先勝とは?先勝の日の意味や、やってはいけないことについて解説

先勝,とは,先勝の日,意味,やってはいけないこと,解説
先勝とは?先勝の日の意味や、やってはいけないことについて解説
六曜

先勝の日の意味とは?

先勝,とは

先勝とは

私たちの日常生活で、カレンダーを見ない日は少ないですよね。

日付を漠然と確認するだけという人も多いかと思いますが、カレンダーには、「先勝(せんしょう)」「友引(ともびき)「先負(せんぷ)」「大安(たいあん)「赤口(しゃっく)」と書かれているものがあるのをご存じでしょうか。

上記6つを六曜と言い、これらは歴注(れきちゅう)の一つとなります。

歴注は、陰陽五行説や干支に基づき、時刻や方位などにより、その日の運勢などを示したものですので、六曜は吉日や凶日を意味する日となります。

六曜の一つである「先勝」は「先んずれば即ち勝つ」を示している日となります。

つまり、簡単に言ってしまうと、急いだ方が良いことがあるということです。

したがいまして、先勝の日は「午前中は吉となり、午後14時から午後18時までは凶となる」と言われています。

ちなみに、仏教では、六曜に否定的な考えの場合が多いそうです。

日本人の多くは仏教ですので、六曜について気にしない人が多いのもうなずけますよね。

とは言え、結婚は「大安」が良いとされる考えや、「友引」には葬儀を避けるという考え方が広く知られているのも事実ですので、この機会に、「先日」についても気にしてみてはいかがでしょうか。

先勝の日はどんな日?

先勝,どんな日?

先勝はどんな日?

先に紹介したように、先勝は「午前中が吉」になる日です。

したがって、行動をするのであれば、午前中に動き始めるのが良い日になります。

勘違いする人も多いので、補足しておきますが、先勝の日は、行動する時間帯が午前中であることが重要となります。

先勝の日は、「午後14時から午後18時の間は凶」となっていますが、行動を午前中に行った場合は、凶となる時間をまたいでしまっても問題ありません。

そのため、先勝の日に何かを行う予定であれば、午前中から行動することを心がけることが吉を呼び込むことに繋がると言うことになります。

当たりすぎると評判の電話占い