>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

阿字観とは?真言密教における基本的な瞑想法を知ろう!やり方も解説

阿字観とは?真言密教における基本的な瞑想法を知ろう!やり方も解説

今、日本でも瞑想をする方が増えているといいます。瞑想と一口に言っても様々な流派や方法が存在します。今回の記事では、1200年前から伝わる、真言宗の瞑想法「阿字観」についてご紹介しています。ストレスの多い現代ではありますが、日々の生活に瞑想を取り入れ心身が安らぐ一時を作ってみては如何でしょうか。

    阿字観とは?真言密教の瞑想法

    今、日本でも瞑想をする人が増えているといいます。瞑想と聞くとどのようなものを想像されるでしょうか?一般的に、禅やヨガなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。

    しかし、瞑想と一口に言っても様々な流派や方法が多様に存在します。

    そこで、今回の記事では、1200年前から伝わる、真言宗の瞑想法「阿字観(あじかん)」についてご紹介致します。

    阿字観(あじかん)とは

    真言密教,空海

    真言密教を体系化したのは空海

    「阿字観」とは弘法大師空海を開祖とする真言宗に伝わる瞑想法です。真言宗は真言密教とも言われます。密教とは秘密仏教を意味し、その教義は獅子伝承によってのみ伝えられており、一般には非公開となっておりました。密教には観法と言われる真理を感得する瞑想法があるのですが、それらもまた非公開です。しかし、近年、一般の方にも、悟りに至る道として公開されている観法があります。それが「阿字観」なのです。

    僧侶の行う瞑想といえば座禅を組み、後ろから警策(きょうさく)で叩かれるというものをイメージされる方が多いのではないでしょうか?一方で「阿字観」は書いて字のごとく阿という字を観るということ警策を使用せず、梵字(サンスクリット語)で書かれた「阿」という文字を見ながら、呼吸を整える瞑想法です。

    阿字観とは?

    • 梵字(サンスクリット語)で書かれた「阿」という文字を見ながら、呼吸を整える瞑想法です。

    阿字観の阿字が意味するものとは

    阿字観,本尊,掛軸

    阿字観本尊の掛軸がこちら

    阿字」の掛け軸に描かれているのは満月をかたどった月輪(がちりん)と、その中に描かれた蓮華梵字の阿字です。この画は「阿字観本尊」と呼ばれており、梵字の阿字は真言宗のご本尊である「大日如来」を表しています。

    大日如来は宇宙の真理の象徴とされており、すべての源であるとされています。「阿」という文字は、そのすべての源である大日如来を表します。つまり阿字とは、大日如来であり、すべてを超越したあらゆる真理そのものなのです。

    真言宗では、すべての生きとし生けるもの、さらにはあなた自身にも、その根源に阿字という真理を持っていると説きます。全てにおいて根源に阿字があり、そして全てが阿字で繋がっているのです。仏も人間も根源的なものは同じであり、分かちがたいものであるから、大日如来の慈悲を信じ、悟りを求める心を持って仏様と一体化できるよう努力をすれば、真理を知ることができると教えています。

    阿字観は、瞑想を通じて、自分と宇宙、自分と「阿字」の境目がなくなるような境地にまで達することを目指します。つまり、自らの精神を極限まで高め、すべての根源である大日如来と自分自身とが一体となり仏の心を感じることを目指す瞑想方法なのです

    編集部

    編集部

    密教のご本尊である大日如来については関連記事でより詳しく紹介しています。こちらも御覧くださいね

    阿字観を実践するには

    阿字観,寺院,実習会

    寺院などで実習会に参加されてみるのがよいでしょう。

    阿字観は仏教における行ですので、伝統的な作法や心得については、指導者について指導を受けながら行うのが基本です。昔は口外しないものであったようですが、今では体験させてもらえる場所も増えています。

    初めての方は、まず一度寺院などで実習会に参加されてみるのがよいでしょう。一通りの指導を受けたら、あとは日常の生活の中に取り入れて行くことができます。興味のある方は、ぜひ検索してみてくださいね。

    阿字観の始め方とは?

    • まずは伝統的な作法や心得を指導者から学ぶ。そのためには寺院の実習会に参加することからはじめましょう。

    阿字観のやり方

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事