>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

先勝とは?先勝の日の意味や、やってはいけないことについて解説

先勝とは?先勝の日の意味や、やってはいけないことについて解説

六曜のひとつに先勝があります。先勝の意味や先勝がどのような日なのかを知ることで、幸運を呼び込むことができるでしょう。この記事では、先勝の意味や先勝の日にやってはいけないことなどを中心に紹介しています。六曜に興味のある人は必見です。

    先勝の日の意味とは?

    先勝,とは

    先勝(せんしょう/せんかち)とは、六曜のひとつで、「先んずれば即ち勝つ(急いだ方が良いことがある)」という意味があります。

    先勝の日はどんな日?

    先勝,どんな日?

    先勝の日とは「午前中が吉」になる日です。

    行動をするのであれば、午前中に動き始めるのが良い日、吉日になります。

    先勝の日は、「午後2時から午後6時の間は凶」となっていますが、行動を午前中に行った場合は、凶となる時間をまたいでしまっても問題ありません。

    そのため、先勝の日に何かを行う予定であれば、午前中からの行動を心がけることで吉を呼び込むことができます。

    先勝の日にやってはいけないことは?

    先勝,やっては,いけない,こと,とは

    先勝の日には、やって良いこととやってはいけないことがあります。

    先勝を含む六曜には、「大安の日は結婚式を行うのが良い」という考え方や、「友引は葬儀を行わない方が良い」という考え方があるためです。

    ここでは、先勝の日の行動についてご紹介していきます。

    先勝の日の宝くじ

    先勝,の日,宝くじ,は?

    先勝の日に宝くじを買うことは問題ありません

    先勝の日は午前中に行動することが吉とされていますので、宝くじを買うのであれば午前中に買うのが吉となります。

    当然ですが、先勝の日の午前中に宝くじを買ったからといって、必ず当選すると言うことではありません。あくまでゲン担ぎ程度に考えるのが無難でしょう。

    先勝の日の引越し

    先勝,の日,引っ越し

    先勝の日の引越しは、六曜の中では比較的良いとされています。

    午前中から引越しを行うことで「吉」となりますので、早い時間帯から引越しを考えている人は、混み合う大安の日を避けて先勝の日を選んでみてください。

    六曜の中で最も良いとされるのは「大安」となりますので、当然、大安の吉日に引越しを考える人も多く、引越し業者はすでに予約が埋まっていることが予想されます。

    そのため、穴場となる先勝の日に引っ越しをするのがオススメです。

    先勝の日の結婚・入籍

    先勝,の日,結婚式,は?

    先勝の日に結婚・入籍をしても問題ありません

    先勝の日に結婚式を挙げる場合は、「午前中に式を挙げると吉」となります。

    結婚や入籍に関して、暦の上では大安が最も良く、次に友引の日が良いとされています。先勝の日は大安や友引の日より予約できる可能性が高く、割引を行っている場合もあるので、結婚式を挙げるにはオススメの日となります。

    先勝の日の法事・葬式・通夜

    先勝,の日,葬儀,は?

    先勝の日の法事・葬式・通夜についてですが、法要や葬式を先勝の日に行っても問題ありません

    しかし、先勝の日を通夜にすると、葬儀は友引の日で行うことになります。友引の日は多くの火葬場が休場となりますので、先勝の日は避けるのが一般的です。

    火葬場の中には、友引の日も開場している場所はありますが、数は少なく、多くの場合は友引の日に葬儀を行うことを葬儀会社に止められる傾向にあります。

    先勝の日の納車・大きな買い物

    先勝,の日,納車,は?

    先勝の日に納車や大きな買い物をしても全く問題ありません

    ただし、先勝の日は「午前中が吉」なので、納車をするのであれば、午前中に行うようにするのが良いでしょう。

    また家などの大きな買い物についても、午前中に購入するのが良いとされていますので、先勝の日に大きな買い物をする予定がありましたら、午前中に決断するようにしましょう。

    先勝の午前中に決断できない場合でも、一度保留にして後日、大安の日などに購入することもオススメです。

    編集部

    編集部

    関連記事では縁起の良い吉日!2018年、次の一粒万倍日をご紹介!併せてご覧下さいね!

    先勝の日以外の六曜は?

    六曜 循環
    先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順に循環する

    ここで、簡単に他の六曜についてもご紹介します。

    六曜 意味 吉の時間 やってはいけないこと
    友引 凶事や厄事が友に及ぶ、勝負事は引き分けとなる 基本的に吉日だが、11~13時まで凶 法事・葬式など
    先負 先んずれば即ち負ける 午後 とくになし
    仏滅 仏も滅するような大凶日 基本的に凶日だが、新しいことを始めるのは吉 結婚式や入籍、大きな買い物
    大安 大いに安し。最も縁起がいい日 一日を通して吉 法事や葬式
    赤口 「赤舌日」が由来、何もしないほうがいい日 午前11時から午後1時までのみ吉 お祝い事、火事や刃物に注意

    六曜の順番は「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」となり、毎日何かしらの六曜の日が来るようになっています。

    上記のように六曜にはそれぞれ意味がありますので、その日の意味を把握して行動することで、幸運を呼び込むことができるかもしれません。
     

    まとめ:先勝の日は午前中に行動しよう!

    先勝,の日,午前中,行動しよう!

    先勝の日で大切なのは、午前中に行動することです。

    「午前中の行動が吉」になる日が先勝です。先勝の日に何か行動を起こす予定がありましたら、午前中から行動するようにしてみてください。

    また、凶となる午後2時から午後6時の間をまたいでしまったとしても、午前中から行動しているのであれば問題ありませんので、無理に午前中に行動を終わらす必要はありません。

    先勝の日は午前中に行動することで、幸運を呼び寄せましょう。

    記事に関するおすすめの開運グッズ

    編集部

    編集部

    六曜や吉日が記載された開運カレンダーもオススメです!

    41z5eye8pfl

    キュービックス 2019年 カレンダー 卓上 ベーシック 3か月 205007-01 (2019年4月始まり)

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.7 / 5(合計12人評価)

    関連記事