>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

永平寺の修行とは?修行の内容や期間、厳しさについて解説

永平寺の修行とは?修行の内容や期間、厳しさについて解説

禅宗として知られる曹洞宗の大本山が福井県にある永平寺です。永平寺では多くの雲水が日常生活全般に至るほどの非常に厳しい修行を行い、悟りの境地を目指しています。また、永平寺は日本でも数少ない修行体験ができるところで、修行体験を通じて新しく人生を歩むきっかけになったという方も少なくありません。今回は非常に厳しい反面、人生の新境地を見出すとされている永平寺での修行について見ていきます。

    永平寺で修行体験ができる

    永平寺, 修行, 体験

    永平寺では一般人も修行体験ができる

    ここまで見てきたように永平寺での修行の内容は、一般の人にはとてもついていけないような厳しい内容が目立つものです。しかし、一方でその厳しさゆえに得られるものがあるということで定評もあります。

    そして、実は永平寺では一般の人向けに修行体験のプログラムを用意されており、毎年多くの悩みを抱えたり人生で大きな課題を背負ったりしている方たちが参加する場です。ここからは、永平寺での修行体験についてご紹介していきましょう。

    永平寺の修行体験は2つの日程がある

    永平寺, 修行, 体験, 簡略化, 本格的

    永平寺での修行体験は簡略化したものも本格的なものもある

    まず日程についてですが、1泊2日のものと3泊4日のものの2つがあります。

    1泊2日の場合は3拍4日のものに比べると非常に簡略化されており、曹洞宗の修行道場としての永平寺の雰囲気を身に感じる意味合いが強いといえるでしょう。

    一方の3泊4日の場合は、期間中の過ごし方も実際に永平寺で修行に励む雲水と同じです。つまり、毎朝3時半に起き、日にそれぞれ3度行う座禅と勤行や、日2度行う作務をきちんと行い、食事など日常生活についても雲水たちと同じ水準の作法に基づいて過ごします。

    このため、実際に修行に励む雲水と同じ立場を体験することになるため、本人から参加の意思が示されることが何よりも重要です。なお、3泊4日の日程の場合、体調不良で脱落者が出る場合もあるくらいのやや厳しめの内容となっています。それでも後で見るように女性や子供でも安心して参加できるくらいの厳しさのレベルといっていいでしょう。

    上記の理由があるためか、1度につき15人の応募枠に対し応募者が多いという特徴もあります。修行体験をきっかけにして自分自身の心や生活態度を改めることができるという点や、全国の寺院でも数少ない修行体験ができるという点人気の秘密といえるでしょう。

    永平寺の修行体験は女性や子供でも可能?

    永平寺, 修行, 体験, 女性, 子供

    永平寺での修行体験は女性や子供も安心して参加できる

    なお、永平寺の修行体験については女性や子供であっても参加は可能です。修行は多少の厳しさはありますが、指導に当たる雲水も優しさと誠実さでもって接することや女性や子供でもこなすことのできる水準のプログラムとなっているため、何ら心配する必要はありません。

    ただ、先ほども書きましたが修行体験の中で体調不良を理由に脱落する方もたまにいるため、持病があるという方は申し込みの際に相談した方が良いでしょう。

    修行体験を申し込む先は?

    永平寺, 修行, 体験, 申し込み, 電話

    永平寺での修行体験の申し込みはまずお電話から

    永平寺での修行体験を申し込む場合は、まず永平寺の担当窓口(TEL:0776-63-4361)に電話連絡して仮申し込みするところから始まります。仮申し込みでは、希望の日程を担当の方に伝えましょう。

    そして、仮申し込みが終わりましたら、永平寺から応募用紙を郵送もしくはFAXが送られてきますので、必要事項を明記したうえで返送しましょう。ちなみにインターネットでの申し込みはできません。

    なお、参禅恩金(いわゆる参加費)は1泊2日の場合は1万円、3泊4日の場合は2万円です。

    永平寺の修行についてまとめ

    永平寺, 修行, 人生

    人生を見つめなおしたいのであれば永平寺の修行はおすすめ

    鎌倉時代に起こった曹洞宗の総本山で、全国でも数少ない修行体験ができる永平寺は800年の歴史があるものの、今でも悟りの境地を目指すための厳しい修行が行われています。その厳しさは日本一とさえいわれていますが、それにもかかわらず毎年多くの悩める人が門をたたいて雲水としての修行に臨むことで有名です。

    また、一般人でも修行体験に応募する方は非常に多く、日程を終えた後でそれまでとは新しい人生を歩むきっかけとしているという意味でも、永平寺の修行は意義あるものとされています。もし、人生に疲れや行き詰まりを感じていたり、大きな苦しみを抱いていたりするということであれば、永平寺での修行を体験してみると良いでしょう。

    編集部

    編集部

    最後に、座禅とよく似ていて、最近注目されている瞑想法としてマインドフルネスもご紹介しておきましょう。

    編集部

    編集部

    また、曹洞宗と同じ時期に出現した鎌倉新仏教の教えについては、こちらの書籍もおすすめです。

    Original

    鎌倉新仏教の誕生―勧進・穢れ・破戒の中世 (講談社現代新書) 鎌倉新仏教の成立―入門儀礼と祖師神話 (中世史研究選書)

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事