直会(なおらい)とは?神事の最後にお供えしたものを頂く行事を解説

直会(なおらい)とは?
直会(なおらい)とは?
神道用語

直会(なおらい)とは?

直会(なおらい)とは?神事の最後にお供えしたものを頂く行事を解説

直会(なおらい)とは、祭典やご祈祷などの神事の最後に献上した神饌(しんせん)を参加者全員でいただく行いです。神饌(しんせん)とは、御神酒(おみき)や御饌(みけ)などお供え物のことを指します。なぜ、このようなことをするのかというと、直会の根本的な意味が神人共食(しんじんきょうしょく)だからです。神饌をいただくというのは、ご神霊が宿ったお酒や食べ物を口にするということで、ご神霊を身につけ、結びつきを強くすることで力を分けていただくという意味があります。

ポイント
  • 直会(なおらい)とは、お供え物を参加者全員でいただく儀式
  • 直会によって、ご神霊との結びつきを強くすることで力を分けていただくことができる
編集部
関連記事では神饌について詳しくご紹介!この記事と併せてご覧下さいね!

神饌とは?神にお供えする食べ物の意味や読み方・おさがりの儀式について解説

2018.10.15

直会(なおらい)の語源

直会(なおらい)とは?神事の最後にお供えしたものを頂く行事を解説

直会の語源は「なおりあい」です。神事に向け様々な準備をしたり制約があり、神事は非日常です。直会を行うことで、すべての神事が終了し元の生活に戻る=日常に直るという意味で「なおりあい」が語源と言われています。

ポイント

直会の語源は「なおりあう」。神事を終え、日常に直る(戻る)という意味

直会(なおらい)の作法

直会(なおらい)とは?神事の最後にお供えしたものを頂く行事を解説

直会は神饌を全部いただくこともありますが、私たちに一番身近な直会は御神酒をいただくことです。御神酒をいただく行為は直会を簡略化させたものですので、ここでは御神酒をいただくときの作法をご紹介いたします。作法というと、なんとなく小難しいイメージがありますが、御神酒をいただく作法は手順も少なく簡単なことばかりですし、使う機会も多いと思うので覚えておくと安心ですね。

直会の作法

  1. 両手で盃を受ける 親指以外の指で盃を下から持ち、親指は上から添える。このとき、下で支えている指を揃えてもつと見栄えがいいです。
  2. 飲む 一度に全部飲まず、3回に分けて飲みます。
  3. 盃をおく もしできる方は、口をつけたところを中指・人差し指、親指ではさみ、拭うとさらにいいです。
  4. 一拍手打つ

実際、御神酒をいただくときは本当に短時間で終わってしまいます。なのであまり気にせずに片手で盃を受けたり、一気に飲んでしまうという方も中にはいらっしゃいますが、この作法を知っていると周りから「ちゃんと常識のある人だな」と思われますし、ご神霊との結びつきも強くなります

ポイント

盃は両手で受けて、3回に分けて飲む。

直会(なおらい)についてまとめ

直会は、神人共食することでご神霊を身につけたり、日常に戻るための大切な儀式のひとつです。御神酒をいただくときの作法は使う機会も多いと思いますので、覚えておいて損はないです。また、直会の意味を理解して行うのと、意味もわからずただ行うのでは受け取り方が全く違います。神事のひとつひとつにちゃんと意味があるので、今までなんとなく参加していた方は意味を理解して参加することで、今までとは違った見方ができるので、面白いですし、視野が広がります。ぜひ、意味を理解し作法を覚えて参加してみてくださいね。

直会,なおらい,とは,意味,語源,作法,神社祭式

ライターメモ「直会」

この記事の関連書籍はこちら!

編集部
直会についてより深く知りたい方はこちらの書籍もおすすめです。
この記事へのコメントはこちらへどうぞ

当たりすぎると評判の電話占い