石敢當とは?沖縄でよく見る中国発祥の魔除けの石碑を知ろう

沖縄の魔除け?石敢当とは?
沖縄の魔除け?石敢当とは?
琉球神道

石敢當(いしがんとう)とは?中国伝来の魔除けの石

沖縄を散策すると、「石敢當(いしがんとう)」と書かれた石碑や石標を、あちこちで見かけます。

民家の門前に設置されていて目立つシーサーとは違い、何故かT字路や道路の突き当り等の、ただの道端に置いてあることが多く、なんだか地味ですが、気になっている方も多いのではないでしょうか。

中には、家の表札のように見えるタイプもあるので、「石敢當」という苗字なのかな?と勘違いされている方もいるかもしれないですが、けっして人の名前ではありません。

今回は、この「石敢當」の由来や、その正体について、ご紹介していきます。

石敢當の効果

もしかすると、勘付いている方もいらっしゃるかもしれませんが、この「石敢當(いしがんとう)」とは、沖縄に伝えられる魔除けです。

元は中国の福建省より発祥といわれています。

古来より沖縄で信じられている動物の悪霊「魔物(マジムン)」を撃退する役割を果たしています。

信仰心が篤く、先祖の霊を大切にする沖縄人の日常生活にとって、魔除けと厄払いは切っても切り離せないものです。

魔物(マジムン)とは?

「マジムン」!?

この魔物(マジムン)とは、地元沖縄ではポピュラーな存在。数多くの種類があり、上記の通り、総じて南方妖怪系のファンキーな姿をしております。

特に危険なのが動物の姿をした魔物で、これに股を潜られると死ぬと言い伝えられています。なので地元では、決して彼らに股を潜られてはいけないと言われています。

ちなみに奄美群島の一部では、ハブ(蛇)をマジムンと呼んでおり、神の使いとも口承されています。なので、ハブは実在するマジムンといえます。

また彼らは、道を直進する性質があり、道路の突き当りに行くと、そこに取り憑くのだそうです。

そこに魔物退治で名を馳せた中国(後漢代)の強力無双の力士「石敢當」の名を記した魔除けを置く風習(注①)ができた、と云われているわけです。

※注①:中国の石神信仰が由来との異説もあります。

魔物(マジムン)は直進しかできない!?

調べていてちょっと面白かったのが、この魔物(マジムン)は直進しか出来ず、曲がったりバックしたり出来ないのだそうです。そういえば中国の妖怪「キョンシー」もそうだったような、、、そのため、T字路や三叉路に直面するとそのまま家の中に侵入してきます。図の通り、ここに「石敢當」を設置しておけば、魔物はそのまま直進し、当たって砕け散るのだそうです。なので彼らも、この「石敢當」の3文字には相当びびっているとのこと。

その他、魔物(マジムン)トリビア

ちなみに、沖縄の方がくしゃみをすると傍にいる人が「クスケー」と叫ぶ風習があるのですが、実はこれも魔物(マジムン)由来なのでした。

実はこれ、彼らに魂を奪われない為のマジナイです。

なお「クスケー」とは「糞食らえ!」の意。くしゃみをする人に近づいてくる魔物を罵ることにより、追い払っているのだそうです。

やはり、わざわざ魔除けを設置するくらいですから、地元の方々からは恐れられているようです。

この他、沖縄各地に、様々な魔物(マジムン)にちなむ口承やマジナイが存在します。そのほんの一部ですが、ご紹介しましょう。

  • 「アカングワーマジムン」...これは赤ん坊の魔物(マジムン)です。動物型同様、四つんばいで人間の股を潜ろうとする。
  • 「アフィラーマジムン」...片足のないアヒルの魔物(マジムン)。重病人が化けた霊ともいわれる。とある沖縄市内の学校近郊にある谷底に、現われたといわれています。とある現地人が、夜中にアフィラーマジムンに遭遇して、股を潜ろうと近づいてきたそうです。追い払おうと石を投げてみたところ、無数のホタルとなって周りを飛び交い、鶏の声をあげて、消え去った。
  • 「ミシゲーマジムン」...しゃもじの魔物(マジムン)。古くなった道具が、このような霊になるそうな。神道の八百万神を思わせます。
  • 「牛マジムン」...伝承では、ある空手家が壮絶な闘いの末、角を折って組み伏せたが、そのまま空手家も疲労の為、気絶したそうです。朝起きてみると、折った角が龕の飾り物になっていたという。
  • 「ウワーグワーマジムン」...お次は豚の魔物(マジムン)。夜道に現われる。男女カップルで夜道を三線を弾きながらが遊ぶ「毛遊び(もうあしび)」の最中、そこに他の人が参加する際、人間かブタの魔物かを見分ける為に「ウワーンタ(豚武太)、グーグーンタ(グーグー武太)」と問いかけて、ブタの魔物なら逃げ出すとのこと

石敢當の画像一覧

それではお待ちかね。沖縄本島、および周辺諸島に点在する様々な石敢當をご紹介していきます。

この石敢當はとても有名なものです。このアングルで写真を撮る観光客が後を絶ちません。

これは喜界島にある石敢當ですが、かなり変わった形をしています。パカっと開けば、水道メーターが出てきそうな形です。

これは石敢當の中にシーサーが住んでいる、実に縁起が良いタイプです。ダブルの超強力な魔除けパワーで、魔物もイチコロでしょう。

ひとえに石敢當といっても、実にいろんな種類に富んでいるのです。これは窪んでいるタイプ。

レアなケースの石敢當

これは文字は見当たらないし、ぱっと見、何か別の石飾りのように見えますが、、、

なんと、これも立派な石敢當とのこと。

きちんと法に適った場所に設置していれば魔除けになるのだそうです。石の下にある台座がポイントで、これの有無で石敢當か否かが判るとのこと。

なお「石敢當」の文字が刻まれているお馴染みのデザインは比較的新しいもので、はじめの頃は、このように自然石を台座にゴロと乗せただけの、素朴なものだったのだそうです。

石敢當がある地域

中国発祥のこの「石敢當」。沖縄本島、および周辺諸島には多く点在していますが、日本にもあるものなのでしょうか?調べてみるとWikipediaに以下のような記述がありました。

日本では、沖縄本島を中心に、周辺諸島に数多く点在している。また、薩南諸島奄美群島を含め、鹿児島県にもかなり存在する。沖縄県、鹿児島県以外の日本全国にも分布するがその数は少ない。小玉正任はその著書で、鹿児島県、1153基、沖縄県は、きわめて多数としており、色々の統計を総合して、1万基であろうか、としている。

石敢當」は沖縄の他、九州の鹿児島県にも多くあるようです

これには昔、琉球王国が、薩摩藩の島津氏への服属していたという歴史的背景があります。

都心近郊にも「石敢當」があった!

しかし更に調べていくと、意外なところにも「石敢當」がありました!

実は川崎駅は、知る人ぞ知る石敢當スポット。上記の石敢當は、駅前の川崎駅東口に堂々と建立しています。

石敢當の裏面に、由来書が書かれてありましたので、まるごとご紹介いたします。

由来書
昭和41年9月、沖縄諸島は数次の台風に襲われ甚大な被害を受け、なかでも宮古諸島は蘇鉄地獄といわれるほどの悲惨な状況でありました。川崎市議会は超党派で救援を決議し広く全市的救援活動を展開しました。この碑は救援活動の返礼として宮古島特産の名石トラパーチンに石敢當を刻み贈られたものであります。石敢當は古代中国の強力無双の力士の名前で、この3字を刻んで三叉路や丁字路等に建て厄除けとする習慣が伝承し、沖縄、南九州地方に及んでおります。ここに、川崎市と沖縄を結ぶ友好親善と文化交流の絆として石敢當を建て、市民の交通安全を祈るものであります。

昭和45年9月1日 川崎市長 金刺不二太郎

また、これも調べて分かった意外な事実だったのですが、川崎市は沖縄出身者が多くいらっしゃる市なのだそうです。

これは遡ること大正時代、多くの沖縄出身の女工さんが川崎の会社に招かれたことに由来しています。爾来、川崎市と沖縄は親交を温めているのでした。

石敢當のまとめ

何気なく目にしていた「石敢當」でしたが、詳しく調べてみると、けっこう恐い話もチラホラと出てきました。

沖縄の方々は、先祖の霊へ、敬いの念をおろそかにしません。家には火の神(ヒヌカン)祀られてあり、不幸が続いたり、悩みごとがあれば、先ずユタへ相談に行きます。

家を建てるときも、沖縄人は住みやすさよりも、風水や家相を優先します。なので不吉な方角や家相になっている部分に、石敢當を設置するのだそうです。

最近は、デザイン性の高い現代風のものに変わりつつありますが、あちこちで見かけるシーサーはもちろん、石敢當の魔除けも、ただの飾り物ではなく、已然として大切な役割を担っているのでした。

石敢當は、私たちを沖縄のディープな魔除け文化へいざなう、水先案内人なのです。

石敢当へのコメントはこちらへどうぞ

沖縄のスピリチュアル書籍や石敢当の置物はこちら