>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

先端恐怖症とは?針などの先端に強い恐れを感じる恐怖症の原因や症状を解説

先端恐怖症とは?針などの先端に強い恐れを感じる恐怖症の原因や症状を解説

この記事では『先端恐怖症』の症状、原因、その克服法についてご紹介します。また「恐怖症」の意味につていも解説しています。

    先端恐怖症とは?先端が尖ったものに対する恐怖症

    先端恐怖症,先端,怖い,尖った

    先端が尖ったものに対する恐怖症

    先端恐怖症という言葉を聞いたことはありませんか?恐怖症というのは実に様々な種類がありますが、例にあげますと「閉所恐怖症」や「高所恐怖症」などもあります。ただ、怖いというだけでは恐怖症とは言いません。恐怖症と言う言葉自体にも意味があります。

    先端恐怖症と言うのは、先が尖った物が自分に向けられることで大きな恐怖を感じる恐怖症ですが、しかし、自分に向けられない物であっても、尖っている物に対して恐怖を感じてしまうので、日常生活もままならない恐怖症です。もちろん針仕事などは出来ませんし、歯医者でも目をつぶらなければ診察を受けられません。鉛筆さえもダメとなるので、日常生活で不便を感じてしまうのが先端恐怖症なのです。

    ポイント

    • 恐怖症はただ怖いと思うだけではない、自分に向けられていないものにも恐怖を感じるのです。
    • あらゆる場面で日常生活にも支障がでます。

    先端恐怖症の症状

    先端恐怖症,先端,症状,怖い

    先端恐怖症の症状

    先端恐怖症の症状としては、先が尖ったものに対して恐怖心を感じると共に、イライラしてしまう、動悸が激しくなる、めまいや頭痛が起きるなどがあります。基本的に人間は先が尖った物に対しては恐怖心を感じる事も多いですが、先端恐怖症の方はそれが顕著に現れます。重症になってしまうと、熱が出る、パニック障害になるなど本当に怖い症状なのです。

    先端恐怖症を持つ有名人として「佐々木健介さん」が挙げられます。佐々木さんはアイスコーヒーに刺さっているストローにも恐怖を感じてしまい、店員さんに曲がるストローに変えてもらったそうです。日常生活にも支障が出ることが実感できるエピソードですね。

    先端恐怖症の原因

    先端恐怖症,先端,怖い,原因

    先端恐怖症の原因

    先端恐怖症になる原因にも色々ありますが、基本的には過去のトラウマが原因となっている事が多いと言います。例えば、尖った物で小さい頃怪我をしてしまったなどです。特に幼少期は感受性に鋭い時期でもありますので、幼少期のトラウマはぬぐうのが難しいと言われます。

    ただ、中には幼少期のトラウマなどがなくても、先端恐怖症になる方もいて、遺伝が原因と言われる事もあります。先端恐怖症になりやすい性格などが遺伝することで、他の人よりも先端恐怖症になる確率がアップするのですね。

    子供時代に大怪我をしてしまうと、その恐怖は大人になってもぬぐえない事もあります。無意識下で先端が怖いと感じてしまうと、治すのは非常に困難になります。

    ポイント

    • 過去のトラウマが原因になることもあります。
    • 遺伝的に発症しやすい傾向の人もいます。

    先端恐怖症の克服法

    先端恐怖症,先端,怖い,克服法

    先端恐怖症の克服法

    恐怖症を克服したいなら、まずは「認知行動療法」を試してみましょう。この治療法を簡単にご紹介すると、異常に恐怖を感じないようにする=認知力を正しく治すと言う方法です。必要以上に恐怖を覚えないために、認知行動療法では「必ずしも尖った物は危険ではない」「注意すれば尖った物も怖くない」などのように考え方を治していきます。

    他にも、自律神経を治すことで治療する「自立訓練法」や、あえて怖い物に対峙するという「暴露療法」などがあります。どちらにしても、専門家の指導を受けて、自分の恐怖心に勝つ事が克服法となります。

    ポイント

    • 克服法は主に「認知行動療法」「自立訓練法」「暴露療法」の三種類です。
    • 恐怖心と対峙することも必要です。

    先端恐怖症についてまとめ

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 3.5 / 5(合計1人評価)

    関連記事