>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ダスカロスとは誰?奇跡のヒーラーについて言葉や本も交え解説!

ダスカロスとは誰?奇跡のヒーラーについて言葉や本も交え解説!

『奇跡のヒーラー』ダスカロス、彼の無償の愛はキリストの姿を彷彿させます。生涯人々を癒し、学びをシェアし続け、亡くなるまで自宅でサークルのような会を開いていました。そんな彼の本などを紹介し、彼の言葉や生きざまに触れそもそもヒーラーとは何かに迫ります。

    ダスカロスは常に目に見えている事だけではなく全体を見て成長の本質を見ていたのでしょう。

    人は誰しも目に見える結果にこだわり、先を急ぎたくなるものです。そんな気持ちを受け入れながら、それでも尚ゆっくりと進む。忍耐こそが大事な事という名言です。

    ダスカロスの名言② 執着しないという事は何事も過大評価せず、かといって過小評価もしない事。

    この教えは、バランスをとった思考でありなさい、どちらか一方的に偏りが出ては執着になる。という事を伝えています。

    例えば日本人は崇高な人種だ!!と過大評価する事や逆に日本人は下等な人種だと過小評価しても執着になるというのです。

    日本人に産まれたという現実に対し、ただ単に自分は日本人なのだという認識だけで生きていく事は人種に対して執着していないという事です。

    「執着を手放しなさい」はよく聞くフレーズですが、ダスカロスは具体的を元にそれがどういった事なのか気づかせてくれていたそうです。

    ダスカロスの名言③ それぞれの道や宗教は真理という宝石の一つ一つの側面を表現しているにすぎません。

    世の中には色々な考え、道(哲学的な考えを根本に全てに通じる考え方)があります。自分には到底受け入れがたい道や考えであったとしても、それらは大事な学びの一つであり、教えであり、物事の側面でしかないという事に気づかせてくれる一文です。

    私たちは無意識に、自分が正しい!と主張し、必死にその正しさを証明する事にエネルギーを費やします。

    しかし正しさや正義ばかり掲げてしまう事から目を覚まし、本当は何が起こっているのか?と問いかけた時に、出来事の本質が理解出来るのではないでしょうか。

    本当に大事なのは、真実は何を伝えているのだろう?と問う事だそうです。どの道もどの宗教も見ている側面が違っているだけで原石は同じなのですから。

    ダスカロスの名言は、金太郎あめのように切っても、切っても、森羅万象の真理があると感じます。みなさんはいかがでしたか?

    編集部

    編集部

    人生に行き詰まった時の4つの知恵 人生に行き詰まりを感じたら読む本や名言を関連記事でご紹介

    ダスカロスに関する本

    ダスカロス,本

    ダスカロスに関する本

    上記で紹介した名言はほんの一部です。真理を深く理解するのなら、やはりダスカロスの言葉や彼にまつわる本を読むのが近道になると思います。そこでダスカロス著の本を2冊ご紹介します。

    ダスカロス著【エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ】

    ダスカロスはこの本を通して秘儀と呼ばれる教えを実際に誰もが体験できるよう数多くの瞑想法とエクササイズを紹介しています。言うならば、一冊まるごとワークブックといったところです。

    この序文のとおり何事も実際に体験をしなければ、物事を完全に理解したとは言えません。

    本文では、「腹」ではなく「下腹」と具体的に体の部位が記載され、実践方法も「2回深呼吸する」という様なわかりやすい表現を使っており、初心者でも分かりやすい内容です。音読CDなどは販売されていないので、集中を切らさずに取り組みたい方は、ご自分で読み上げた音声を撮り、録音を聞きながら瞑想やエクササイズを行うと便利ですよ。録音する時は、実際に呼吸をしている間などを考慮して録音してくださいね!

    エソテリック・プラクティスのワーク内容

    • 呼吸法
    • 視覚化についてのエクササイズ呼吸法
    • エーテル(エネルギー)についてのエクササイズ
    • ヒーリング・浄化についてのエクササイズ

    ダスカロス著【エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え】

    この本は先ほどご紹介したエソテリック・プラクティスの姉妹本です。エソテリック・プラクティスが実践書ならば、こちらは理論的に知識を学ぶ教科書のような存在と言えます。ダスカロスの著者はどれも専門用語が多く難解なところがあるのですが、この本はあいうえお順でまとめられた用語集が巻末についています。

    ダスカロスの教えの特徴は、一般向けに販売されている入門書のような『すぐに簡単にできる瞑想法』とは真逆で、難解な面もありますが、巷にあふれかえってしまった教えや言葉より、根底的かつ基本的なことを教えてくれるので、ステップアップしたいと思う方におすすめです!

    この引用文は昨今のスピリチュアルブームで学んでいる人たちと重なり合う所があるかもわかりません。

    もし、様々な瞑想法を試してもしっくりこない方は『エソテリック・ティーチング―キリストの内なる智恵 秘儀的な教え』を手に取って読まれると、「ついに出会った!」と心震える体験ができるかもしれません。

    編集部

    編集部

    ニューエイジとは?関連記事でご紹介

    ダスカロスについてまとめ

    ダスカロス,まとめ

    ダスカロスについてまとめ

    ダスカロスは、癒しを求める人に対して無償でヒーリングを施し沢山の人を助けました。ダスカロスは金銭的に余裕があったから、無償でヒーリングをしていた訳ではなさそうです。生活ぶりは裕福とは言え無かったようですが、それでも金銭を受け取らなかっただけでなく、人々から『奇跡のヒーラーと呼ばれても、地位や名誉もいらないと最後まで市井の人を貫き謙虚でした。

    ダスカロスの生き方は『目に見える事こそ全てだ』といった唯物論に偏りがちな現代人に、『目に見えない大切な事もある』と証明してみせ、心と身体のバランスを取れるように教えてくれています。ダスカロスの書いた本や逸話から、真理に触れてみるのはいかがでしょうか。

    編集部

    編集部

    この記事で紹介した本も含めダスカロスに関して人気のある本をご紹介します

    友だち追加

    人気の記事