>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

出雲大社に集まった八百万の神々が宿泊する「十九社」とは?

出雲大社に集まった八百万の神々が宿泊する「十九社」とは?

日本にある神社の中でも非常に知名度の高い出雲大社では旧暦10月になると全国から神様達がやってきて会議を開き、同時に境内で神在祭が開催されます。その際に神様達が宿泊に使うのが十九社という建物です。今回は十九社がどのような建物で、配置や数字にどのような意味があるのか、画像と共に実際の十九社も見てみましょう。

    出雲大社の十九社とは?八百万の神々の宿泊所

    全国,神様たち,集まる,出雲大社,上宮

    全国の神様たちが集まる出雲大社上宮

    八百万の神々がいるという日本には、多くの神社がありますが、中でも知名度が高いところの1つに数えられるのが島根県にある出雲大社です。神話で有名な大国主(おおくにぬし:スサノオの末裔で、国譲りのエピソードで有名)を祀る神社として、古い時代から存在し続けてきました。

    さて、毎年旧暦の10月(現在の11月)は出雲大社にとっては特別な月とされています。というのも、10月になると日本全国の神々が出雲大社上宮(かみのみや)に集まって会議を行うとされているからです。このため、一般的には古語で10月のことを「神無月(かんなづき)」というのに対し、出雲だけは「神在月(かみありづき)」と呼ばれます。

    そして、出雲の地に集まった神々は滞在中に出雲大社境内の宿舎に宿泊することになっています。神々の宿泊の際に使われる建物が「十九社(じゅうくしゃ)」です。今回は、旧暦10月に神様たちが泊まるとされている十九社について見ていきましょう。

    編集部

    編集部

    神在月や大国主についてはこちらの記事もご覧ください

    出雲大社の十九社の扉が開く神在祭

    出雲大社, 十九社, 神在祭

    毎年11月に神在祭が行われる出雲大社

    出雲大社に日本全国の神々が集まって会議が開かれる時期に合わせて、神在祭(かみありさい)という行事も行われます。この神在祭の期間は出雲大社での会議に合わせて1週間です。

    具体的には、まず旧暦10月10日(2018年の場合は11月17日)の夜に全国からやってきた神様たちを迎える「神迎祭(かみむかえさい)」が行われて、神職の方たちの先導で出雲大社にお迎えします。そして、翌10月11日(新暦11月18日)から1週間にわたって神在祭の本祭が境内で開催される流れです。そして、最終日(旧暦10月17日=新暦11月24日)には神等去出(からいで)祭を行い、日本全国のそれぞれの神社へと帰っていく神様たちを見送ります。

    実は神在祭の期間の間、十九社の扉が一斉に開かれます。十九社は本殿の東と西に一棟ずつ南北に伸びる形で建っていますが、神在祭の期間以外は閉じられたままです。言い換えれば、神在祭の期間中が十九社の扉が開けられている状態を見ることのできる貴重な時期といって良いでしょう。

    なお、神様たちの会議は出雲大社の境内から少し西に行った上宮(かみのみや)という建物で行われます。この上宮についても神在祭の期間だけ一般の方でも参観可能です。

    出雲大社の十九社の配置には深い意味がある

    出雲大社, 十九社, 東西, 配置

    出雲大社本殿を真ん中にして十九社は東西に建っている

    先ほど出雲大社の十九社が東西に1棟ずつあるということに触れましたが、実はこの配置には非常に深い意味があります。どういうことかといえば、神在祭の期間中、つまり神様たちが会議を開いている間は、出雲大社よりも東の地域の神社(茨城県の鹿島神宮や愛知県の熱田神宮など)に祀られている神様は東の十九社に、出雲大社より西の地域の神社(福岡県の大宰府天満宮や広島県の厳島神社など)に祀られている神様が西の十九社に滞在するということです。

    このため、神在祭の期間中に出雲大社を参拝することは、出雲大社の祭神である大国主だけではなく、お住まいの地域の神様たちに参拝する絶好の機会となっています。加えて、神在祭の開催中は全国のそれぞれの神々が祀られている神社ともつながっていることから、普段以上にご利益を得やすいともいわれているため、ぜひとも願い事をかなえたいという場合は大きなチャンスといえるでしょう。

    出雲大社の十九社の「十九」の意味

    出雲大社, 十九社, 数字, 意味

    「十九」の意味とは?

    ここまで読み進めてきた読者の多くの方が、十九社の「十九」の数字のことが気になっているのではないでしょうか?たしかに、出雲大社の東西にある十九社にはそれぞれ19枚の扉があります。この点も「十九社」と呼ばれる所以ですが、実は十九社の「十九」の持つ意味はもっと深いところにあり、なおさら重要です。

    「十九」という数字は普通の算用数字(アラビア数字)で書くとわかるように、「1」と「9」の2つの数字から成っています。そして、「1」は物事の始まりを指す数字であるのに対し、一方「9」の方は物事の終わりを示す数字です。このため、始まりと終わりを示すそれぞれの数字が結合した十九という数字は、古くから「無限大」や「永遠」を意味します。

    だからこそ、八百万の神々が泊まるには一見狭く見える十九社も、「無限大」を意味する「十九」の数字が振ってあるからこそ宿泊できるようになっているということです。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。