13回忌法要の意味とは?香典やお布施の相場や服装のマナーを解説

13回忌法要の意味とは?香典やお布施の相場や服装のマナーを解説
13回忌法要の意味とは?香典やお布施の相場や服装のマナーを解説
ライフスタイル

13回忌法要とは?死後満12年後の命日に行う法要

13回忌法要, 年忌法要

年忌法要の1つである13回忌法要

私たち日本人はご先祖様への供養を非常に大切にする習慣があります。これも、古くからの祖先崇拝の伝統があるからといって良いのでしょう。このため、亡くなった方の葬儀が済んだ後であっても、僧侶の方にお経をあげてもらい、参列者が焼香する法事を行ったり、定期的にお墓参りに出かけたりします。

法事の中でも、特に決まった年に行われるものを年忌法要(回忌法要)といい、1周忌や3回忌がその代表的な例です。そして、中でも故人の死後満12年の命日に行う13回忌法要があります。1周忌法要から始まる年忌法要の順番から見ていくと、3回忌、7回忌と続いて4番目に行われるものです。

今回は、故人が亡くなってから12年後の命日に行われる13回忌法要について、その流れや意味、香典などの相場、ふさわしい服装などいろいろと見ていきましょう。

年忌法要(回忌法要)の数え方とは?

13回忌法要, 年忌法要, 数え方

13回忌法要など決まった年に行われる年忌法要には数え方の法則がある

先ほど、13回忌法要のことを「故人の死後満12年の命日に行う法要」と記しましたが、これを見た方の中には「なぜ13回忌法要なのに、なぜ実際に行われるのは故人が亡くなって12年後なのか」という疑問を抱く方も多いでしょう。そこで最初に、13回忌法要も含めて年忌法要の一般的な数え方について触れておくことにします。

実は年忌法要は、故人が実際に亡くなった日を起点に数えるという法則があり、そこでは故人が亡くなった日が一回忌という考え方をするのが一般的です。言い換えれば、年忌法要の回数から1を引いた数字が実際に年忌法要の行われるタイミングといえます。この法則から考えていくと、1周忌法要(故人没後満1年の命日に行う法要)は事実上2回忌法要の意味合いがあり、さらに翌年にも3回忌法要も故人没後満2年で行われるという考え方です。

13回忌法要が故人の没後満12年の命日に行われるのはこのためです。なお、どの年忌法要でも正確には、なるべく多くの方が来やすいように故人の命日に最も近い土日祝日が法要を行う日に選ばれます。

13回忌法要の主な参列者は?

13回忌法要, 参列者, 親族

13回忌法要に参列するのは主に故人の親族たちである

13回忌法要が実際に行われるのは故人が亡くなって満12年の命日ですが、さすがに故人没後12年ともなると故人の葬儀が行われてからかなり年月が経過しているため、参列者が小規模になるということが多いです。

このため、基本的には故人のご遺族や親戚の方が13回忌法要における参列者の中心となります。ただ、場合によっては親族の方でも故人と血縁的に遠くなる場合は参加しないということも少なくありません。

もし、故人にとって生前非常に親しかった友人や知人がいる場合は、その方たちにも13回忌法要にお呼びしても良いでしょう。

13回忌法要の主な流れとは?

13回忌法要, 流れ, お墓参り,

13回忌法要ではお墓参りも行われる

それでは、13回忌法要は主にどのような流れで行われるのでしょうか?

基本的な流れとしては大まかに見ると、僧侶の方の読経、参列者による焼香、お墓参り、そして会食というものです。焼香の際は施主を先頭に、故人の直接のご遺族、そして親戚の方という順番で行われます。なお、親戚の方については故人と血縁的に近い方から順に焼香をする流れです。

お墓参りでも、故人のお墓の掃除やお供えをしたうえで、読経と上記のような順番による焼香が行われます。最後の会食の際には、菩提寺や故人のご自宅、お食事処などに集まって、故人をしのぶ話と食事をして過ごすのが一般的です。

編集部
なお、お墓参りでやってはいけないことについてこちらの記事で触れられています。

お墓詣りで失敗しない7個のNGマナー

2018.05.24

13回忌法要の意味

13回忌法要, 守護仏, 大日如来

13回忌法要の際の守護仏である大日如来

年忌法要は毎年行われるわけではなく、1周忌や3回忌といった仏教の中で決まっている年数に合わせて行われます。そして、年忌法要については特別な意味があるため重要です。

浄土真宗以外の仏教各宗派では、故人は四十九日で次の生まれ変わり先が決まるものの、あくまでも生まれ変わり先は六道と呼ばれる煩悩の多い6つの世界のどれかであると考えます。このため、故人のご遺族などは葬儀や四十九日法要が終わった後も、引き続き故人が成仏して極楽浄土へ生まれ変わるための供養(追善供養)をするべきとされておりますが、実はその意味で年忌法要は重要な意味を持つものです。

どういうことかといえば、故人の葬儀の直後にある初七日法要から三十三回忌までの13回年忌法要が行われますが、その間に13人の仏様の加護をいただいて極楽浄土に導かれるという考え方(十三仏信仰)があります。そのため、これらの法事をそつなく行うことが故人の救いのために重要なのです。

中でも13回忌法要の守護仏に当たるのが仏教の世界では宇宙をつかさどる大日如来とされています。大日如来は仏様の中でも非常に力が強いため、13回忌法要をきちんと行うことは故人の成仏の上でも非常に大切といって良いでしょう。

編集部
13回忌法要の守護仏である大日如来についてはこちらの記事が参考になります。

大日如来とは?密教の本尊である如来のご利益や真言、梵字を知ろう

2018.09.19
平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth