>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

仏滅とは?仏滅の日の意味や、やってはいけないことについて解説

仏滅とは?仏滅の日の意味や、やってはいけないことについて解説

仏滅というと、縁起の悪い日というイメージを持っている人が多いと思いますが、本当にそうなのでしょうか?この記事では、仏滅の意味や仏滅の日にやってはいけないことなどを中心に紹介しています。また、他の六曜についても簡単に触れていますので、六曜に興味のある人は、参考にしてみてください。

    仏滅の日の意味とは?

    仏滅,意味

    仏滅の意味は?

    カレンダーの種類にもよりますが、日付と一緒に「仏滅(ぶつめつ)「大安(たいあん)」などの記載がある場合がありますよね。

    日付と一緒に記載されている文字は、六曜と言って、陰陽五行説や干支に基づいた歴注のひとつとなっています。

    歴注ってなに?と思う人もいるかもしれませんが、簡単に言ってしまうと、占いのようなものです。

    六曜を知ることで、その日が吉日なのか凶日なのかを知ることができると言うことです。

    六曜について簡単に説明したところで、六曜のひとつである「仏滅」の意味について紹介していきたいと思います。

    仏滅は、「仏も滅するような凶日」という意味で知られています。

    したがって、基本的には、大凶日とされていますが、仏滅の元々の意味は、「物滅」とされていますので、決して悪い意味だけではないです。

    と言うのも、「物滅」は、「物が滅んで新たに誕生する」という意味になりますので、物事を始めるには最適の日となります。

    ちなみに、仏滅ですが、「仏も滅するよう凶日」と言われると、仏教と密接に関係してそうですよね。

    しかし、六曜と仏教は何の関係もないので、どちらかと言えば、後者の意味合いが強いと言われています。

    とは言え、日本では、仏滅は大凶日という考え方が最も浸透していますので、仏滅を縁起の悪い日として考える人が多くいるのも事実です。

    仏滅の日はどんな日?

    仏滅の日に何か行おうと思ったとき、仏滅がどのような日なのか気になりますよね。

    仏滅は、考え方によって、下記の捉え方ができる日となっています。

    • 仏滅=大凶日
    • 物滅=物事を始めるのに最良の日

    上記のように、捉え方によって凶日にも吉日にもなる日が、仏滅となります。

    ただ、現在は、それほど六曜にこだわる人がいませんので、仏滅に結婚式などのお祝い行事を行う人も多いそうです。

    仏滅の日にやってはいけないことは?

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。