>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

先負とは?先負の日の意味や、してはいけないことについて解説

先負とは?先負の日の意味や、してはいけないことについて解説

六曜のひとつに、先負という日があります。大安や友引などの言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、先負という日を知らない人は多いのではないでしょうか。今回は、先負の意味や先負の日にやってはいけないことを中心に紹介しています。また、他の六曜についても簡単に紹介していますので、参考にしてみてください。

    先負の日の意味とは?

    先負,意味,とは

    先負の意味とは

    先負(せんぷ)は、六曜のひとつとなります。

    六曜は、陰陽五行説や干支に基づいた歴注のひとつとなりますが、歴注という言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれませんね。

    歴注は、今で言うところの占いと同じ類いと考えてください。

    ですので、先負の日を気にする人もいれば、全く気にしない人もいます。

    先負とは、「先んずれば即ち負け」という意味で、「先=早い時間帯」、「負け=凶」と考えられますので、「早い時間帯に行動を起こすと凶になる」と解釈されます。

    つまり、「急いで行動を起こしても良いことはない」ということですので、「静かに待った方が良い」という意味になります。

    ちなみに、逆の意味を持つ六曜として、先勝(せんしょう)という日があります。

    先勝は、「先んずれば即ち勝つ」という意味になりますので、先負とは全く逆の意味であることがわかると思います。

    せっかくですので、合わせて覚えておくと良いと思いますよ。

    先負の日はどんな日?

    先負,の,日,どんな

    先負の日はどんな日?

    先に紹介したように、先負の意味を考えると、先負の日は、急いで行動するより静かに待った方が良いという日になります。

    したがって、午前中に行動するのは凶となり、正午以降に行動することで吉となる日となります。

    日常生活では、午前中から行動する人が多いとは思いますが、先負の日は、ゆっくりと午後から行動を起こしてみるのも良いかもしれませんね。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。