>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

お岩さんとは?四谷怪談に登場する主役の女性について知ろう

お岩さんとは?四谷怪談に登場する主役の女性について知ろう

この記事では、鶴屋南北作『東海道四谷怪談』のあらすじに触れ、主役の女性である「お岩さん」の内面を追求します。また、お岩さんのモデルとなった実在の人物、神社、寺についてもご紹介しています。なぜ四谷怪談は今でも語り継がれているのか。その根強い人気に迫ります。

    お岩さんとは?四谷怪談の主役の女性

    葛飾北斎作のお岩さんの絵

    百物語より「お岩さん」葛飾北斎作

    お岩さんとは、江戸時代初期ごろに実在した、良妻賢母を絵に描いたような女性であったことが分かっています。しかし、「お岩さん」と聞くと「四谷怪談に出てくる女性」「夫が後妻に向かえた女性を呪い殺した怨念の女性」というイメージを持つ人が多くいます。

    四谷怪談は、一般的に歌舞伎で人気の演目「東海道四谷怪談」のことを言います。お岩さんのストーリーは、元禄年間に起きたとされる事件を元に書かれた『四谷雑談集』に起源があります。

    ここで『四谷雑談集』について少し触れておきます。

    『四谷雑談集』のあらすじは、於岩稲荷(おいわいなり)が建てられるまでの、異様で不思議なことが起こる原因を語っています。田宮家の一人娘が、適齢期を迎えても結婚できないことから始まります。

    四谷に住む江戸幕府お抱えの鉄砲隊員、田宮又左衛門には一人娘がいました。その娘は「お岩」と呼ばれており、容姿も器量も決して良いとは言えない女性でした。

    しかし、家を継ぐためには結婚相手を探さなくてはなりせん。そこへ、うだつの上がらない浪人(主人を失った武士のこと)であった伊右衛門が、仲介人からだまされるように婿養子として田宮家に入ります。お岩はめでたく夫を得て、家を継ぐことができました。


     

    ところが、伊右衛門は、お岩と結婚した後に自分の上司の愛人に心を奪われてしまいます。自分の愛人に夢中になっていることを知った上司は、怒るどころか、予定外で自分の子供を宿した愛人を伊右衛門に押し付けることを思いつき、伊右衛門と結託して、お岩を田宮家から追い出すことを企てます。

    夫である伊右衛門が、他の女性と一緒になるために自分を生家から追い出そうとしていることを知ったお岩は、発狂してそのまま姿を消してしまいます。

    お岩が姿を消した後、田宮家には不幸が続き、最終的に田宮家は断絶してしまいます。さらに、田宮家の跡地には、説明のしようがない異様な出来事が続いたため於岩稲荷が建てられた、という内容です。

    夫と後妻に復讐を果たす怨念の女性として描かれることが多い『四谷怪談』の元となった『四谷雑談集』では、女性としても、跡取りとしても居場所を奪われ、失意の中姿を消した可哀そうな女性が描かれていたのです。

    ポイント

    • お岩さんは、実在する女性です。
    • お岩さんのストーリーは『四谷雑談集』に起源があるとされています。

    お岩さんが登場する四谷怪談のあらすじ

    歌川国芳作 東海道四谷怪談の絵

    東海道四谷怪談 「神谷伊右エ門 於岩のばうこん」歌川国芳作

    四谷怪談とは、元禄年間に起きた事件を元にした創作物の総称です。

    中でも『四谷雑談集』を元に作られ、鶴屋南北の台本で演じられた歌舞伎は有名で、今では「四谷怪談」といえば「東海道四谷怪談」を指すことが一般的になっています。

    鶴屋南北作「東海道四谷怪談」

    歌舞伎の演目、東海道四谷怪談を描いた浮世絵

    歌舞伎「東海道四谷怪談」で有名な戸板返しの場面を描いた浮世絵

    では、歌舞伎で人気の演目「東海道四谷怪談」のあらすじをご紹介します。

    浪人四谷左門には2人の娘がいました。姉のお岩は浪人伊右衛門に嫁ぎましたが、彼の素行の悪さゆえ、父左門によって実家に連れ戻されます。伊右衛門はお岩との復縁を迫りますが、公金横領の悪事を父に知られることとなり、辻斬りにみせかけて左門を切り捨てます。伊右衛門は、犯人を探して仇をうってやる、と嘘をつき、お岩と復縁します。

    一方、妹のお袖も、浪人佐藤与茂七の妻でありましたが、薬売りの直助に言い寄られ、付きまとわれておりました。直助は、お袖をモノにできないことにしびれをきらし、夫の与茂七を殺害させます。動転しているお袖に直助は、仮の夫婦となって夫の仇をとろう、と持ちかけます。

    産後の肥立ちが悪かった姉のお岩は、次第に病にふせっていきます。伊右衛門がそんなお岩を疎ましく思うようになっていたとき、隣人の伊藤喜兵衛の孫、お梅が自分に惚れていることを知ります。

    喜兵衛は伊右衛門に大金を差し出し、お梅との結婚を嘆願しただけではなく、乳母に「顔のくずれる毒薬」を「血の道の薬」と称してお岩に届けさせ、お岩が醜くなるよう仕向けたのです。

    伊右衛門は、士官になることを条件に、お梅との結婚を承諾します。手段を選ばない伊右衛門は、お岩を抹殺することをもくろみます。あん摩師である宅悦にお岩を襲わせ、不義密通を口実に離縁を迫ろうと考えるのでした。

    しかし、計画は頓挫します。宅悦は、喜兵衛から贈られた毒薬により顔の崩れたお岩を見て怯え、伊右衛門の計画を白状してしまいます。お岩は怒り、宅悦ともみ合ううちに刀が刺さり、命を落としてしまいました。

    伊右衛門とお梅は祝宴をあげます。婚礼の夜、伊右衛門はお岩の幽霊に翻弄され、お梅を刺し殺し、喜兵衛までも殺害して逃亡してしまいます。

    お袖は宅悦から、姉お岩の死を知らされ、仇討ちを心に決めます。そして、仇討ちの力添えを条件に直助に身を許してしまいますが、そこに死んだはずの夫、与茂七が現れます。お袖は運命の残酷さを嘆きつつ、夫与茂七と直助の手にかかって死ぬことを望みます。

    お袖の持っていた形見の品を見て、直助は驚愕します。それは実親の形見でした。お袖は直助の実の妹だったのです。直助は妹と契りを結んだことを深く悔やみ、自害してしまいます。

    伊右衛門はお岩の亡霊に悩まされ続けます。全てのものがお岩の顔となり、恐ろしい夢にうなされ続けます。弱り果てた伊右衛門の前に与茂七が現れ、義父左門と義姉お岩の敵、伊右衛門を征伐します。

    あらすじは以上です。

    江戸時代、東海道四谷怪談の初公演では、与茂七が伊右衛門を切り捨てたところで、舞台は忠臣蔵の討ち入りの場面に切り替わり、その演出がとても人気だったと伝えられています。

    ポイント

    • 四谷怪談とは、元禄年間に起きた事件を元にした創作物の総称です。
    • 歌舞伎で人気の演目に「東海道四谷怪談」があります。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計7人評価)

    関連記事

    人気の記事