>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「龍体文字」とは?文字そのものにエネルギーが宿る龍神の文字について解説します

「龍体文字」とは?文字そのものにエネルギーが宿る龍神の文字について解説します

「龍体文字」とは、縄文時代にもともと日本人が使っていた「神代文字」の中の一つです。 読み方は「りゅうたいもじ」と読みます。龍体文字は言霊のそれぞれに意味があり、それぞれの形に固有のパワーがあります。 自分が借りたい力に応じて、龍体文字を書き、お守りにします。体が痛む場合などには龍体文字を油性マジックでその部位に書いておくといいでしょう。

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    龍体文字には龍神のパワーがつまってるでぇ!
    みんな、ぎょーさんかいてや♪

    「龍体文字」とは

    「龍体文字」とは、縄文時代にもともと日本人が使っていた「神代文字」の中の一つです。

    読み方は「りゅうたいもじ」と読みます。

    神代文字には龍体文字の他にもヲシテ文字、カタカムナ文字など、約30種類の文字が存在していますが、いずれも文字自体に強いエネルギーの波動が宿っていると言われています。

    龍体文字の成立は5600年前と言われており、神代文字の中でも最古の部類で、5500年前にできたと言われるカタカムナ文字よりもさらに前にできていたようです。

    ポイント

    • 龍体文字:5600年前
    • カタカムナ文字:5500年前
    • ヲシテ文字:3300年前

    龍体文字一覧

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    龍体文字の一覧表やで~♪

    何回も練習して覚えてくれたら龍神も嬉しいわぁ

    龍体文字の一覧表です。

    龍体文字はあいうえおに対応しており、全部で48文字から成り立っています。

    「が」や「だ」など、濁点を表す時は、そのまま。「か」や「た」を書きます。

    龍体文字一覧
    龍体文字一覧です。龍体文字は48文字から構成されています。

    引用元:セレスティア様
    龍神の羽丸

    龍神の羽丸

    龍体文字に濁点はありません

    龍体文字を作ったとされる神

    龍体文字を作ったのは、ウマシアシカガヒコジという神だと言われています。

    ウマシアシカガヒコジという神は古事記にも登場しており、生命力を神格化した存在です。

    アメノミナカヌシを代表とする造化三神の次に現れた別天神の一柱で、宇麻志阿斯訶備比古遅神、可美葦牙彦舅尊と表記されており、出雲地方の物部神社や出雲大社に祀られています。

    ポイント

    • 龍体文字は生命力を司る「ウマシアシカガヒコジ」によって作り出された文字
    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.8 / 5(合計25人評価)

    関連記事