>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

神棚の正しい配置方法は?場所や方角、お供え物の位置について解説します

神棚の正しい配置方法は?場所や方角、お供え物の位置について解説します

仏壇と同じくらい日本人の生活に密接に繋がりのある神棚。神棚を配置する場所や方角、お供え物など、意外と知られていないのが神棚のマナーです。ただ、それよりも重要なのは神様やご先祖様に感謝の気持ちを忘れないことです。神棚の配置場所などには理由がありますので、正しい配置方法など解説します。

    神棚の配置で注意すること

    神棚,配置,場所

    神棚の配置で注意すること

    日本では自由な宗教観があるため、仏壇を置くご家庭もありますし、神棚を置かれるご家庭も多いかと思います。特に神棚は、ご先祖様をお参りするのになくてはならないものですから、需要も高いかも知れません。せっかくご先祖様をお祈りするのですから、正しく方法を知って、お参りをしたいものですよね。

    神棚を配置する時に、注意事項が三つほどあります。

    • お参りがしやすい場所にあるかどうか
    • 明るく清潔(清浄)な場所にあるかどうか
    • お参りする時の目線が高い位置にあるかどうか

    神棚にお参りする時には、神棚に正対して手を合わせることが重要なのですね。だからこそ、皆が集まりやすい場所が好まれます。清潔=清浄な場所と言うと、どこが良いの?と思われるかもしれませんが、基本的には水回りは避けた方が無難です。特にキッチンの奥などは、不潔な場所でもあり、暗い場所でもあるので、神棚の置き場所には向いていません。

    他にも、玄関などの人に出入りが多い場所の真上や、仏壇と向かい合う場所、神棚の上にトイレがある場合、神棚の上を人が良く出入りする場所も好ましくありません。ただ、マンションなどの場合は、真上を人が通らないようにするのは難しいので、もし置き場所が最適な場所でないとしても、神棚を大切に扱っているのであれば、位置は本当に目安程度と思って問題ないと思います。

     

    神棚を配置する方角

    神棚,配置,方角

    神棚を配置する方角

    神棚を置く場所が決まったら、次は方角に気をつけてみましょう。お参りの道具として神棚があるのですから、風水にも若干関係して来ます。ですから、北東などの鬼門の方角は避けた方が良いでしょう。南向きか東向きに神棚を置くのがベストとされています。

    特に南はお日様の光が一番良く当たる場所でもありますので、昔から縁起が良いとされています。「天子(天皇陛下)は南面し、臣下(部下など)は北面す」という言葉もありますが、今でも天皇陛下は南向きに座る事が多いようです。ですから、南向きという方角は、敬意を表すと同時に、清浄な方向であると考えられていたのですね。

    ここで一つ注意点があるのですが、神棚の向きは東か南向きにしますが、祀る場所は南や東には祀らないように気をつけて下さい。神棚にお供えしている札の向きが大切なので、神棚を配置する場所は部屋の北側か西の方向になります。ですから、まずは南向きに置き、北向きにお参りするか、東向きになるように置き、西向きにお参りするようにするのがベストです。

    ちなみに、神棚の参拝方法は、普段神社にお参りする時と一緒で「二拝、二拍手、一拝」の方法でお参りして下さい。地域によってこの参拝方法も微妙に違ってはくるのですが、基本を押さえておくとよりお参りが日常的になりやすいです。また、お参りするのに時間帯は関係ありません。毎日お参りするという心が大切なのですね。

    編集部

    編集部

    関連記事では二礼二拍手一礼について解説!この記事と併せてご覧下さいね!

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    フェイスブック

    YOUTUBE


    アマテラスチャンネルのSNS

    人気の記事