>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

墓じまいとは何?手続き、手順と費用をその意味とともに解説します

墓じまいとは何?手続き、手順と費用をその意味とともに解説します

最近増えている墓じまいですが、子孫に負担をかけないようにと、見直され始めている制度でもあります。墓じまいをしたからと言って、先祖供養の気持ちが無くなるわけではありません。ただ、墓じまいは費用面や手続きの多さがネックになることもあります。これから先の事を考えると、墓じまいは必要な事かも知れません。

    墓じまいとは?お墓を更地にし管理者に返納すること

    墓じまい,とは,意味

    墓じまいとは?

    最近増えているという墓じまいですが、簡単に言ってしまうと、遺骨の引越しになります。お墓を更地にすることで、お寺の管理者に土地を返納し、遺骨もお墓から引っ越しさせることを一般に墓じまいと言うそうです。墓じまいをする背景には、ライフスタイルの多様化が原因とも言われています。

    昔は生まれた土地で一生を終えることが多かったですが、最近はお墓参りをするのにも、遠距離を移動しなくてはならないなどのデメリットが増え、お墓参り自体が出来なくなると、せっかくのお墓も存在する意味を失ってしまいますよね。

    最近では自分の子孫へ負担を軽減するために墓じまいを実行する方が増えてきました。お墓参りをする人が高齢化したこともあり、お墓参り自体が負担にならないようにと、墓じまいを始める方も多いようです。お墓があると管理費以外にも、色々と維持費などが面倒になる事もあり、生前のうちにと先祖の墓を整理するご家庭が増えたのですね。

     

    墓じまいの手順・手続き

    墓じまい,手順,手続き

    墓じまいの手順・手続き

    墓じまいは遺骨の整理などの他にも色々と手続きがあり、簡単にお墓を処分するだけとは行きません。墓じまいは、お墓を処分すると同時に、遺骨の移動もあるので、ここで法律上の問題も出てきます。墓じまいをするためには、法律にのっとり、自治体の許可が必要となります。

    更には、墓じまいの方法によって、処分費用が違う事もあり、簡単に移動させればOKという訳ではないのですね。

    墓じまいの手順を簡単にご紹介します。

    • 親族や相続者の許可をもらう

    墓じまいをするには、お墓の管理者が相続人や親族に許可をもらう必要があります。一人っ子で未婚なら、そんなに問題にはなりませんが、親族がいる場合、自分が管理者だからと勝手にお墓を移動させるわけにはいかないのですね。そもそもが先祖代々伝わるお墓を墓じまいすることに対しての抵抗感を持つ方も多いです。出来れば、お墓はそのままにしたいという親族も多いので、管理者の意向だけではどうにもならないのです。

    ですから、まず管理者の人が親族や相続人に対して、墓じまいをしたい理由や移動場所、新しいお墓をどうするか?などの話し合いをする必要があります。墓じまいをする際には、墓石の撤去時に閉眼供養(へいがんくよう)なる物や、特別な法要が必要になることもあり、それらの費用についてもしっかりと話し合わないとトラブルの元になる事もあります。閉眼供養の際にも、関係者を招いて一緒に法要を行うなどして、まずは、親族や相続者の協力や許可が必要となるのが墓じまいなのですね。

    • 移動元の寺院にも許可を得る

    墓じまいをするという事は、前述もしましたが、遺骨の引っ越し作業になりますので、移動元のお寺などにも早めにその旨を伝える必要があります。お寺にしてみれば、檀家が減ると言うことは収入が減ると言う事でもあります。一方的に墓じまいをするので、檀家を離れますと言う事なら、こちらも後々のトラブルの元になる事もあるのですね。

    ただ、お寺側としては、後継者がいない檀家の墓は「無縁仏」となるため、お墓の撤去費用などがかさむという問題も抱えています。ですから、お寺側としては、無縁仏になるよりは墓じまいをしてもらうと損失が少ないという一面もあるのですね。とは言え、やはり今までお世話になったお寺などに何の断りもなく、墓じまいをするのは常識から外れた行為とも言えそうです。

    • 遺骨の移転先を決めておく

    遺骨を移動させる際には、遺骨の納め方で移転先も変わってきます。また移転費用も納め方一つで値段が変わってきます。だからこそ、移転元のお寺などに相談する前に、あらかじめ遺骨の納め方を決めておく必要があります。遺骨の納め方を決めてからでないと、墓じまいもスムーズにはいかなくなりますので気を付けましょう。

     

    墓じまいに必要な書類一覧

    墓じまい,必要,書類

    墓じまいに必要な書類一覧

    墓じまいをする時に必要な書類はいくつかありますが、その中でも受入証明書は確実に必要になります。受入証明書とは、移転先や墓地への移動の際に必要な書類で、移転先のお寺や霊園が発行してくれる書類です。受入証明書の必須事項は、以下の通りです。

    • 申請者の氏名、住所、捺印
    • 故人の氏名、本籍地、住所の記入
    • 移転元のお寺などの名前や住所
    • 申請書の発行した年月日

    他に必要な書類としては、埋葬証明書(納骨証明書)、改葬許可証、改葬承諾書が必要になる場合もあります。どの書類も必須事項がありますので、後のトラブルにならないように、しっかりと確認をしてから申請するようにしましょう。

    吉澤みゆき

    吉澤みゆき

     墓じまい以外の方法も! 

    墓じまいの費用相場

    墓じまい,費用,相場

    墓じまいの費用相場

    墓じまいの費用相場は、大体10万円~30万円の間と言われています。ただ、墓自体の取り壊しにも費用がかかることがあります。墓石は石から作られているので、産業廃棄物として処理されますが、重さによって処分費用も変わって来るのですね。こちらの相場は1トン当たり3000~5000円くらいとなっています。コンクリートの場合は少し安くなりますが、墓石自体が固いことと重さがあると言う事で、お墓自体の処分費用は割と高くなります。また、会社によっては墓石の処分を嫌がる事もありますので、どこの会社でも受け入れてくれるわけではない事も知っておきましょう。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事