>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

集中力がない原因は?病気の可能性もある症状の特徴を解説

集中力がない原因は?病気の可能性もある症状の特徴を解説

学校での授業や職場の会議などで集中できていなかったり、集団行動をしていても落ち着かない行動をとって目立つ、子供や大人を見かけたことはありませんか。そのような態度や言動には、根本的な原因があるかも知れません。集中力がない原因となる症状の特徴や可能性のある病気についてご紹介します。

    集中力がない原因は?

    集中力,ない,原因病気,可能性

    集中力がない原因には病気の可能性もある

    学校の授業中や会社の会議などでそわそわし席を離れようとしたり、貧乏ゆすりを繰り返したりする子供や大人を見ることはありませんか。またそのような人は、集団行動をしていても落ち着かない行動をとっているので目立つということもあります。
    このように集中力がない態度や言動には、根本的な原因があるかも知れません。
    その一つに発達障害という症例があります。具体的な症状として自閉症・自閉スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥多動性障害(ADHD)という障害が原因の場合もあります。

    また何らかの要因で発祥した病気の可能性もあります。例として統合失調症があげられます。発祥のメカニズムはまだはっきりとわかっていませんが、幻覚、幻聴の他に、意欲低下も症状の一つです。

    集中力がない原因となる症状の特徴などについてご紹介します。

    集中力がない人の特徴

    集中力がない, 原因, 特徴,病気

    集中できず作業効率も悪い場合発達障害や病気の可能性も

    インターネットやスマートフォンの普及によって、私たちの日常は便利な反面、情報交換が効率化された社会の中で時間に追われる生活に変わってきましたね。多くのタスクをこなすので精一杯になり、一つの事に集中できない状況が増えてきています。また、パソコンやスマートフォンのブルーライトによる睡眠障害、多忙による慢性疲労によって、集中できないこともあるでしょう。

    しかし、大人になって集中力がない方の中には、生まれつき脳の発達が違ったことから機能の一部に障害が起こる発達障害が原因の場合もあります。
    しかし、発達障害の症状やタイプは複数に分類されていて、「集中力がない症状であれば発達障害」とは断定できません。なぜなら、症状の泡われ方には個人差が大きく、複数のタイプの症状が重なっている方もいるのです。また、障害のサインも幼少期の成長過程に見られる個性と捉えられることもあるので、大人になり、日常生活や社会生活に支障をきたして初めて発達障害を持っていたことに本人や周囲が気づくケースも多いのです。

    発達障害は人によって個人差が大きいのですが、「集中力がない」以外の症状やサインとしては次のような特徴がみられます。

    コミュニケーションがうまくとれない

    集中力がない, 原因, 特徴,会話

    会話のやり取りが上手くできず集中できない

    発達障害の症状やサインの中に、「他者との会話のやり取りが上手くできない」があります。脳の機能の一部に障害があることから、話している相手の言動の気持ちを推測することが難しいことがあるのです。

    そのため、他者との感情の共感や複数の仲間との連帯感を持つことが難しくなり、本人も周囲も障害とは気づかず、お互いに適切な対応が出来ないまま居心地の悪さやコミュニケーションを困難と感じるようになるのです。

    編集部

    編集部

    肉体疲労は心の風邪「うつ病」に発展することも。関鬱々とするかたは関連記事も併せてご覧下さいね

    何事にもこだわりが強い

    発達障害,執着,こだわり

    強い執着やこだわりも一つのサイン

    特定の限られたものだけに強いこだわりを示すのも発達障害の症状やサインの一つです。

    例えば、同じ習慣への執着があり、少しその習慣が変わると苦痛を感じることがあります。また単調な物を並べることを続けたり、たたいたりという行動を繰り返すこともあります。
    脳機能の一部の障害により、視覚や聴覚、味覚、嗅覚、触覚といった特定の感覚が、非常に敏感か逆に鈍感なことが影響していると考えられます

    特性を理解して生き辛さを変えていく

    集中力がない,発達障害,特性

    発達障害の特性を理解しよう

    上記2つの状況を克服しようと本人や家族は対策や工夫を考え努力しているのですが、社会の受け入れ環境が改善されていないのが現状です。
    障害とは知らない周囲も、「本人の努力が足りない」、「注目や関心を集めるためにわざとやっているのではないか」など本人を追い詰めるような態度や言動をとってしまうのも実情です。

    そのために本人や家族は自らを責めこともあり、誤解や非難にさらされる辛い状況に日々苦しんでいます。
    発達障害脳は脳の発達特性によるもので本人の努力不足でもなく家族の躾や育児上の問題が原因ではないのです。

    社会に参加するすべての人が生き辛さを変えていくために、まずは障害に対する認識や理解を深め、特性を生かせる関係を築いていくことが、私たちにできることではないでしょうか。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事