>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

因幡の白兎とは?日本神話に登場する物語のあらすじと意味を解説

因幡の白兎とは?日本神話に登場する物語のあらすじと意味を解説

日本神話の中でも非常に有名な「因幡の白兎」。名前は聞いたことがある方という一方、詳しい内容まで知っている方はどのくらいいるのでしょうか?今回は「因幡の白兎」の内容について詳しく見ていきます。あわせて、「因幡の白兎」の舞台となった場所や「因幡の白兎」にまつわる神社についても見ていきましょう。

    因幡の白兎とは?古事記の物語の一つ

    因幡の白兎

    「因幡の白兎」とはどのような物語なのか?

    日本の神話には様々なエピソードがありますが、その中でも非常に有名なものの1つが「因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)」です。日本最古の歴史書に数えられる『古事記』(「因幡之素兎」という表記)のほか、平安時代前期に成立した『先代旧事本紀(せんだいぐじほんぎ)』に載っているエピソードとして知られています。

    因幡の白兎の話は出雲大社の祭神である大国主大神が因幡国(現在の鳥取県)の美しい姫に求婚するエピソードの前半に登場する物語で、戦前であれば小学校の国語の教科書にも載っていました。最近では2011年度の国語の教科書に再び載るようになったことでも話題です。また、名前だけでも知っていたり聞いたことがあったりする方も多いでしょう。

    そこで今回は、「因幡の白兎」がどのような物語であるのかを見ていくとともに、物語の舞台がどのようなところかと、白兎が祀られている神社についてもご紹介します。

    因幡の白兎のあらすじ

    因幡の白兎, 大穴牟遲神, ウサギ

    大穴牟遲神と白兎

    「因幡の白兎」のあらすじは以下のようなものです。

    出雲の国に大穴牟遲神(おおなむぢのかみ:大国主大神のこと)という心の優しい神様がおり、彼には多くの兄弟神がいました。ある日のこと、兄弟たちは因幡の国にいる八上比売(やかみひめ)という美しい姫のことを耳にし、兄弟そろって求婚のために出かけました。しかし、その際に大穴牟遲神は全員分の荷物を背負わされました。

    道中、因幡の国に入って気多(けた)の岬というところにやってくると、体中の毛をはがされて泣きじゃくっている一羽のウサギに出くわします。そこで、兄弟神たちはそのウサギを困らせようと、海水を浴びて風にあたるように助言しました。兄弟神たちの言うことを真に受けたウサギがその通りにやると、傷が余計に痛みだしました。

    まもなく、兄弟神全員分の荷物を背負っていた大穴牟遲神が困っているウサギのところにやってきました。彼はウサギにわけを聞くと、そのウサギは次のように話しました。

    「隠岐の島からこの国に行きたいと思い、ワニザメとどちらが仲間の数が多いか比べようと持ち掛けて、並んだワニザメの背中を数えるふりをして渡ろうとしました。しかし、渡り終えるようとしていたところで、うれしさのあまりうっかりワニザメをだましていたことを口にしたところ、最後のワニザメが毛を全部むしってしまったのです。その後で、さっき通って行った神様たちの意地悪で余計に苦しむことになりました。」

    そこで、大穴牟遲神はウサギをかわいそうに思い、真水で体を洗ったうえで、蒲の花を集めてそのうえで寝転ぶように言いました。ウサギが大穴牟遲神に言われたようにやると、たちまち傷が癒え、白い毛も生えて元通りに戻ることができました。

    元通りになったウサギは大穴牟遲神に「荷物持ちをしていても、あなたはきっと八上比売と結ばれるでしょう。」と言いました。その後、兄弟神たちより遅れて八上比売の元に着いた大穴牟遲神でしたが、八上比売が結婚相手として選んだのはウサギの言った通り大穴牟遲神でした。

    編集部

    編集部

    ウサギを助けた大穴牟遲神こと大国主大神について詳しいことは、こちらの記事も読んでみてください。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事