>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

赤口とは?六曜における凶日の日を知ろう

赤口とは?六曜における凶日の日を知ろう

カレンダーや手帳の日付には、暦注が書かれていることが多くあります。その中の一つ「赤口」とはどのような意味があり、どのような日なのでしょう。ここでは、赤口の意味や気を付けたい事など赤口について詳しく解説しています。この記事を読んで、日本古来の暦に書かれた暦注の意味を知ってみましょう。

    赤口(しゃっく)とは?六曜における凶日

    赤口,意味,読み方,六曜、とは,結婚式,お祝い

    赤口は六曜における凶日

    赤口とは何か知っていますか?カレンダーや手帳を見ると、日付の下に「大安」や「仏滅」といった暦注が書いてあるのを目にしたことがあるかと思います。赤口はその中の一つです。

    大安や仏滅は気にしたことがあっても、赤口に気を留めなかった人は多いかも知れませんね。

    また、赤口という文字が書いてある事は知っていても、その意味まで知っている人はあまり多くないでしょう。

    実は、仏滅の次に運気が悪い日といわれ、赤口にはお祝い事などを避ける人も多いのです。

    そこで今回は、赤口とはどんな意味があるのかを詳しくお話していきます。

    六曜とは

    カレンダー,手帳,六曜

    最近のカレンダーや手帳には六曜の書かれていないものも多い

    赤口の話をする前に、まず六曜についてお話ししましょう。

    最近のカレンダーや手帳には六曜の書かれていないものも多いので、六曜を知らない人も多いかと思います。

    六曜とは、暦(こよみ)に記されている、大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅の6つの暦注のことで、その日の吉凶や運気を表す物です。

    もとは中国が発祥で、日本には鎌倉時代末期から室町時代に伝わったとされ、初めは主に勝負事や賭け事の運を占う時に使われていました。

    それがしだいに、日時や方位の吉凶や運気・お祝い事や仏事などの行事において占い的に使われるようになりました。

    江戸時代には、庶民の間でこの暦注による占いは大流行したと言います。

    明治時代には、吉凶を占う暦注は迷信で信憑性のないものだとして政府により一時廃止されましたが、六曜の起用を希望する声が強く、第二次世界大戦後に再び広く使われるようになり現在に至ります。

    しかし、六曜は迷信でしかないという明治政府の考えをそのまま引き継ぎ、行政では未だ暦やカレンダーに六曜が記されていないものが取り入れられています。

    赤口とは

    赤口,何もしない方がいい日

    赤口は「何もしない方がいい日」とされています。

    六曜日ついてはお分かりいただけましたか?の6つの暦注の1つが赤口です。

    赤口は、「あかくち」「せきぐち」「せっこう」などいろいろな読み方がありますが、一般的には「しゃく」「しゃっこう」と読みます。

    六曜の中で赤口は、「何をしてもダメな日」言い換えれば「何もしない方がいい日」とされています。

    仏滅の次に運気が悪い日といわれ、赤口にはお祝い事などを避ける人が多いです。

    また、赤口の赤は燃え盛る火や血の赤を思い起こさせるため、火事や刃物に注意した方がよい日ともいわれています。

    そこで、血や火から事故を連想されて、赤口には車の納車を控える人も多いです。

    赤口(しゃっく)の結婚式は縁起が悪い

    赤口,意味,読み方,六曜,とは,結婚式,お祝い

    赤口は結婚式には良くない日とされている

    結婚式の日取りを決める時、通常は大安吉日を選びますよね。では、赤口は結婚式を挙げるのに適した日取りなのでしょうか?

    赤口は、結婚式を挙げるには向いていないと言えます。

    というのも、昔から赤口は仏滅に続き縁起の悪い日といわれてきた事や、キャンドルサービスやケーキカットが刃物と結びつくからです。

    そこで、赤口には結婚式や入籍はやめておこうという人が多いです。

    しかし、最近のカレンダーには六曜の記載がないものも多いため、世代が若くなるほど六曜を知らない、また知っていてもあまり気にならないという人も多くいて赤口に結婚式を挙げる人もいます。

    しかし、年配の方の中には未だこだわりのある方も多くいますので、年配の方をお招きする場合には、日にちの選択には注意しましょう。

    赤口(しゃっく)にも吉の時間帯がある

    赤口,意味,読み方,六曜,とは,結婚式,お祝い

    凶日とされる赤口にも吉の時間帯がある

    ここまで、赤口は凶日であるというお話をしてきましたが、実は、一日の内で吉になる時間帯があります。

    赤口は、赤舌日ともいわれています。赤舌日とは、陰陽道において方位の吉凶を司る太歳神(たいさいしん)の一人である赤舌神(しゃくぜつしん)が手下の6鬼の鬼神に西門を交代で守らせていて、その中の最も狂暴とされる3番目の鬼神・羅刹神(らせつしん)が門番の時に暴れまわり人々を苦しめた日といわれています。

    そこで、赤口は縁起の悪い日とされてきたのですが、その鬼が昼寝をしている丑の刻(うしのこく)=午前11~午後1時の間は、吉の時間帯とみなされています。

    6鬼の鬼神は順に

    1.明堂神(みょうどうしん)

    2.地荒神(じこうしん)

    3.羅刹神(らせつしん)

    4.大澤神(だいたくしん)

    5.白道神(はくどうしん)

    6.牢獄受神(ろうごくじゅしん)

    です。

    この云われから、赤口の日にお祝い事や行事を行う時は、午前11時~午後1時の間なら大丈夫とされています。

    編集部

    編集部

    突起した占い術能力を持ち、占術・呪術・祀祭を行ったとされる陰陽師について詳しく紹介しているこちらの記事もご覧くださいね。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。