1ページ 2ページ

先勝とは?先勝の日の意味や、やってはいけないことについて解説

先勝,とは,先勝の日,意味,やってはいけないこと,解説
先勝とは?先勝の日の意味や、やってはいけないことについて解説
六曜

先勝の日の意味とは?

先勝,とは

先勝とは

先勝とは「先んずれば即ち勝つ」を示している日となります。

つまり、簡単に言ってしまうと、急いだ方が良いことがあるという意味です。

を見ると、「先勝」「友引(ともびき)「先負(せんぷ)」「大安(たいあん)「赤口(しゃっく)」と書かれているものがありますが、これら6つを六曜と言い、六曜は暦注(れきちゅう)のひとつとなります。

暦注は、陰陽五行説や干支に基づき、時刻や方位などにより暦に記載されるその日の運勢などを示したもので、六曜は吉日や凶日を意味する日となります。

先勝の日の場合「午前中は吉となり、午後14時から午後18時までは凶となる」と言われています。

仏教では六曜について否定的な考え方が多く、仏教徒の多い日本人が六曜についてあまり気にしていないのもうなずけます。

とは言え、結婚は「大安」が良いとされる考えや、「友引」には葬儀を避けるという考え方が広く知られているのも事実ですので、この機会に「先勝」についても気にしてみてはいかがでしょうか。

先勝の日はどんな日?

先勝,どんな日?

先勝はどんな日?

先勝の日とは「午前中が吉」になる日です。

したがって、行動をするのであれば、午前中に動き始めるのが良い日吉日になります。

勘違いする人も多いのですが、先勝の日は行動する時間帯が午前中であることが重要です。

先勝の日は、「午後2時から午後6時の間は凶」となっていますが、行動を午前中に行った場合は、凶となる時間をまたいでしまっても問題ありません。

そのため、先勝の日に何かを行う予定であれば、午前中からの行動を心がけることで吉を呼び込むことに繋がります。

先勝の日にやってはいけないことは?

先勝,やっては,いけない,こと,とは

先勝にやってはいけないこととは

先勝の日には、やって良いこととやってはいけないことがあります。

先勝を含む六曜には、「大安の日は結婚式を行うのが良い」という考え方や、「友引は葬儀を行わない方が良い」という考え方があるからです。

ここでは、先勝の日の行動について紹介していきます。

先勝の日の宝くじ

先勝,の日,宝くじ,は?

先勝の日の宝くじは?

先勝の日に宝くじを買うことは問題ありません。

先勝の日は午前中に行動することが吉とされていますので、宝くじを買うのであれば午前中に買うのが吉となります。

当然ですが、先勝の日の午前中に宝くじを買ったからといって、必ず当選すると言うことではありません。

六曜は、陰陽五行説や干支に基づいた運勢に関するものとは言え、占いなどと同じような部類ですので、あくまでゲン担ぎ程度に考えて、ドキドキ感を楽しんでみてください。

先勝の日の引越し

先勝,の日,引っ越し

先勝の日の引っ越し

先勝の日の引越しは、六曜の中では比較的良いとされています。

「先勝」の午前中から引越しを行うことで「吉」となりますので、早い時間帯から引越しを考えている人は、混み合う大安の日を避けて先勝の日を選んでみてください。

六曜の中で最も良いとされるのは「大安」となりますので、当然、大安の吉日に引越しを考える人も多く、大安の日に引越しを行おうとしても、引越し業者はすでに予約でいっぱいということがあるのではないでしょうか。

そこで、穴場となる先勝の日に引っ越しをするのがオススメとなります。

先勝の日の結婚・入籍

先勝,の日,結婚式,は?

先勝の日の結婚式は?

先勝の日に結婚・入籍をしても問題ありません。

先勝の日に結婚式を挙げる場合は、「午前中に式を挙げると吉」となりますので、午前中に結婚式を行ってみてください。

結婚や入籍に関して、の上では大安が最も良いとされていますし、友引の日でも良いとされていますが、先勝の日は大安や友引の日より予約できる可能性が高く、割引を行っている場合もあるそうですので、結婚式を挙げるのにオススメの日となります。

入籍については予約などの必要がありませんので、先勝はもちろん大安や友引の日にも行うことができます。