>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

友引とは?友引の日の意味や、やってはいけないことについて解説

友引とは?友引の日の意味や、やってはいけないことについて解説

友引という言葉を知っている人は多いと思います。しかし、友引の意味などを知っている人は少ないのではないでしょうか。この記事では、友引の意味や友引の日にやってはいけないことなどを中心に紹介しています。また、他の六曜についても簡単に触れていますので、六曜に興味のある人は、参考にしてみてください。

    友引の日の意味とは?

    友引,意味,とは

    友引の意味とは

    友引(ともびき)とは、六曜のひとつで、日本では「友を引く」という意味でしられています。

    友を引く=不幸が友にも及ぶ」という捉え方から、友引の日の葬儀を避ける傾向があるため、身内の葬儀を経験したことのある人は、友引という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

    友引は、「不幸が友にも及ぶ」という意味の他に、本来の意味である「勝負事が引き分けになる」という意味もあります。

    そもそも、友引という言葉は、「共引」と書かれていて、共に引き分けるという意味とされていましたが、現在では、「友引」という漢字で知られているため、「友を引く」という意味で通っています。

    ちなみに、六曜は、五行説や干支に基づいた歴注のひとつとなります。

    歴注は、占いなどと同じ類いのものですので、現在では、六曜を気にしない人も多くなってきています。

    友引の日はどんな日?

    友引,どんな,日

    友引はどんな日?

    友引の意味を考えると、それほど良いイメージを持たないかもしれませんが、友引は、基本的に吉日として数えられます。

    ただ、同じ六曜の中でも吉日として知られている「大安」などには及ばず、時間帯によっては凶となりますので、六曜が気になる人は、覚えておくと良いかもしれません。

    ちなみに、友引が凶となる時間帯は、午前11時から午後1時までとなります。

    六曜が気になる人は、午前11時から午後1時を避けて行動すると、吉となる時間帯に行動することができますよ。

    また、不幸事に関しては、時間帯に関係なく凶とされていますので、あわせて覚えておくと良いかと思います。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    評価 3.3 / 5(合計2人評価)

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。