LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

「光明真言」とは?効果や意味について解説!最強の真言の唱え方を知ろう

「光明真言」とは?効果や意味について解説!最強の真言の唱え方を知ろう

全ての災いを取り除くと言われる「光明真言」は、真言宗で最も大切なお経であり、人生に強力な光明をもたらす最強の真言とされています。この記事では、最強の真言と言われる「光明真言」の歴史や意味、効果やご利益、その唱え方など幅広く解説していきます。

記事の目次

  1. 1.「光明真言」とは
  2. 2.「光明真言」の意味:大日如来=盧遮那仏への祈りの真言
  3. 3.「光明真言」の効果
  4. 4.「光明真言」と「般若心経」の違い
  5. 5.「光明真言」の効果的な唱え方
  6. 6.「光明真言」の印の結び方
  7. 7.まとめ
道吾禅師

道吾禅師

今回は数ある真言のなかでも、最強の真言とされる「光明真言」についてご説明させていただきます。

「光明真言」とは

「おん あぼきゃ べいろしゃなう まかぼだら まに はんどまじんばら はらばりたや うん」

「光明真言」とは、真言宗で最も大切にされているお経です。

仏教において宇宙の中心に存在すると考えられる大日如来(=盧遮那仏:るしゃなぶつ)への祈りの真言でその効力は絶大です。

最強の真言とされ、何度も唱えた人の人生に強い光の波動を持つ「光明」をもたらす真言と言われています。

「光明真言」の意味:大日如来=盧遮那仏への祈りの真言

光明真言は、大日如来(=盧遮那仏:るしゃなぶつ)への祈りの真言です。
光明真言の意味は、おおむね次のように解釈されます。

「宇宙の中心の神様である大日如来様 お願いいたします 私たちの進む道を大きな限りない光で明るく照らし出してください そして 私たちの人生がすべてうまくいくようにお導きください」

仏教では、宇宙の中心には大日如来という仏様が存在していると考えられています。大日如来や釈迦如来など、如来とは悟りの境地に到達した人のことを表しますが、その存在は、宇宙の摂理そのものと言えます。

光明真言は、全宇宙を動かしているシステムそのものであるとされる大日如来と密接な関わりを持っているのです。

つまり、光明真言を唱えることは宇宙の中心に存在する大日如来とつながることであり、通じた道によって力を与えてもらえる、ということなのです。

そもそも真言とはどんな意味?

そもそも「真言」とはどんな意味を持つのでしょうか。

真言とは、密教の呪文のことを言います。仏教の概念である真言(マントラ)は、もともとは、古代インドで仏陀や如来を目指して修行する菩薩が説いた聖なる言葉だったと言われています。

口に出し唱えることで、真言は言霊として効力を発揮し、天や宇宙と共鳴していきます。そして、自分自身の唇や鼓膜、身体中の組織を通じて、細胞のひとつひとつにまで伝達していくのです。

この結果、悪い波動を抱えていた人の波動が真言の持つ良い波動に変化していき、人生が突然大きく変わるような奇跡の現象が生じてくるのです。

今、人生がうまくいっていない、何となく悪い波動に包まれている、潜在意識が汚染されている、生霊に取りつかれている、と感じる人は、無心で光明真言を唱え、自分自身で潜在意識をクリーニングしてみましょう。きっと、頑張りすぎていた心が柔らかくなり、嘘のように軽くなっていきますよ。

道吾禅師

道吾禅師

光明真言の動画になります。

次へ
https://spidoor.jp/p.php?pr=acjb22&i=45&ac=on

関連記事

人気の記事