>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

大安とは?大安の日の意味や、やってはいけないことについて解説

大安とは?大安の日の意味や、やってはいけないことについて解説

大安は、縁起の良い日であると言うことを知っている人は多いと思います。しかし、大安の意味などを理解している人は少ないのではないでしょうか。この記事では、大安の意味や大安の日にやってはいけないことなどの他、六曜についても簡単に触れています。六曜に興味のある人は、参考にしてみてください。

    大安の日の意味とは?

    大安,意味,とは

    大安の意味とは

    大安(たいあん)は、六曜のひとつで「大いに安し」という意味で知られています。

    大安は、何をするにも最適の日となる吉日とされていますので、六曜の中で最も縁起の良い日と認識している人も多いかと思います。

    また、大安の日は、縁起の良い日ということから、多くの人が、結婚式などの祝い事を大安の日に行います。

    大安は、六曜のひとつと言うことを紹介しましたが、六曜って何?という人もいるかもしれませんので、六曜についても簡単に説明しておきます。

    六曜は、陰陽五行説や干支に基づいた歴注のひとつになります。

    簡単に言ってしまえば、占いなどと同じものですね。

    ですので、信じるかどうかは人によって違いますが、縁起の良い日と思って、大安の日に行動するのも悪くないと思いますよ。

    ちなみに、一般的には、何をやるにも良いとされる大安の日ですが、大安には、「大いに案ずる」という捉え方もあり、何もしてはいけないという解釈もありますので、知識として覚えておくのも良いと思いますよ。

    大安の日はどんな日?

    大安の日は、先に紹介したように、一日を通して吉となる日です。

    したがって、何を行うにも最適の日となりますので、大安の日に予定を組む人も多いそうです。

    ただ、大安の日の不幸事に関しては、凶になると考えられていますので、葬儀などを避ける場合が多くなります。

    つまり、大安の日は、葬儀などの不幸事以外は、何をやっても良いという日になります。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。