>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

第六感とは?五感を超えて「物事の本質を掴む心の動き」について解説

第六感とは?五感を超えて「物事の本質を掴む心の動き」について解説

あなたは、「第六感」を信じますか?もともと私たちが生まれながらに持っている感覚は、「五感」で、日々当たり前のように使っているものです。そして、その五感を超えた直観的に本質を掴む力を第六感といます。この記事では、「第六感」について、第六感が鋭い人の特徴や、鍛え方、診断方法など詳しく解説いたします。

    第六感とは?五感を超えて本質を掴む力

    Photo bydarksouls1

    もともと私たちが生まれながらに持っている感覚は五感とよばれます。五感は「視覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」から成り立っています。その五感とは異なる感覚・第六感とは「理屈では説明し難い、直感や物事を見通す心の働き」です。何か特別な、選ばれた人間だけが持っている超能力のように捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、本来誰しもが備えている能力で、シックスセンスとも言われます。

    たとえば、「虫の知らせ」という言葉があります。これは「何か良くないことが起こりそうだ」と感じ取ったり、「この出来事は、後々に起こる大きな事件の前兆ではないか」と思ったりすることを意味します。ブレスレットが突然横断歩道前で切れたので拾うために立ち止まったら、渡るはずだった横断報道で車の事故が起きた、花瓶が倒れた直後に家族が事故に会った知らせが来た、などが「虫の知らせ」の一例です。

    「偶然という言葉では片付けられない何か」を感じる瞬間は、誰しも経験があるのではないでしょうか。

    この記事では五感を超えた、本質を掴む力「第六感」についてご紹介していきます、第六感が鋭い人の特徴や、鍛え方診断方法など詳しく解説いたしますので、ぜひご一読ください。

    2019年に発表された「第六感」に関する報告

    Photo byqimono

    カリフォルニア工科大と東大の共同研究チームによる「人間の磁気を感じる能力」についての研究が、2019年3月19日、米科学誌『eNeuro』にオンライン公開されました。

    人間には磁気を感じる能力、すなわち五感以外の能力に関しては不明とされいました。しかし、この研究では、地磁気を遮断した部屋で34名の男女に磁気刺激を与えたところ、無意識に磁気の向きに応じて異なる脳波が出る結果となりました。このことから、人間にも渡り鳥やミツバチのように、地球の磁極(S極・N極)を感じ取る能力があるという結論に至りました。

    霊感も第六感に含まれる?

    第六感は「直観」や「ひらめき」と表現されることもありますが、「第六感≒霊感」と言われることもあり、この2つはとても繋がりが深い関係にあります。

    霊感の強い人は日常生活で使用する五感の感覚が敏感です。逆に、五感が鈍いとその先にある第六感まで感じることが難しくなります。普段から感覚が研ぎすまされていると、感受性も高くなり、それに伴って霊感も鋭くなる傾向があります。

    第六感の特徴

    Photo bygeralt

    まず第六感を感じる場所ですが、それは額の真ん中にあり「第三の眼(サードアイ)」と呼ばれています

    その目で見て、感じることが「第六感」の特徴です。つまり通常の目では見えない物を見るように感じるということです。

    思考を介さず、感覚だけで感じるので、理屈や論理で説明しがたい世界ですが、昔の人は危険を避ける為に日常的に使っていたといいます。第三の眼は脳にある松果体という内分泌器と関係があるといわれており、自然界に生きる野生動物なども危険を回避する為に、本能的にその能力を使っているのです。

    第六感が鋭い人の特徴

    第六感が鋭い人の特徴をいくつか解説致します。あなたは当てはまっているでしょうか?

    1.人の気持ちを察するのが得意
    人の表情や雰囲気、仕草などを見ただけで、相手が言葉に出さなくても思っていることや感じていることが分かります。相手の微妙な変化にも気付きやすく、心の変化を敏感に感じ取ります。第六感が鋭い人というのは、何も言っていないのに、人の気持ちを見抜いてしまう能力を持っているのです。

    2.危険を察知できる 
    「未来予知」、「デジャブ」、「虫の知らせ」などといいますが、未来に起こる良くないことを感じとり、それを回避する行動をとれるということは、第六感の働きが鋭いからです。第六感が強く発達している人は、危機管理能力が優れている人です。

    3.幸運に恵まれやすい
    第六感がある人は、危険を察知できるだけではなく、例えば宝くじで当選するなど、思わぬ幸運が舞いこむ可能性を持っている人です。第六感が鋭いと危険なことに事前に近づかないので、自然に幸運を引き寄せることにつながるのです。

    4.先入観を持たない
    先入観を持たないことで、物事をありのままに見ることができ、さまざまな情報を客観的に整理できることに繋がります。先入観を持たずに物事を受け止めることができるため、思い込みで誤った判断をすることが少ない人です。

    第六感の鍛え方

    Photo byKELLEPICS

    第六感は誰にでもあるものだと説明しましたが、では、なぜ使えていない人が多いのでしょうか?その理由の一つは、現代社会の生活が便利になりすぎたことにあります。

    いつでもどこでも、検索すれば分からないことがなんでも調べられる環境です。昔は体験しなければ分からなかったことでも、今ではネットで検索すれば、いくらでも情報を得ることができ、体験した気になってしまいます。

    それでは、感覚がどんどん鈍ってしまいます。「知っている」のと、「経験したことがある」のとでは大きな差があり、感覚のレベルを上げていくためには、自分で感じることが大切になります。

    ここでは、第六感の鍛え方について詳しく解説いたしますので、見ていきましょう。

    まずは五感を鍛える

    第六感を鍛えたいなら、まずは基本となる五感を鍛えることから始めましょう。これにより脳が活発に動き、第六感を刺激してくれます。

    よく見る、耳を澄ませて聞く、香りを嗅ぐ、触って手触りを確かめる、食材をしっかりと味わう、五感すべての感覚を研ぎ澄ませながらやってみてください。身体中の感覚、感性を研ぎ澄ませることが、第六感を鍛えることにつながるのです。

    自然の中で心と体をリセットする

    海や山、空といった自然の中で、心が落ち着いたり、感覚が澄み渡ったりした経験はありませんか?自然の中で五感を解放すると、日頃蓄積されたストレスが軽くなり、肉体的な疲れも癒すことができます。

    例えば、風の音や鳥のさえずりに耳を寄せたり、自然の中で美しい景色を眺めたりといったことです。心身がリフレッシュできると、それにより感覚が研ぎ澄まされていくので、第六感を鍛えるのに適しています。山や海などに行き、自然の中に身を委ねることで、帰る頃には感覚がアップしているかもしれません。

    子どもの感覚を思い出す

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計15人評価)

    関連記事

    人気の記事