逢魔が時とは何時を指す?魔物が出るとされる時間帯の意味について解説

逢魔が時とは
逢魔が時とは
ことわざ・慣用句

逢魔が時とは?昼と夜が入れ替わる時間帯のこと

逢魔が時(おうまがとき)」という言葉を聞いたことはありますか。太陽が昇っている明るい時間帯から、日が落ちて夕暮れに向かう時間のことを指します。人間は昔から闇を恐れていました。文明ができる以前から人間は明かりを求めて火を使うことを覚え、火を焚き、少しでも闇を明かりで照らしながら生活をしていました。日本で古くから信仰されてきた神道では太陽というのは偉大なる女神・天照大神を表すものとされ、太陽が隠れるということは日本を見守ってくださる天照大神が御隠れになるということです。天照大神の加護が弱まった夕暮れは、それまで地上に出てこられなかった魍魎(もうりょう)・妖怪・アヤカシなどこの世のものではないものたちが現世に現われ人々を脅かすと恐れられ、百鬼夜行などの魔に遭遇する時間であると信じられてきました。また大きな災いが降りかかる時間であるとも言われています。つまり天照大神が守護してくださるこの世から、魔物が本来の力を発揮するあの世へと移り変わる時間帯なのです。

逢魔が時の語源

逢魔が時はあの世とつながる時間帯

逢魔が時はあの世とつながる時間帯

「逢魔が時」は後世の当て字?

逢魔が時の「まが」禍々しい(まがまがしい)という意味です。つまり「まが」「禍」と表記するのが正しいのであって「まがとき」は「禍時」という字を当てはめるのが正しいのです。空の色は移り変わり闇が近づいた禍々しい時間という意味です。また現在の「逢」は本来「あふ」と読みます。この「逢」という字も後世に当て字になったもので、正しくは「大(おほ)」という字を当てます。そのため本来は「大禍時」という字が語源です。日本の大和言葉が大陸から入ってきた漢字文化によって次第に形を変え、現在の「逢魔が時」という字になりました。

逢魔が時と同じ意味を表す言葉

逢魔が時はさらに時代を下ると「酉の刻」「暮れ六つ」とも言われていました。どちらも時間帯を表す言葉です。さらに夕暮れ時の人の顔が判別できない暗闇の中で「誰そ、彼(たれそかれ)」という人に問いかける言葉から生まれた「黄昏時(たそがれどき)」も同じ夕暮れ時の時間を表す同様の言葉です。

編集部
関連記事では同じく魔に遭遇しやすい時間・丑三つ時についてご紹介!

丑三つ時とは何時のこと?幽霊が出ると言われる時間帯の意味や由来を解説

2018.09.30

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth