LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

斎藤一人さんとは? 銀座まるかんの創業者・斉藤ひとりさんについてどこよりも詳しく解説!

斎藤一人さんとは? 銀座まるかんの創業者・斉藤ひとりさんについてどこよりも詳しく解説!

斎藤一人(さいとうひとり)さんとは、推定総資産400億円、平均年収30億円の高額納税者です。
斎藤一人さんはどのようなビジネスを行っているのか、またどのようにそんな仕組みを思いついたのか、詳し解説しています。
おすすめの斎藤一人さんの書籍や、youtubeも紹介。

記事の目次

  1. 1.斎藤一人さんとは誰?
  2. 2.斎藤一人さんのビジネスモデル
  3. 3.口コミを最大限に活かした斎藤一人さんの戦略
  4. 4.銀座まるかんの商品
  5. 5.斎藤一人さんの素顔
  6. 6.斎藤一人さんの家族・友人
  7. 7.斎藤一人さんは宗教?
  8. 8.斎藤一人さんと神様 あめのみなかぬしの神
  9. 9.さいとうひとり公式ブログ
  10. 10.斉藤一人 生成発展塾
  11. 11.おまけ 斎藤一人さんのお話
編集部

編集部

youtubeに膨大な量の音声がアップロードされ、書店でも専用コーナーがあるほどたくさんの本が並ぶ斎藤一人さんとはいったいどのような人物なのか? アマテラスチャンネルが詳しくお伝えいたします

斎藤一人さんとは誰?

Photo byzzzvector

書店やyoutubeなどでよく見かける「斎藤一人さん」という名前。一体斎藤一人さんとはどのような人なのでしょうか?
この記事では斎藤一人さんがどのような人で、どんなビジネスを行っているのか、考え方やエピソードも交え、詳しく解説していきます。

日本一のお金持ち 斎藤一人さんプロフィール

斎藤一人 (さいとうひとり) ※斉藤一人と表記する場合も
本名…斎藤一人(さいとうかずひと)であるという説もあります。

生年月日…1948年8月3日(71歳) 昭和23年生まれ
出身地…東京・新小岩
血液型…?
身長…165〜

服装…全身黒の服が多く、胸元に大きなチャームのついたネックレスをしている
事業内容…健康食品販売・著述家

Photo by5138153

斎藤一人さんの経歴

学歴は中卒。
中学卒業後に数々のアルバイトをしましたが、20代前半に健康食品を作るビジネスを始め、すぐに大成功されたようです。

斎藤一人さんは新小岩の裕福な家に五人兄弟の末っ子として生まれるが、幼い頃から病弱で医者からは20歳まで生きられないと言われていた。自身の健康を改善するために漢方の知識を独学で学び青汁の試作品をつくる。青汁を近所に配ったところ良く効くと評判になり、それがそのまま今日のビジネスに発展する。

斎藤一人氏はテレビなどのメディアには一切顔を出さないが、

1997年に出版した処女作『変な人の書いた成功法則 』(総合法令出版→講談社)がベストセラーとなり、著作家となる。

さらにその後に出した書籍もそのほとんどがベストセラーとなり、精神的、物質的な豊かさを実現するための考え方は多くの人の指示を集めている。

1993年から高額納税者公開制度の終了する2001年までに納めた税金は138億円を超え、平均年収は30億円、2016年の推定総資産は400億円と、斎藤一人さんはまさに桁違いのお金持ちである。

斎藤一人さんのビジネスモデル

斎藤一人さんは実は自営業者

斎藤一人さんは漢方を取り入れた健康食品の販売で高額納税者になりましたが新小岩に所在地がある「日本漢方研究所」・「銀座まるかん」本社は、5人しかスタッフがおらず、全員がパートなので、実際は斎藤一人さんの個人営業の屋号だということです。

(パートとはいえ、全員が金のロレックスをしていて、斎藤一人さん自身パートの人たちのために会社の所在地を新小岩から動かさないということなので、決してブラック企業だとかそういうことはないようです。)

銀座まるかんのフランチャイズ戦略

斎藤一人さんの経営する銀座まるかんには販売代理店制度があり、一種のネットワークビジネスの様相をなしています。

組織構造は一人さんの10人のお弟子さんを各地域のトップとするピラミッド構造で、以下のような組織構成です。

・斎藤一人さん(銀座まるかん本社)

・各都道府県を担当する10人のお弟子さん(社長)

・各地域の特約店(代理店)

特約店は各地域を管轄する社長の「隊」に所属することになっており、たとえば京都ならまゆみ社長の隊に属すると言う意味で「まゆみ隊」と呼称されます。

銀座まるかんはフランチャイズを採用しているので人件費や店舗の家賃を極限まで少なくすることができ、なおかつ商品のサプリメントは消費のサイクルが速いので、他の代理店ビジネスとして代表的な保険営業などにくらべて採算効率が良く、かつリピーターがつけば口コミでお客さんが増えるのでとても合理的なビジネススキームを採用しているといえるでしょう。

(※注意:銀座まるかんは二次代理店をもうけていない、つまり特約店の下に特約店をつくったり、強制的な毎月の仕入れのような営業ノルマがないので、斎藤一人さんは詐欺まがいのマルチ商法や◎ムウェイなどのネットワークビジネスとはちがいます

※斎藤一人さんの扱う商品や、広告戦略は次のページへ(続く↓)

次へ
https://spidoor.jp/p.php?pr=acjb22&i=45&ac=on

人気の記事