納税しないと逮捕されちゃうよ 斎藤一人さんの税金に対する考え方

斎藤一人さん

納税しないと逮捕されちゃうよ 斎藤一人さんの税金に対する考え方

斎藤一人 高額納税

高額納税者はしっかり納税しないと逮捕される

斎藤一人さんは毎年30億円以上稼ぎ年間数十億円の税金を支払っています。

日本では累進課税なので、高額の所得を得るとほぼ半分が納税の対象になってしまうのでお金持ちは大変です。

また、うっかり申告忘れをしてしまったり、会計に嘘があると、行政指導が入り、悪質な場合は逮捕されてしまうこともあります。

かつて、斎藤一人さんが(たぶん震災の後でしょうか・・・)どうせ税金を払うのなら住民税は復興で大変な東北の都道府県に納めたいと思い、税務署の人に確認した上で住民税を納税しようとしたところ、税務署の別の人が「なにか怪しいことがあるのでは」と勘ぐり、税務署の確認をとったにもかかわらず逮捕されかけたことがあるときいたことがあります。

幸い逮捕にはならなかったのですが、高額納税者にとって、きちんと納税することは逮捕されないためにも(自分の身を守るためにも)とても重大なことなのです。

斎藤一人さんの税金にたいする考え方

節税をするため、会社の経費で車をかったり、交際費をたくさん使ったりと、会計上の売上を低く見せようとする経営者も

たくさんいますが、斎藤一人さんの考え方はそうではありません。

逆に納税をゲームにしてしまい、納税額で一番を目指すことを目標にしたのです。

毎年長者番付にのる一人さんをみて、多くの人が関心を持ち、納税がかえって銀座まるかんの宣伝になったのです。

すこし下品なたとえかもしれませんが、税金とは自分にとってウンチみたいなものだと一人さんはおっしゃっています。

「税金とはウンチみたいなものなの。いっぱいウンチを出さないと食べれないのといっしょで、出るものを出さないと、新しく入らなの」

斎藤一人さんの納税額と総資産

長者番付の制度(高額納税者公開制度)が2002年で終わってしまったので、現在で正確な収入はわかりませんが、

2016年現在、総資産は400億弱、年収は30億くらいではないかと推定されます。

公開された情報で、2001年までに納めた税金は国税だけで約138億円。やっぱり斎藤一人さんは流石です・・・

以下、斎藤一人さんの納税額の推移(2001年まで)
1993年 4位 16億3733万円

1994年 5位 11億1573万円

1995年 3位 13億6101万円

1996年 3位 10億5869万円

1997年 1位 33億2432万円

1998年 3位 17億7717万円

1999年 5位 12億2071万円

2000年 9位 10億8268万円

2001年 6位 12億4146万円

日本の税金は高く、しっかり納めることは大変ですが、逮捕されないためにも斎藤一人さんの考え方を取り入れ、ゲーム感覚で支払ってみましょう。

きっとついてることが起きますよ♪