友引とは?友引の日の意味や、やってはいけないことについて解説

友引,とは,友引の日,意味,やってはいけないこと,解説
友引とは?友引の日の意味や、やってはいけないことについて解説
六曜

友引の日の意味とは?

友引,意味,とは

友引の意味とは

友引(ともびき)とは、六曜のひとつで、日本では「友を引く」という意味でしられています。

友を引く=不幸が友にも及ぶ」という捉え方から、友引の日の葬儀を避ける傾向があるため、身内の葬儀を経験したことのある人は、友引という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

友引は、「不幸が友にも及ぶ」という意味の他に、本来の意味である「勝負事が引き分けになる」という意味もあります。

そもそも、友引という言葉は、「共引」と書かれていて、共に引き分けるという意味とされていましたが、現在では、「友引」という漢字で知られているため、「友を引く」という意味で通っています。

ちなみに、六曜は、五行説や干支に基づいた歴注のひとつとなります。

歴注は、占いなどと同じ類いのものですので、現在では、六曜を気にしない人も多くなってきています。

友引の日はどんな日?

友引,どんな,日

友引はどんな日?

友引の意味を考えると、それほど良いイメージを持たないかもしれませんが、友引は、基本的に吉日として数えられます。

ただ、同じ六曜の中でも吉日として知られている「大安」などには及ばず、時間帯によっては凶となりますので、六曜が気になる人は、覚えておくと良いかもしれません。

ちなみに、友引が凶となる時間帯は、午前11時から午後1時までとなります。

六曜が気になる人は、午前11時から午後1時を避けて行動すると、吉となる時間帯に行動することができますよ。

また、不幸事に関しては、時間帯に関係なく凶とされていますので、あわせて覚えておくと良いかと思います。

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth