉を語る人ほど天啓を受け取りやすい傾向にあるといっても良いでしょう。

    編集部

    編集部

    引き寄せの法則について詳しいことはこちらの記事がおすすめです

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事