1ページ 2ページ

丑三つ時とは何時のこと?幽霊が出ると言われる時間帯の意味や由来を解説

丑三つ時,何時,意味,由来
丑三つ時とは何時のこと?幽霊が出ると言われる時間帯の意味や由来を解説
不思議な話

丑三つ時とは?午前2時~2時30分を指す

丑三つ時,とは,時間

丑三つ時とは、闇の時間

 

丑三つ時とは、午前2時~2時30分のたった30分の時刻の事を指す言葉です。

「草木も眠る丑三つ時」という言葉を聞いた事はありますでしょうか。

この言葉は、人や動物、草木までもが眠り、静まりかえった時間帯という意味です。

その文面からは、少し不気味な印象を受けます。

生きているものたちは皆寝静まり、魑魅魍魎が一際活発になる時間帯です。

昔から丑三つ時は、幽霊の目撃談が後を絶ちません。

それは丑三つ時が、方位での鬼門の方角にあたる艮(うしとら)の時刻だからです。

そのため、鬼門が開き死者や魔物が現れる時間とされています。

 

丑三つ時の由来

丑三つ時,由来,意味

なぜ不吉な時間とされているのか

古くから日本では、月や時間、方角などを表すのに「十二支」を使ってきました。

今となっては、「十二支」と聞けば今年の干支などの1年ごとに決められた十二支の生き物をイメージする位ですね。

現代では関りの薄いこの「十二支」は、昔の日本では当たり前のように様々なものに使用されてきました。

その中で、時間も「十二支」を使って表されてきました。

十二時辰(じゅうにじしん)」と呼ばれる時間の表し方で、1日をおよそ2時間ずつの12の時辰に分ける方法です。

この時間の表し方で、現代の「午前2時~午前2時30分」を当てはめると、「丑三つ時」と呼ばれる時間帯になるのです。

「丑三つ時」という言葉からも分かるように、この時間に当てはまっている十二支の生き物は「丑(うし)」です。

では、何故この「丑三つ時」が不吉な時間とされるようになったのでしょうか。

それには、「十二支」を当てはめた方位と、陰陽道の思想が関係してきます。

陰陽道とは、古代中国の陰陽五行説に基づいて、人の吉区を判断したりする一種の学問です。

陰陽道の考えでは、「北東」の方角が「鬼門」とされています。

「鬼門」とは鬼がやってくる方角であると考えられていたそうです

現代でも風水などで、「鬼門」という言葉を耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。

あまり風水に詳しくない方でも、家を建てる際「鬼門」の方角だけは、特に気を使って部屋の配置を考える場合が多いと思います。

不吉な方角とされているこの「鬼門」ですが、十二支を当てはめた昔の方角の言い方では、「艮(うしとら)」の方角と呼ぶそうです。

「艮(うしとら)」とは、「丑(うし)と寅(とら)」の間の方位の事です。

そして、十二支を使った時間の表し方で丑と寅の間の時刻と言えば、丑三つ時です。

つまり、方位上で「鬼門」とされている方角を十二支時辰での時間の表し方になぞらえると、丑三つ時は「鬼門」の方角にあたるという事です。

鬼がやってくる鬼門の方角に当てはまった時間ですから、魔の時間と考えられていたようです。

 

丑三つ時に幽霊が出ると言われる理由

丑三つ時,幽霊,理由,呪い

何故、丑三つ時には幽霊が出やすいのか

怪談話などでも、よく「丑三つ時」という言葉を耳にします。

実際に「丑三つ時」に霊が出やすいのかは判明していませんが、私も以前、丑三つ時に霊を見た事があります。

金縛りにかかり、薄っすら目を開けると足元の方に黒いぼんやりとした影が立っていた事があります。

目を瞑り、もう一度開けると影は消えていましたが、ふと時計を見るとちょうど「丑三つ時」に当たる時間帯でした。

何故「丑三つ時」に幽霊が出るのかはっきりとした理由は分かりませんが、それらしい理由は諸説あるようです。

鬼門と重なる不吉な時間だから幽霊が出やすいというのもありますが、幽霊を見るためには霊感がなくては見れません。

ですが、霊感がないと思っていても、ふとした時に見てしまう事があるようです。

「丑三つ時」は人の潜在意識が最も強まる時間で、普段は使っていない感覚が敏感になる時間帯なので、人間の方も幽霊を見る体制が整ってしまっている、と言えそうです。

また、「丑三つ時」はかなり暗い時間帯です。

そんな暗さの中で、「幽霊を見たらどうしよう」「暗くてよく見えないけれど、今何か動いた気がする」などと、思う事によって、無意識の内に、昼間は気付かないものに気付いてしまう事があります。

幽霊が出やすいというよりも、人間の方が幽霊に最も気付きやすい時間帯、という印象を受けます。

何が正解なのかはもちろん分かりませんが、幽霊に会いたくなければ「丑三つ時」はぐっすり眠っていた方が良さそうです。