1ページ 2ページ

ヤハウェ(エホバ)とは?聖書の唯一神について知ろう

ヤハウェ,エホバ,とは?,聖書,唯一神,知ろう
ヤハウェ(エホバ)とは?聖書の唯一神について知ろう
スピリチュアル

ヤハウェとは?聖書における唯一神の名前

神,唯一神,ヤハウェ

ヤハウェは、唯一神です。人間は神に似せて造られました。

ヤハウェ」とは、ユダヤ教で信仰されている唯一神のことです

ユダヤ教信者は畏敬の気持ちを込めて「アドナイ(わが主)」と呼びかけます。

実はユダヤ教だけの神ではなく、全人類の神でもあるとされています。

ユダヤ教の聖典「タナハ」を元に書かれたキリスト教の旧約聖書の中では、全世界の創造神がヤハウェで宇宙の最高原理であり唯一神とされています。そしてヤハウェは、人間たちに自ら積極的に語りかける神で人間の内面はヤハウェの資質に似せて造ったとされているのです。

ユダヤ教の影響を強く受けるキリスト教でも実際にはヤハウェとは呼ばず、父と子と聖霊の三位一体ゴッド(神)」と呼びます。

更に、ヤハウェを唯一神に持つイスラム教でも実際に口に出して呼びかける時は「アラー(神)」なのです。

ヤハウェの呼び名

・ユダヤ教では「アドナイ(わが主)」
・キリスト教では父と子と聖霊の三位一体として
ゴッド(神)
・イスラム教では「アラー(神)

 ヤハウェは神聖四文字とも呼ばれる

ヤハウェ,神聖四文字,神

ヤハウェは神聖四文字はで表現されている神です。

ユダヤ教の聖典「タナハ」やキリスト教の「旧約聖書」にはヤハウェをヘブライ文字で「יהוה」と表記しています。

ヘブライ文字יהוהは、なんと古代イスラエルでユダヤ人が王国を持っていた時代(西暦前597年バビロン捕囚が起こる前)に使われていた古代ヘブライ語そのままが記されているのです。

現代のヘブライ語やヘブライ文字と何が違うのかというと、一番は発音だと言われています。

古代ヘブライ語はユダヤ人が国を失うきっかけとなった「バビロン捕囚」以降、古代中東の国際語であった古代アラム語と混ざり合い、変化しています。

そして、ヘブライ文字は発音された言葉の子音を表音文字(一つの文字で発音や音節を表す)にするので、母音についての情報がありません。言語や文化に関する深い知識や語彙が豊かでなければヘブライ文字を読むのは難しいとされています。

つまり、יהוהは現在のヘブライ語とは異なる発音であったことは明らかなのですが、死語となった古代ヘブライ語の正確な発音は今となってはどのようなものだったかわからいのです。

そのため古代ヘブライ語の子音4文字「יהוה」は、書き記すだけで「神」を表せることから「神聖四文字と言われるようになりました。

しかし、古代ヘブライ語の復元に関する最近の研究によると、神聖四文字を「Yahweh=ヤハウェ」と発音する説が有力となり、今ではその呼び名が主流となってきています

編集部
関連記事では伊勢神宮に奉安されている八咫鏡(やたのかがみ)の裏にヘブライ文字が記されている件に迫っています!併せてご覧下さいね!

八咫鏡とは?三種の神器のひとつで伊勢神宮に奉安されている!裏には何が?

2018.09.01

ヤハウェの語源

神,語源,ヤハウェ

「ヤハウェ」はヘブライ文字「彼は在る」が語源!

古代ヘブライ文字で神聖四文字の「יהוה」は、キリスト教の旧約聖書「出エジプト記」で「私は在りて在るものである」と予言者モーゼに名乗った私は在る=אֶהְיֶה(エィヤ)」から由来すると言われています。

では「エイヤ」から「ヤハウェ」へ変化した経緯はどのようなものだったのでしょう?

これは話し言葉が関係しています。

予言者モーゼが耳にした「私は在りて在るものである」を人々に伝える時、主語を彼は在る=יִהְיֶה(ヤハウェ)」に換えて「彼は在りて在るものである」とするでしょう。その後、説明を受けた人々は「彼は在る」の古代ヘブライ文字「יהוה(ヤハウェ)」を呼び名とし、現代では固有名詞として使われ続けていると考えられています。

キリスト教におけるヤハウェ

キリスト教,ヤハウェ,三位一体

ヤハウェは、キリスト教における三位一体の教説の神!

キリスト教では「ヤハウェ」を「ゴッド(ラテン語ではゼウス)」と呼びかけ、日本語では「」と訳されます。

キリスト教には、ユダヤ教の聖典から書き写した「旧約聖書」と、予言者であり奇跡の体現者であったイエス・キリストが亡くなってから新たに書かれた「新約聖書」があります。

どちらの聖書でも「ヤハウェ」を信仰しています。しかし、新約聖書が作られてからは父(ヤハウェ、またはイエス・キリストの神格名)と子(イエス・キリスト)と聖霊(ヤハウェと共に人間の創造に携わった神格)は「三位一体の神=唯一神」とされます。

キリスト教,三位一体,図

三位一体の図

つまり「ゴッド(主)=三位一体(ヤハウェとイエス・キリストと聖霊)」という考えなのです。

この「三位一体」という考えが定着してから、キリスト教にとってヤハウェ」は神の名の他に、特定の神格という概念、2つの意味を持っているのです。

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth