永平寺の修行とは?修行の内容や期間、厳しさについて解説

永平寺, 修行, 歴史
永平寺を代表する勅使門は江戸時代に建てられた
仏教

永平寺の修行とは?日本一厳しいとも言われた修行

永平寺, 修行, 厳しい, 人生, 得るもの

厳しいことで知られる永平寺の修行だが、その分得られるものがある

あなたは人生をこれといった悩みもなく順風満帆に生きていますか?このように聞かれると、多くの方が「いいえ」と答えるでしょう。特に現代社会では、人生の意味や目的について悩んでいる方やご自分の価値がどのようなものかで悩む場合も少なくありません。

もし、人生の中で深刻な悩みを抱えているのであれば、永平寺での修行を提案いたします。永平寺での修行は日本で一番厳しいとさえいわれていますが、深い山中にある永平寺での修行を通じて何らかの得られるものがあるでしょう。

さて、永平寺といっても名前はかろうじて聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか?永平寺とは福井県吉田郡永平寺町の山中にあるお寺で、鎌倉時代に起こった仏教宗派の1つである曹洞宗の大本山となっているところです。

曹洞宗は禅宗(煩悩から解放のために座禅を修行に採用している宗派)の1つとして知られていますが、実は禅宗は海外からも「ZEN」として、人生をありのままに生きるための方法として注目されています。もし、人生に深い悩みがあるのであれば、ぜひとも永平寺での修行について知って、人生をより良いものにするきっかけとしてみませんか?

永平寺の修行の歴史

永平寺, 修行, 歴史

永平寺を代表する勅使門は江戸時代に建てられた

曹洞宗の大本山である永平寺での修行ですが、実は鎌倉時代以来800年もの長い歴史を持っています。ここではまず、永平寺の修行がどのような歴史を刻んできたのかを見ていきましょう。

永平寺を開いた道元禅師

永平寺, 修行, 歴史, 道元

道元が座ったといわれる座禅石(吉峰寺)

永平寺を開いたのは日本の曹洞宗の開祖となった道元(1200~53)です。彼は武家でも名門とされる家柄の生まれでしたが、幼いころに両親を亡くしたために13歳で比叡山延暦寺に入って、修行に励むようになりますしかし、修行の日々の中で天台宗の教えに疑問を抱くようになったため、答えを求めて比叡山を下り中国へ渡りました。

中国へ渡った道元は曹洞宗の僧である天童如浄禅師のもとで修行に励みます。そこで如浄禅師が唱える、ひたすら座禅を続けて悟りに至る「只管打座(しかんだざ)」の方法を通じて悟りを得た末、日本に曹洞宗を持ち帰りました。

帰国後は京都で布教活動を行い、その活動が軌道に乗ります。しかし、比叡山延暦寺の迫害にあって活動が滞る事態に直面しました。そんな折、越前(現在の福井県)の武士で、道元の信徒であった波多野(はたの)義重の依頼で越前に向かい、間もなく永平寺を開くことになりました。そして、永平寺は京都の総持寺とともに曹洞宗の総本山となっていきます。

なお、「永平寺」という名前は、中国の漢王朝の時代に仏教が伝来した当時の元号である「永平(西暦58~75)」(永久の和平という意味)が語源です。そこには、本来の仏教の教えに立ち返り広めたいという道元の願いが込められています。

編集部
曹洞宗と同じ禅宗である臨済宗では公案という修行方法がありますが、詳しくはこちらが参考になります。

禅問答(公案)とは?その意味を例を挙げて解説!禅問答から人生のヒントを得よう!

2018.05.24

永平寺、波乱の歴史の中で

永平寺, 修行, 歴史, 道元以後

道元以後の永平寺は激動の時代の渦中に

1253年、永平寺を開いた道元が亡くなると、彼の後を継いだ歴代住職によって境内が整備されていきます。しかし、その後、室町時代の南北朝の争乱や応仁の乱の戦火によって境内にあった建物が焼かれるなど、激動の時代の影響を直接受けたこともありました。

一方で、永平寺は天皇から曹洞宗第一の道場とみなされるなど、時の権力者の庇護の対象になっていくようになります。さらに、江戸時代には江戸幕府や越前福井藩主である松平家の援助のもとに戦火などで焼かれた建物の再建が進みました。現存する永平寺の建物や門はいずれも江戸時代以降に建てられたものです。

永平寺、国内外からも注目の的に

永平寺, 修行, 今日, 観光地

仏道修行の場としても観光地としてもにぎわう今日の永平寺

永平寺は明治時代以降にも火災による建物の消失と再建とを繰り返しましたが、昭和に入ってから観光地としても注目されるようになり、多くの観光客が訪れるようになります。ただし、修行の道場としては道元の時代以来変わることなく脈々と受け継がれており、修行内容も創建当時のままです。

1980年代以降は国際化の進展や、海外でも多くの方から禅が注目されるようになったこともあって、海外からの訪問者も増えるようになりました。アップルの創業者でCEOだったスティーブ・ジョブズも永平寺への参拝を願っていたほどです。

このように現在の永平寺は、国内のみならず海外からも禅修行の一大道場として注目されています。