発想の逆転。自分自身がパワースポットになれば幸せになれる?!

自分がパワースポットになれば開運 スピリチュアル

発想の逆転。自分自身がパワースポットになれば幸せになれる?!

自分がパワースポットになれば開運

白駒妃登美さんと癌

数々著書が有名な白駒妃登美さんは昔、癌を患いました。そして、病からの解放を求め、パワースポットにたくさん訪れエネルギーを“もらおう”としていたそうです。

しかし、ある時、「愛あふれる日本に生まれ育った私こそ自らがパワースポットだ」「パワースポットの私がいる病院をパワースポットに変えよう」と考えを改めました。お医者さまにも、「治してもらおう」ではなく「自分からパワーを与えよう」としたそうです。

すると、回復は難しいと言われていた、癌細胞が全て奇跡的に消えたそうです。

宇宙では、出した波動が帰ってくる

宇宙では、与えたものが返ってくるという仕組みになっています。

「豊か」という波動を出せば、「豊か」を感じさせることが返ってきます。ところが私たちは、「足りない、欲しい、欲しい」といつもやってしまいがちです。これがマイナスのパワーが跳ね返ってくる原因になるのです。

幸せになりたいと思っているあなた。とても簡単なことです。まずは、自分に与えられた環境を受け入れましょう。そして、どんな状態でも感謝すること。そして、パワーを全世界に与えようとしてください。

相手がどう受け取るかは問題ではありません。

与えるとき、あなたは与えたものを引き寄せます。

大地震を次々予言、松原照子さんの著書「松原照子の大世見」〜2020年、東京オリンピックは起こらない?

2017.02.11