1ページ 2ページ

お岩さんとは?四谷怪談に登場する主役の女性について知ろう

四谷怪談,お岩さん,歌川国芳
「お岩小平ぼうこん」 歌川国芳作
妖怪

お岩さんとは?四谷怪談の主役の女性

百物語より「お岩さん」葛飾北斎作

「お岩さん」とは江戸時代初期頃に実在した良妻賢母を絵に描いたような女性であったことがわかっています。

しかし「お岩さん」と聞くと、「幽霊になって夫が娶った後妻さんを呪い殺した怨念の女性」というイメージがありませんか。

今「四谷怪談」というと、歌舞伎で人気の演目「東海道四谷怪談」のことをいい、「怨念の女お岩さん」が描かれたのも「東海道四谷怪談」です。

しかし「東海道四谷怪談」が「お岩さん」のオリジナルストーリーではありません。もともとは元禄年間に起きたであろう事件を元に書かれた「四谷雑談集」が起源なのです。

四谷雑談集」のあらすじは、「於岩稲荷」が建てられるまでの異様で不思議なことが起こる原因を語っています。

田宮家の一人娘が適齢期を迎えても結婚できないことから始まります。

四谷に住む江戸幕府お抱えの鉄砲隊員、「田宮又左衛門」には一人娘「お岩」がいました。

残念なことに一人娘の「お岩」は容姿も器量も良くありませんでした。しかし、家を継ぐため結婚相手を見つけなければなりません。そこへ、うだつの上がらない浪人の「伊右衛門」が仲介人から騙されるように婿養子として田宮家に入ります。

「お岩」はめでたく夫を得て、家を継ぐことができました。

ところが「伊右衛門」は「お岩」と結婚した後に自分の「上司の愛人」に心を奪われてしまいます。「伊右衛門」が自分の愛人に夢中なことを知った「上司」は、怒るどころか、「予定外で自分の子供を妊娠した愛人」を「伊右衛門」に押し付けることを思いつき、「伊右衛門」と結託して「お岩」を田宮家から追い出すことを企てます。

夫である「伊右衛門」が他の女性と一緒になるために自分を生家から追い出そうとしていることを知った「お岩」は、発狂してそのまま姿を消してしまいます。

「お岩」が姿を消した後、田宮家に不幸が続き、結局お家は断絶します。さらに、田宮家の跡地には説明のつかない異様な出来事が続いたため、於岩稲荷」が建てられた、という内容です。

夫と後妻さんに復讐を果たす「怨念の女性」として描かれることが多い「四谷怪談」作品の元となった「四谷雑談集」では、女性としても跡取りとしても居場所を奪われ、失意の中姿を消した可哀そうな女性が描かれていたのです。

お岩さんが登場する四谷怪談のあらすじ

東海道四谷怪談 「神谷伊右エ門 於岩のばうこん」歌川国芳作

四谷怪談とは、元禄年間に起きたであろう事件を元にした創作物の総称です。

中でも「四谷雑談集」を元に作られ鶴屋南北の台本で演じられた歌舞伎は有名で、今では「四谷怪談」といえば「東海道四谷怪談」を指すことが定番でしょう。

歌舞伎で人気の演目「東海道四谷怪談」のあらすじをご紹介します。

鶴屋南北作「東海道四谷怪談」

お岩さん,歌舞伎,戸板返し,東海道四谷怪談

歌舞伎「東海道四谷怪談」で有名な戸板返しの場面を描いた浮世絵

浪人四谷左門には2人の娘がいました。姉のお岩浪人伊右衛門に嫁ぎましたが、素行の悪さゆえ、父左門によって実家に連れ戻されます。伊右衛門はお岩との復縁を迫りますが、公金横領の悪事を父に知られることとなり、辻斬りにみせかけて、左門を切り捨てます。伊右衛門は「犯人を探して仇をうってやる」とうそぶき、お岩と復縁します。

一方、妹のお袖も、浪人佐藤与茂七の妻でありましたが、薬売りの直助に言い寄られ、つきまとわれておりました。直助は、お袖をモノにできないことにしびれをきらし、夫の与茂七を殺害してしまいます。(殺害の相手は別人でありました。)動転しているお袖に直助は「仮の夫婦となって夫の仇をとろう」と持ちかけます。

姉のお岩は産後の肥立ちが悪く、次第に病にふせっていきます。伊右衛門がそんなお岩を疎ましく思うようになっていたとき、隣人の伊藤喜兵衛の孫、お梅が自分に惚れていることを知ります。

喜兵衛は伊右衛門に、大金を差し出し、お梅との結婚を嘆願しただけではなく、乳母に「顔のくずれる毒薬」を「血の道の薬」と称してお岩に届けさせ、お岩が醜くなるよう仕向けたのです。

伊右衛門は、士官になることを条件に、お梅との結婚を承諾します。手段を選ばない伊右衛門は、お岩を抹殺することをもくろみます。あん摩師の宅悦を脅してお岩をレイプさせ、不義密通を口実に離縁を迫ろうと考えるのでした。

しかし、計画は頓挫します。宅悦は喜兵衛から贈られた毒薬により、顔の崩れたお岩を見て怯え、伊右衛門の計画を白状してしまいます。お岩は怒り、宅悦ともみ合ううちに、刀が刺さり命を落としてしまいました。

伊右衛門とお梅は祝言をあげます。婚礼の夜、伊右衛門はお岩の幽霊に翻弄され、お梅を刺し殺し、喜兵衛までも殺害して逃亡してしまいます。

お袖は宅悦から、姉お岩の死を知らされ、仇討ちを心に決めます。そして仇討ちの力添えを条件に直助に身を許してしまいますが、そこに死んだはずの夫、与茂七が現れます。お袖は運命の残酷さを嘆きつつ、夫与茂七と直助の手にかかって死ぬことを望みます。

お袖のもっていた形見の品をみて、直助は驚愕します。それは実親の形見!お袖は直助の実の妹であったのです。直助は妹と契りを結んだことを深く悔やみ、自害してしまいます。

伊右衛門はお岩の亡霊に悩まされ続けます。全てのものがお岩の顔となり、恐ろしい夢にうなされ続けます。弱り果てた伊右衛門の前に与茂七が現れ、義父左門と義姉お岩の敵、伊右衛門を征伐します。

あらすじはここまでです。

江戸時代、「東海道四谷怪談」の初公演では、与茂七が伊右衛門を切り捨てたところで、舞台は「忠臣蔵」の討ち入りの場面に切り替わり、その演出でとても盛り上がったようですよ。

「東海道四谷怪談」と「忠臣蔵」の豪華な2本立ては見応えがありそうですね。

では、実際のお岩さんは「東海道四谷怪談」や「四谷雑談集」に書かれたような人物だったのでしょうか。

お岩さんのモデルとなった実在の人物

田宮家の系図

実在のお岩は、鶴屋南北の描いた「怨念の女性」ではありませんでした。お岩の父は田宮又左衛門といい、下級武士でした。田宮家に婿養子に入った伊右衛門とお岩は、仲睦まじい夫婦でしたが、夫の身分が低く貧しかったため、お岩は単身でお金持ちの屋敷に奉公に出ていたといいます。

奉公先で、お岩は身を粉にして働き、近所の稲荷神社に「1日も早く夫と暮らせますように」と参拝を続けておりました。真面目な働きぶりが屋敷の主人に評価され、夫伊右衛門は出世の取り計らいを受け、夫婦は元どおり同居できるようになり、生活も豊かになったというものです。

お岩さんはその後もお稲荷さんを信仰し続け、自宅に社を建立しました。この社が地域住民の信仰の対象となり、今も続く田宮神社の元となったのではないでしょうか?

田宮家の過去帳によれば、2代目伊右衛門の妻で、1636年3月29日に亡くなった女性に、「得証院妙念日正大姉」の戒名が贈られています。この女性がお岩であるとされています。四谷怪談の原本、四谷実録集ができたのが、1727年ですから、お岩の死後約100年もの年月が経っています。

したがって、怨念の女お岩は存在せず、その頃起きた事件と彼女とを重ね合わせて、
創作された作品が、四谷実録集であり、東海道四谷怪談であったのでしょう。

田宮家は5代目で一旦途絶えています。5代目伊右衛門の妻の身に起きた事件に、2代目のお岩を重ね合わせて、四谷怪談の下敷きとしたとの考察もあります。

この事件も芝居ヒットのために、捏造されたという記録もあり、真実はわからずじまいです。しかし、実在のお岩が良妻賢母であったことは、まぎれもない事実であるようです。

当たりすぎると評判の電話占い