>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

先負とは?先負の日の意味や、してはいけないことについて解説

先負とは?先負の日の意味や、してはいけないことについて解説

六曜のひとつに先負があります。先負の意味や先負がどのような日なのかを知ることで、幸運を呼び込むことができるでしょう。この記事では、先負の意味や先負の日にやってはいけないことなどを中心に紹介しています。六曜に興味のある人は必見です。

    先負の日の意味とは?

    先負,意味,とは

    先負(せんぶ/せんぷ/せんまけ)とは、六曜のひとつで、「先んずれば即ち負け(急いで行動を起こしても良いことはない)」という意味があります。

    先負の日はどんな日?

    先負,の,日,どんな

    先負の意味を考えると、先負の日は、急いで行動するより静かに待った方が良いという日になります。

    したがって、午前中に行動するのは凶となり、正午以降に行動することで吉となる日となります。

    日常生活では、午前中から行動する人の方が多いとは思いますが、先負の日の休日などは、ゆっくりと午後から行動を起こしてみるのも良いかもしれません。

    先負の日にやってはいけないことは?

    先負,やって,は,いけない,こと,とは

    先負の日は、吉日と凶日で言えば、凶日として考えられています。

    ここでは、先負の日にやってはいけないことを中心に、具体例を挙げながらご紹介していきます。

    先負の日の宝くじ

    先負,宝くじ

    先負という漢字を見ると、「負」という字が入っていますので、宝くじなどを買う日としては、あまり好ましくありません

    しかし、先負の日に宝くじを買ってはいけないということではありません。

    先負の日は、午後に行動することで吉となりますので、先負の日に宝くじを買うのであれば、午後がオススメとなります。

    実際に当選するかどうかは、運次第ということになりますが、少しでも縁起を担ぎたいのであれば、午後に購入するようにしましょう。

    先負の日の引越し

    先負,引越し

    先負の日の引越しは、午後がオススメとなります。

    先負の日は、午後に行動を起こすのが吉となりますので、引越しを行う時間帯は、正午以降が良いということになります。

    午後に時間を作ることができないという人は、別の日の引越しを考えるのが無難です。

    先負の日の結婚・入籍

    先負,結婚,入籍

    先負の日の結婚や入籍は、午後に行うのが吉となります。

    結婚式というと、同じ六曜の中では「大安の日」が最も良いとされていますが、先負の日の午後は、大安と同じくらい縁起が良いとています。

    また先負の日は、大安の日より式場の予約がとりやすく、割引などの特典もあるという利点もあります。

    結婚式を挙げるのが、午後でも問題ないという人にはオススメです。

    編集部

    編集部

    大安の記事も併せてご覧ください。

    先負の日の法事・葬式・通夜

    先負,葬儀

    先負の日の法事・葬式・通夜に関しては、問題ありません

    また、先負の日は午後が吉となり、法事・葬式・通夜は、縁起を担ぐ行事ではないので、時間帯を気にする必要もありません。

    どうしても運勢が気になってしまう人は、午後から法事を行うようにしましょう。

    ちなみに、先負の逆である先勝の日は、通夜を避ける傾向があります。

    その理由は、先勝の次の日が友引(ともびき)となり、多くの火葬場が休場となりますので、葬儀を行うことができないためです。

    編集部

    編集部

    先勝、友引の記事も併せてご覧ください。

    先負の日の納車・大きな買い物

    先負,納車

    先負の日の納車や大きな買い物については、全く問題ありません

    ただ先負の日は、午後が吉となりますので、少しでも縁起を担ぎたいという人は、午後の時間帯に納車や大きな買い物を行うと良いでしょう。

    先負の日以外の六曜は?

    先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口の順に循環する

    ここで、簡単に他の六曜についてもご紹介します。

    六曜 意味 吉の時間 やってはいけないこと
    先勝 先んずれば即ち勝つ 午前中(14~18時は凶) とくになし
    友引 凶事や厄事が友に及ぶ、勝負事は引き分けとなる 基本的に吉日だが、11~13時まで凶 法事・葬式など
    仏滅 仏も滅するような大凶日 基本的に凶日だが、新しいことを始めるのは吉 結婚式や入籍、大きな買い物
    大安 大いに安し。最も縁起がいい日 一日を通して吉 法事や葬式
    赤口 「赤舌日」が由来、何もしないほうがいい日 午前11時から午後1時までのみ吉 お祝い事、火事や刃物に注意

    なお、縁起が良い日とされる順番は、「大安→友引(先勝)→先勝(友引)→先負→赤口→仏滅」となります。
     

    まとめ:先負の日は正午から行動しよう!

    先負の日の午前中に行動することは凶です。

    なるべく午後から行動するように心がけましょう。

    また、午前中にツイていなくても、午後になるとツキがやってくる可能性もあります。

    そういった意味では、先負の日は午後に希望を持てる日であるとも言えます。

    記事に関するおすすめの開運グッズ

    編集部

    編集部

    六曜を含め、吉日や凶日が気になる人は、開運カレンダーもオススメですよ!

    41z5eye8pfl

    キュービックス 2019年 カレンダー 卓上 ベーシック 3か月 205007-01 (2019年4月始まり)

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.9 / 5(合計3人評価)

    関連記事