霊感体質とは? 霊に取り憑かれた時の対処法

霊感体質とは?霊感が強いのは霊が見えるという事だけではない スピリチュアル

霊感体質とは? 霊に取り憑かれた時の対処法

霊感体質とは?霊感が強いのは霊が見えるという事だけではない

霊感体質とは?霊感が強いのは霊が見えるという事だけではない

 

霊感が強いと言われると決まって霊が見える、または霊的な何か、いわゆる幽霊などの類を持ち出す人が多いのですが霊感が強いというのはなにも幽霊などの事を指すだけではありません。

虫の知らせなどという言葉がありますが、あれと似たような感じで霊的、直感など意識的に考えていない事がなぜか手に取るように分かる。

これも霊感が強い人、霊感体質の人にあらわれるのだと言われます。

霊感体質とは?霊感が強いとはどういうこと?虫の知らせとは?

 

霊感が強い人は、言ってみれば観察力があるとか洞察力に優れているなどと表現されるかもしれません。

しかし人を観察や洞察とはまた違った、特異な感覚で何かを感じとる性質があり、数秒もしくは数分間しか接していない、あるいは一言しか話していないのに相手の心理や考えなどが頭をよぎる。

「この人、次こうするだろうな」などと何となく考えた事がその通りになる。

これが人間の第六感とも言われる直感、霊感といわれる資質を持つ人の感覚です。一見便利なようですが、このように鋭敏すぎる感覚を持つと、日常生活で苦労することも多くあります。

霊感が強い人が霊に取り憑かれたとき、どうすればいい?

 

霊感が強い人ほど、霊に憑かれたときに霊症の症状が重く、頭痛や体のだるさを感じます。

恐山などに霊感の強い人が行くと、歩いているうちに様々な霊に取り憑かれ体が重くなってくるように感じるということです。

納税額日本一の実業家で精神世界にも造詣の深い斎藤一人さんのお話によると、霊に取り憑かれたからといって、別に慌てる必要はないということです。

むしろ落ち着いて幸せな気分でいることが、自分に取り憑いた霊の成仏を促すとおっしゃっています。

成仏させた浮遊霊は自分を守ってくれる

 

人に取り憑く浮遊霊も動物霊も、もともとは全て人間の霊です。

成仏できなかった人間の霊というのは、肉体を持って生きている間、幸せなことがなかったから、魂だけになっても未練がましく物質世界にさまよっています。

その霊が人に憑くことで霊障がおきたり、あるいはおかしな霊が体の奥深くに入ってしまうことで、「魅入られる」=身入られる 症状が起き、奇行や不気味な発言を繰り返したりします。

このような生きている間に幸せと縁のなかった霊に、幸福な気分や楽しい雰囲気を共有させてやると、霊は自然と成仏していくと斎藤一人さんはお話しされています。

また、斎藤一人さんによれば、霊が成仏する時、ポッと蛍のように霊が光になって空に上がり、それから自分を守護霊のように守り出してくれとのことです。

なので、霊に取り憑かれても別段焦ることも、無理に取り払おうとすることもなく、ただただ幸せな気持ちで生活するように努めましょう。

霊感体質とは?霊感が強いのは霊が見えるという事だけではない に関連する記事↓

盛り塩の作り方 正しい盛り塩の本当のやり方と効果

墓石が黒いと病人が多い?斎藤一人さんによる病気のスピリチュアルな因果まとめ

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth